デュラントが復帰したネッツが首位浮上!ビッグ3の共存に識者も太鼓判「クリッパーズの状況には陥らない」<DUNKSHOOT>

デュラントが復帰したネッツが首位浮上!ビッグ3の共存に識者も太鼓判「クリッパーズの状況には陥らない」<DUNKSHOOT>

2月以来の復帰となったデュラントは1本のシュートも落とさず17得点。チームを首位浮上に導いた。(C)Getty Images

今季最注目の“スター軍団”であるブルックリン・ネッツは4月7日(日本時間8日、日付は以下同)、ニューオリンズ・ペリカンズを相手に139−111で快勝。最大38点差をつける圧巻の戦いぶりで、イースタン・カンファレンス単独首位に躍り出た。

 試合を通じてフィールドゴール成功率55.4%(51/92)、3ポイント成功率46.3%(19/41)とショットが絶好調で、37本ものアシストを積み上げたネッツは、カイリー・アービングが24得点、6アシスト、ラマーカス・オルドリッジが22得点、2ブロックとチームを牽引。さらにジョー・ハリスが14得点、クリス・チオッザが12得点、8アシスト、ジェフ・グリーンが11得点、ブレイク・グリフィンが10得点と、計7人が2桁得点をマークした。

 そしてこの試合の第2クォーター残り7分37秒、ハムストリングの負傷で2月13日を最後に戦列を離れていたケビン・デュラントが待望の復帰を果たした。デュラントはコートに立った1分後に挨拶代わりのジャンパーを決めると、その後も次々とシュートを沈めていき、18分56秒の出場で17得点、7リバウンド、5アシストの活躍。ブランクの影響か6つのターンオーバーを犯したものの、久々の実戦でフィールドゴール5/5、3ポイント2/2、フリースロー5/5の“パーフェクトゲーム”を披露し、さすが元MVPといった実力を見せつけた。
  もっとも、復帰したデュラントと入れ替わるように、この日はもう1人の核であるジェームズ・ハーデンが欠場。1月14日にハーデンが加入後、チームはここまで39試合を消化したが、デュラント、ハーデン、アービングの“ビッグ3”が揃い踏みしたのはわずか7試合(5勝2敗)。5日のニューヨーク・ニックス戦で再びハムストリングを痛めたハーデンは約10日間の欠場が発表されており、合流は早くても1週間後となる。

 チャンピオンシップを懸けたプレーオフに向けて、ネッツがフルメンバーで戦うことができるのは残り20試合もない状況だが、NBAの元ヘッドコーチ(HC)は「問題になるとは見ていない」と、地元メディア『SNY』で語っている。
 「一般的に見れば、問題になると言うだろう。だが(ネッツの場合は)そうとは見ていない。彼(ハーデン)の加入後のプレーを見てくれ。(アービングと)うまくアジャストできている。そしてケビンもすぐさまフィットできる。私が最も懸念していたのはそこ(ハーデンとアービング)だった。でも彼らはここまでうまくプレーできているから、大丈夫だと私は思うね」

 ハーデンとアービングはいずれもリーグ有数のスコアリングガードであるものの、ネッツではハーデンが主にプレーメークを担当し、アービングがスコアリングにフォーカスすることでバランスを保っている。
  先のコーチはさらに、「彼らは自分たちの役割を理解していくはずだ。だから私はクリッパーズの状況には陥らないと見ている」と言及。昨季、カワイ・レナードとポール・ジョージにルー・ウィリアムズ(現アトランタ・ホークス)、モントレズ・ハレル(現ロサンゼルス・レイカーズ)といったタレントを擁しながら、プレーオフ2回戦で空中分解したロサンゼルス・クリッパーズを引き合いに出し、ネッツに太鼓判を押した。

 イースタン・カンファレンス首位に浮上したネッツは現在36勝16敗(勝率69.2%)。「(デュラントは)復帰初戦としては素晴らしかった。今日チーム全体で見せたパフォーマンスは本当に強烈だったよ」とスティーブ・ナッシュHCが振り返ったように、チームはここからさらに調子を上げていきそうだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)