皐月賞の有力2頭を徹底比較!主役ダノンザキッドと対抗エフフォーリアの道悪適性は互角か?

皐月賞の有力2頭を徹底比較!主役ダノンザキッドと対抗エフフォーリアの道悪適性は互角か?

弥生賞では敗れたものの、抜群の追い切りを披露したダノンザキッドの評価は高い。写真:産経新聞社

先週の桜花賞で幕を開けたクラシック競走。今週末の18日にはいよいよ皐月賞(GT、中山・芝2000m)を迎える。土曜から日曜にかけて雨予報と、またも道悪競馬となる可能性が高いのは気になるところだが、本稿ではこれまでの戦いぶりをもとに有力馬の戦力分析をお届けする。1回目は事実上の”二強”と評価を蹴受ける昨年の2歳王者ダノンザキッド(牡3歳/栗東・安田隆行厩舎)と、3戦3勝の実績を引っ提げて乗り込んできたエフフォーリア(牡3歳/美浦・鹿戸雄一厩舎)について見ていきたい。

 昨年6月の新馬戦(阪神・芝1800m)で2着を3馬身ちぎったダノンザキッドは、約5か月の休養をはさんで臨んだ東京スポーツ杯2歳ステークス(GV、東京・芝1800m)も1馬身1/4差で快勝。続くホープフルステークス(GT、中山・芝2000m)も3番手から抜け出す圧倒的な競馬で制し、2020年度のJRA賞最優秀2歳牡馬に輝いた。

 そして今年の初戦、弥生賞ディープインパクト記念(GU、中山・芝2000m)に単勝オッズ1.3倍の1番人気に推されてゲートイン。これまでの3戦よりは後ろ目の中団からレースを進めたが、追い込み切れず3着に敗れてしまった。

 この敗戦によって、牡馬クラシックはダノンザキッドで「断然」という評価が崩れ、一気に「混戦」という言葉が浮上するに至ったのである。
  しかし筆者は、これでダノンザキッドが主役の座を降りたとするのはあまりにも早計だと考えている。

 弥生賞を振り返ってみると、休養明けでやや反応が鈍かったのは確かだが、このレースが1000mの通過ラップが62秒6という先行有利の超スローペースだったことを見逃してはならない。それが証拠に、1着が逃げたタイトルホルダー(牡3歳/栗東・栗田徹厩舎)、2着が2番手を進んだシュネルマイスター(牡3歳/美浦・手塚貴久厩舎)という結果となっており、タイトルホルダーを0秒2上回る上がりを記録したダノンザキッドでも前を捉まえられなかったのは必然であった。

 追い切りのあとに行なわれた共同記者会見で川田将雅騎手は、弥生賞に関して訊かれると「結果が伴わずに申し訳なかったのですが、前哨戦の意義はそういうところにあるので、無事に前哨戦を終えられて、ひとつ先に進んだなという思いです」と答え、敗戦をまったく悲観していないことをアピールしている。

 これまでの4戦ですべて上がり最速の時計を記録し、弥生賞をひと叩きされて抜群の追い切りを披露したダノンザキッドの評価は揺らいでいない。そう考えるべきではないか。
  初年度産駒から牝馬三冠を制したデアリングタクトを出して一気に評価を高めたエピファネイア。その2世代目の産駒、エフフォーリアが今年は牡馬クラシックを射程に収めている。

 昨年8月新馬戦(札幌・芝2000m)を勝つと、約3か月の休養を挟んで出走した百日草特別(1勝クラス、東京・芝2000m)も好位からの差し切りで快勝。そして年明け、2月の共同通信杯(GV、東京・芝1800m)に出走すると、単勝4番人気という評価を覆し、2着に2馬身半(0秒4)もの差を付けて圧勝。一躍、クラシック戦線の有力馬との声がかかるようになった。
  その後、共同通信杯で2着に降したヴィクティファルス(牡3歳/栗東・池添学厩舎)は皐月賞トライアルのスプリングステークス(GU、中山・芝1800m)を制し、また3着だったシャフリヤール(牡3歳/栗東・藤原英昭厩舎)は1分43秒9という驚異的なレースレコードで毎日杯(GV、阪神・芝1800m)に優勝。このこともエフフォーリアの評価を一段と高めることになっている。

 昨年、関東リーディングジョッキーに最年少で輝いた横山武史騎手は、勝てばこれが自身初のGT制覇となるが、「相手は強いメンバーになるので甘くはないと思いますが、この馬は負けたことがないので(引けは取らない)」と強気な姿勢を崩さない。

 天気が悪化する見込みの予報にしたがって、両馬の道悪適性をチェックしておきたい。

 まずダノンザキッドだが、デビューの新馬戦は稍重で勝利を挙げているので、軽い道悪ならば対応できることは証明済み。父のジャスタウェイは不良馬場の安田記念(GT)や、稍重の中山記念(GU)を勝っているように道悪は上手く、産駒のエーポスはフィリーズレビュー(GU)を、ヴェロックスは若葉ステークス(OP)をそれぞれ稍重で勝っているように、本馬も道悪は苦にしないと見ていいのではないか。

 エフフォーリアは3戦とも良馬場での勝利で、道悪適性はまったくの未知数。父のエピファネイアは不良馬場の菊花賞(GT)を5馬身差で圧勝した大の道悪上手として知られ、産駒のデアリングタクトは重馬場の桜花賞(GT)を快勝し、稍重の秋華賞(GT)も苦にせず勝利を収めている。この点から考えれば、道悪をこなせて不思議はないだろう。

 2頭の主役候補をみてきたが、そのどちらが上位かと訊かれれば、GTタイトルを持つぶんダノンザキッドがやや上と見るが、エフフォーリアには3戦全勝という未知の魅力があって、文字どおり甲乙つけがたい。勝負を分けるのは天候の行方と馬場状態かもしれない。

 次回は逆転を狙う伏兵について考察してみたい。

文●三好達彦
 

関連記事(外部サイト)

×