パター破壊の韓国ゴルファーが超高額スーパーカーを購入!「最高にカッコイイ」と自画自賛も「それは壊すなよ」とツッコミが

パター破壊の韓国ゴルファーが超高額スーパーカーを購入!「最高にカッコイイ」と自画自賛も「それは壊すなよ」とツッコミが

今季すでに1勝を挙げ、PGAツアー通算3勝のキム・シウー。2週連続で話題を提供している。(C)Getty Images

すっかりゴルフ界の“お騒がせ男”となっているキム・シウーが、公式インスタグラムを更新。購入したばかりの超高級カーを自画自賛した。

【関連フォト】キム・シウーが「超カッコイイ」と自画自賛する、最新型ポルシェの映像はこちら!

 韓国出身の25歳は「俺の新しい、最高にカッコイイやつ」との一文を添えて、ひとつの動画をアップロード。どうやら待望の新車が納車されたようで、映し出されたのはメタリックグレーに彩られたスーパーセダン、ポルシェ『Tycan Turbo S』だ。最高出力761馬力、最高速度260キロを誇り、日本でのスタート価格が2450万円強という代物である。

 キム・シウーと言えば、松山英樹が初優勝を飾った『マスターズ』での愚行が物議を醸した。大会2日目の15番ホールで怒りを爆発させ、自身のパターをグリーンに叩きつけて破壊。使用不能となり、残る3ホールを3番ウッドで凌がざるを得なくなった。その15番ではパーセーブしたものの、拾い上げたボールを池に投げ捨てるなどマナー違反が顕著で、メディアやファンからバッシングを浴びたのである。

 さらに1週間後の『RBCヘリテイジ』では珍事の主人公となる。バーディを狙ったロングパットで、ボールがなんとカップの縁で止まってしまう。これをじっと眺めて待つこと「55秒」、ボールは晴れてカップインしたものの、駆け付けたPGAオフィシャーからすぐさまペナルティを食らう。簡単に言えば、ルール上は「10秒」しか待ってはいけない決まりで、「55秒」を費やしたのはNGなのだという。愕然としたキム・シウーには1罰打が与えられ、バーディではなくパー扱いとなった。
  そんな経緯もあり、今回の投稿に対してはフォロワーの反応もさまざま。「超クールだ!」「すぐにでもレースに出れるね」「すごく似合ってるよ」「次はメジャー制覇でもっとイカすのを買って」と好意的な意見があれば、「それは壊すなよ」「どうか大事に乗ってください」「そのウッドはフィットしそうかい?」など、茶化したメッセージも少なくないのだ。

 なにかと話題を振りまくキム・シウー。どうにも気になる存在である。

構成●THE DIGEST編集部

【関連ムービー】キム・シウーの話題が沸騰!「パター破壊」と「55秒カップイン」の決定的瞬間はこちら! さらに購入したての「高級愛車」も…

【PHOTOギャラリー】イ・ボミ、アン・シネ、ユ・ヒョンジュ…韓国が誇る美しき女子ゴルファーたちを一挙紹介!

関連記事(外部サイト)

×