デュラントが独断で「NBAベストプレーヤー12人」を選出。物議を醸しそうな「チームメイトTOP5」は?<DUNKSHOOT>

デュラントが独断で「NBAベストプレーヤー12人」を選出。物議を醸しそうな「チームメイトTOP5」は?<DUNKSHOOT>

デュラントが自身も含めたNBAベストプレーヤー12人を発表。興味深いラインナップとなった。(C)Getty Images

ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは、3年連続を含む得点王4回、歴代27位の通算2万3594得点、オールスター出場11回、優勝&ファイナルMVP各2回を誇る言わずと知れたスーパースターだ。

 将来の殿堂入りが確実視される稀代のスコアラーが、自身の考える“ベストプレーヤー12人”を選考。小さくない話題を呼んでいる。

 2007年のドラフト全体2位指名でNBA入りしたデュラントも早14年目。昨季は右アキレス腱断裂のリハビリでシーズンを棒に振ったが、今季は大ケガを乗り越えて24試合で平均27.3点(リーグ8位相当)、6.7リバウンド、5.2アシストを記録している。

 そんな名手は、ポッドキャスト『Million Dollaz Worth of Game』に出演した際に、ベストプレーヤー12人を選ぶように促されると、「簡単さ」と次々と名選手たちの名前を挙げた。

<スターター>
PG:レブロン・ジェームズ(レイカーズ)
SG:マイケル・ジョーダン(元ブルズほか)
SF:コビー・ブライアント(元レイカーズ)
PF:ケビン:デュラント(ネッツ)
C:アキーム・オラジュワン(元ロケッツほか)
  レブロンをPG、ジョーダンをSGに迷わず指名したあと、最初は自分をSFとしたが、すぐさまPFに修正し、コビーをSFにチョイスした。センターにシャキール・オニールではなく、オラジュワンを選んだ理由を尋ねられると、「君はアキームを見ていないからそんなことが言えるんだ」と回答。必殺の“ドリームシェイク”で得点を量産し、通算ブロック数歴代1位(3830本)、最優秀守備選手にも2回輝くなど、攻守でリーグを席巻した名センターを“シャック以上”と評価した。

 そして、そのほかのメンバーには以下の7人をセレクトしている。

<ベンチメンバー>
ステフィン・カリー(ウォリアーズ)
マジック・ジョンソン(元レイカーズ)
トレイシー・マッグレディ(元ロケッツほか)
ダーク・ノビツキー(元マーベリックス)
シャキール・オニール(元レイカーズほか)
アンソニー・デイビス(レイカーズ)
ケビン・ガーネット(元セルティックスほか)
 「6人目にステフ(カリー)、それとマジックがバックコートだ。T-MAC(マッグレディ)が3番(SF)で、ダーク(ノビツキー)が4番(PF)。マジックがスナイパーたちを使いこなす。5番(センター)にシャックだ」

 ウォリアーズで優勝2回の喜びを分かち合ったカリーは、自身の「一緒にプレーしたチームメイトTOP5」にも選出しており、シューターとしてだけでなく、一緒に戦う上での信頼も厚いようだ。

 計10人を選んだところで少し詰まり、「あと2人」と促されたのち、「AD(デイビス)&KG(ガーネット)」と2人の万能ビッグマンを加えた。マッグレディとデイビス以外は全員MVP経験者で、7人が殿堂入りしている豪華な顔ぶれだ。
  なお、“チームメイトTOP5”にはカリーのほか、現在ネッツで共闘するカイリー・アービングとジェームズ・ハーデン、ウォリアーズ時代の同僚クレイ・トンプソン、オクラホマシティ・サンダー時代に一緒に戦ったサージ・イバカを列挙。

 しかし、その後イバカに代えて長年コンビを組んだラッセル・ウエストブルックを選出し直し、ウエストブルックはトンプソンよりもリスト上位と語った。

 こういったリストには選出者の世代や好みが色濃く表われ、時に議論を巻き起こすものだが、今回のリストもデュラントらしいラインナップとなった。そんな男も近い将来、若い選手たちが選ぶ“歴代ベストプレーヤー”のリストに名前が挙がるようになるのは間違いないだろう。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?