「悔しいな」棚橋弘至、ジェイの“無法殺法”に屈してNEVER陥落!「これが時代が変わっていくということか…」【新日本】

「悔しいな」棚橋弘至、ジェイの“無法殺法”に屈してNEVER陥落!「これが時代が変わっていくということか…」【新日本】

ジェイからタップアウトを奪う棚橋。しかし、海野レフェリーは外道に気をそらされて……(C)新日本プロレス

5月3日、新日本プロレスは、『レスリングどんたく2021』の福岡国際センター大会2連戦の初日を開催。メインイベントでは棚橋弘至の保持するNEVER無差別級王座にジェイ・ホワイトが挑戦した。

『ニュージャパンカップ』2回戦で棚橋を下したジェイは、史上初の4冠(IWGPヘビー、インターコンチネンタル、USヘビー、NEVER)制覇のためにアピールを続けてきた。そして、4.4東京・両国国技館大会でチャンピオンから逆指名という形で今回タイトルマッチで実現した。

 両者が膝攻めを軸に、主導権を奪い合った試合は終盤に激しさを増す。掟破りのテキサスクローバーやTTO(タナ・タップアウト)でじわりじわりと追い込むジェイに対し、反撃に転じる棚橋はスリングブレイドで切り返すと、ハイフライフローを敵のヒザに炸裂し、意地を見せる。

 ダメージでのたうち回る相手に棚橋は両国でギブアップを奪ったテキサスクローバーで捕獲。ここで一気に搾り上げられたジェイはたまらずタップするも、セコンドに控えていたマネージャーの外道が、再び“レッドシューズ”海野レフェリーの気をそらし、ギブアップは幻と消える。

 テキサスクローバーに全力を尽くした棚橋のペースを完全に狂わせられてしまうと、一気に流れは挑戦者側に……。ジェイは余力を振り絞った王者のドラゴンスープレックスを切り抜けると、必殺のブレードランナーで畳みかけて、あっさりと3カウントを奪取した。

【動画】棚橋、ジェイの執拗な固め技にも意地のネバーギブアップ! 注目のシーンはこちら ジェイ、いやバレットクラブが得意とする無法殺法に屈しての王座陥落だ。試合後、ジェイはマイクを握ると「タナ、去るべき時が来たぞ!俺は宣言どおりオマエからベルトを獲った。だからオマエはやめろ。俺は史上初の4冠王だ!オマエたち(観客)はスイッチブレードと呼吸する運命にある」とまくし立てた。

 さらにインタビューブースでもジェイは、「タナ、お前はもう終わりだ。お前は一度だって俺より強かったことはない。そしてこれからも、お前は俺を越えられない」と饒舌に話し続けた。

「IWGPヘビー級王者から陥落させた俺が、今度はお前をNEVER無差別級王者から引きずり下ろしてやった。もう一生、お前は俺に勝てない。そしてお前にリマッチもさせてやらない。 こうしてチャンピオンになったことだし、さすがのニュージャパンも俺の要求を聞かないわけにはいかないだろう。俺はたった今、史上初の4冠制覇を成し遂げたんだぞ!」

 棚橋のリマッチも受け付けない意向を明言したジェイは、「ニュー ジャパン、ここで俺から挑戦者を指名させてもらう!もう一人、頭に浮かんでるヤツがいる」と次期挑戦者を一方的に指名した。

「ニュージャパンの歴史の中で最もショックな出来事は、『ニュージャパンカップ』でデビッド・フィンレーが俺を倒したことだ。フィンレー、『決着はついた』って言ってたよな? でも勝敗を見れば、お前は2勝12敗。俺に大きく負け越している。恥ずかしくないのか? 決着なんてついてない。ベルトを懸けてお前の相手をしてやると言ってるんだ。デビッド、どうだ? チャンピオンの俺がお前を一人目の挑戦者に指名してやってるんだ! このギフト、受け取るに決まってるよな? お前はまた“ショック”を起こせるのか? いや、次はお前が勝てるわけがない」
  一方、王座防衛をしたうえで、5月15日に開催される横浜スタジアム大会のメインイベント出場を狙っていた棚橋は、落胆。うつぶせに突っ伏し、しばらく無言の後に「はあ……これが、これが時代が変わっていくってことか。悔しい……。悔しいな」と漏らした。
 
 それでも「NEVERの精神を、もう一度、取り返して、トライします。それしかないな……」とリベンジを誓った棚橋。これまで幾度となく敗戦の中から何度も這い上がって来た男だけに、またもうひと踏ん張りしてくれることを期待したい。

◆新日本プロレス◆
『レスリングどんたく2021』
2021年5月3日
福岡・福岡国際センター
観衆 2211人
▼NEVER無差別級選手権試合(60分1本勝負)
<王者>●棚橋弘至(29分01秒 片エビ固め)ジェイ・ホワイト○<挑戦者>
※ブレードランナー
※棚橋が2度目の防衛に失敗。ジェイが第33代王者となる。

文●どら増田

関連記事(外部サイト)