「オレが東京ドームでオカダを処刑する」と宣誓布告!オスプレイがIWGP世界戦で鷹木信悟を粉砕【新日本】

「オレが東京ドームでオカダを処刑する」と宣誓布告!オスプレイがIWGP世界戦で鷹木信悟を粉砕【新日本】

鷹木の力技にも動じずにテクニカルな技で応戦したオスプレイが見事に防衛を果たした。(C)新日本プロレス

新日本プロレスは5月4日、ビッグマッチ『レスリングどんたく2021』福岡国際センター大会2連戦の初戦を開催した。

 メインイベントではIWGP世界ヘビー級王者ウィル・オスプレイが、鷹木信悟を相手に初防衛戦を行なった。両者は今年の『ニュージャパンカップ2021』の決勝で対戦し、オスプレイが勝利しており、その勢いで優勝したオスプレイは飯伏幸太からIWGP世界ヘビーを奪取。そしてオカダ・カズチカを次期挑戦者に指名するも、そこに鷹木が割って入り、今回の対戦に至っている。

 試合は、お互いに前哨戦から意地をぶつけ合ってきただけに、迎えた大一番で高度な技の応酬を展開。時間はあっという間に20分、30分と経過していく。試合が佳境に入ると、オスプレイは雪崩式スパニッシュフライ、シューティングスタープレスとたたみかける。さらに場外に設置したテーブル上への攻撃を狙うも、こらえた鷹木が逆に断崖式MADE IN JAPANを炸裂。その後も鷹木式オスカッターを繰り出しあわやの場面を連発。
  しかし、オスプレイも執念の反撃。ラスト・オブ・ザ・ドラゴンをしのぐと、かつての兄貴分、オカダばりのレインメーカーからヒドゥン・ブレイド一閃。そしてとどめのストームブレイカーで3カウント。44分超えの死闘を制し、初防衛に成功している。

 試合後、オスプレイは「オレは未来だ。シンゴが勝てなかったのはオレのレベルじゃないからだ。オカダの時代は終わってる。これからはエンパイアの時代が来るからオレらが中心に走っていく。東京ドームでオカダを処刑する!」と5.29東京ドーム大会で対戦が決定したオカダにあらためて宣戦布告。ユナイテッド・エンパイアのメンバーとともに、1.4東京ドーム大会では敗れているだけにリベンジを誓った。
  インタビューブースでオスプレイは「この団体は俺なしでは回らない。ジュニア時代からそう言ってきたが、その頃は生意気だと批判された。3年……いや2年か。2年たった今も、それは変わっていない」とレベルの違いを改めてアピールした。

「俺はこれからも、この壊れた背中で団体を担いで進んでいく。そうだ、背中はもうボロボロだ!でも、目的達成のためなら痛みにだって耐える。もう一度言うが、俺はこの団体の未来だ。誰も俺が背負っているプレッシャーの大きさを想像できないだろう。でも俺は、先輩たちからバトンを受け継いだ。だから期待に応えるのが俺の役目だ。

 そして俺は同時に、ブリティッシュヘビー級王者でもある。だが今、より大事なのはIWGP世界ヘビー級のベルトだ。今日のタカギの頑張りを称えたい。あいつのおかげで俺は、自分の限界を超えることができた。だが、あいつは俺を倒せなかった。それは俺のレベルに達していないからだ」

 さらに「(明日から)3週間のオフか。次(の防衛戦)はトーキョードーム(5.29)だな。オカダ、お前もしっかり休んでコンディションは良いはずだ」と語ったオスプレイは、新たなターゲットを猛烈に意識した発言を続けた。

「今日は(オカダの)試合がなくなり、結局、会場には現れなかったが、これで目が覚めたか? お前がニュージャパンの顔だった時代はもう過去のものだ。今は俺たちユナイテッド・エンパイアが中心に立っている。これはいつも言ってることだが、俺はその時その時の最強の相手と闘いたい。俺はウィル・オスプレイ、俺はレベルが違う」

 オスプレイの勢いはホンモノなだけに、これをオカダが再び返り討ちにして、IWGP戦線に復帰出来るのか注目したい。
 ◆新日本プロレス◆
『レスリングどんたく2021』
2021年5月4日
福岡・福岡国際センター
観衆 2367人
▼IWGP世界ヘビー級選手権試合(60分1本勝負)
<王者>○ウィル・オスプレイ(44分53秒 片エビ固め)鷹木信悟●<挑戦者>
※ストームブレーカー
※オスプレイが初防衛に成功。

文??どら増田
 

関連記事(外部サイト)