NXTクルーザー王者KUSHIDAが3本勝負を制す!「次の挑戦者誰でも受けて立つ」と王者の自信を誇示【WWE】

NXTクルーザー王者KUSHIDAが3本勝負を制す!「次の挑戦者誰でも受けて立つ」と王者の自信を誇示【WWE】

異例の3本マッチを制して防衛を勝ち誇るKUSHIDA。(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

現地時間5月13日、世界最大のプロレス団体「WWE」が、第3ブランドの『NXT』を世界配信した。

 元新日本プロレスIWGPジュニアヘビー級チャンピオンだった日本人スーパースター、KUSHIDAがメインイベントに登場。前王者サントス・エスコバーとNXTクルーザー級のベルトを懸けて、異例の3本勝負で対戦した。

 試合は、KUSHIDAがいきなり場外でレガード・デル・ファンタズマに介入される波乱の幕開けに。ライバルの妨害を阻止したKUSHIDAは反撃とばかりにコーナートップからトペ・コンヒーロをエスコバーに放って攻め込んだ。

 その後もエスコバーがロメロスペシャルやダブル・ニーを放てば、KUSHIDAもハンドスプリング・エルボーやドロップキックで応酬。最後はエスコバーがファントムドライバーでKUSHIDAを沈めた。

【動画】NXTのベルトを防衛! KUSHIDAが魅せた攻防戦はこちら 1本目を奪われて負けられないKUSHIDAは、2本目でアーム・バーでエスコバーを秒殺。勝負の3本目ではハイレベルなフォールの奪い合いからクローズラインの相打ちで両者譲らない互角の攻防を展開する。

 しかし、最後はKUSHIDAがコーナートップからの雪崩式ホバーボードロックからハンマーロック・スープレックス・ホールドでエスコバーから2本目を奪って王座防衛に成功した。

 試合後にベルトと共に両腕を上げて王座防衛成功をアピールしたKUSHIDAは、「今日は特別な日になりました。メインイベントで3本勝負。しかもこのタイトルは過去と比べてこれだけの輝きがあったでしょうか?ますます磨きをかけて次の挑戦者誰でも受けて立つ」と王者としての自信を示した。

◆WWE◆
『NXT』
2021年5月13日(日本時間)世界配信
▼NXTクルーザー級選手権試合(3本勝負)
<王者>○KUSHIDA(2-1)サントス・エスコパー●<挑戦者>
※KUSHIDAが防衛に成功。

文●どら増田

関連記事(外部サイト)