ウォーレス、ピアース、ウェバーの殿堂入りを現地メディアが先行報道!ドラフト外からは史上初の快挙に<DUNKSHOOT>

ウォーレス、ピアース、ウェバーの殿堂入りを現地メディアが先行報道!ドラフト外からは史上初の快挙に<DUNKSHOOT>

ウォーレス(左)、ピアース(右上)、ウェバー(右下)の殿堂入りが決定との報道。特にウォーレスが選出されるとなれば、ドラフト外選手としては初の快挙となる。(C)Getty Images

5月15日(日本時間16日、日付は以下同)、コネチカット州アンカスビルにあるモヒガン・サン・アリーナにて、2020年のバスケットボール殿堂入りを決めたメンバーたちの式典が行なわれた。

 会場にはティム・ダンカン(元サンアントニオ・スパーズ)、ケビン・ガーネット(元ミネソタ・ティンバーウルブズほか)、タミカ・キャッチングス(WNBA元インディアナ・フィーバー)、ルディ・トムジャノビッチ(元ヒューストン・ロケッツ・ヘッドコーチほか)といった面々のほか、昨年1月末に他界したコビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)の妻ヴァネッサも駆け付け、式典のスピーチに登壇。

 また、コビーにはマイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)、ダンカンにはデイビッド・ロビンソン(元スパーズ)、ガーネットにはアイザイア・トーマス(元デトロイト・ピストンズ)、トムジャノビッチにはカルビン・マーフィー(元ロケッツ)、アキーム・オラジュワン(元ロケッツほか)と、豪華なプレゼンターたちも注目を集めていた。
  そして翌16日には、今年殿堂入りするメンバーが正式に発表されることとなる。3月9日に発表された最終候補たちのうち、元NBA選手でノミネートされたのはクリス・ボッシュ(元トロント・ラプターズほか)、マイケル・クーパー(元レイカーズ)、ティム・ハーダウェイ(元ゴールデンステイト・ウォリアーズほか)、マーキス・ジョンソン(元ミルウォーキー・バックスほか)、ポール・ピアース(元ボストン・セルティックスほか)、ベン・ウォーレス(元ピストンズほか)、クリス・ウェバー(元サクラメント・キングスほか)と、こちらもレジェンドばかり。

 そんな正式発表を翌日に控えた15日、現地記者たちがウォーレス、ピアース、そしてウェバーの殿堂入りを一足先に報じた。

 “ビッグベン”ことウォーレスは、NBAキャリア16シーズンで歴代最多タイとなる4度の最優秀守備選手賞を獲得したディフェンシブ・ビッグマン。鬼気迫るリバウンドやブロックショット、ディフェンスを武器にペイントエリアで猛威を振るい、オールスター選出4度、オールNBAチーム選出5度、オールディフェンシブチーム選出6度、そして2004年にはピストンズを優勝に導く原動力となるなど、輝かしい実績を残した。
  ピアースは類い稀なシュート力と勝負強さで、2000年代のNBAを代表するスコアラーとして活躍したスウィングマン。キャリア19シーズンで歴代16位となる2万6397得点を残したほか、オールスターに10度、オールNBAチームにも4度選出。2008年にはエースとしてセルティックスを17度目の優勝に導き、ファイナルMVPをに輝いた。

 この2人とは異なり、ウェバーに優勝の経験はない。それでも、1993年のドラフトで全体1位指名を受けてウォリアーズに入団すると、平均17.5点、9.1リバウンド、3.6アシスト、1.2スティール、2.2ブロックとオールラウンドな活躍を披露し新人王を獲得。1990〜2000年代前半を代表するパワーフォワードとして君臨し、キングス時代は平均23.5点、10.6リバウンド、4.8アシスト、1.5スティール、1.5ブロックと申し分ない成績を残して、チームをウエスタン・カンファレンス屈指の強豪へと押し上げた。頂点には届かなかったものの、オールスター選出とオールNBAチーム入りはともに5度、1999年にはリバウンド王にも輝くなど、個人として残した実績は殿堂入りするにふさわしいものだろう。
  これまで、1996−97シーズンにNBA入りした選手たちのうち、殿堂入りを果たしたのは4人。1996年でドラフト全体1位指名を受けたアレン・アイバーソン(元フィラデルフィア・セブンティシクサーズほか/殿堂入り2016年)、5位のレイ・アレン(元シアトル・スーパーソニックスほか/同2018年)、13位のコビー、そして15位のスティーブ・ナッシュ(元フェニックス・サンズほか/同2018年)とスーパースター揃いなのだが、同シーズンにNBAデビューを飾ったウォーレスは、彼らとは一線を画している。

 というのも、ウォーレスはドラフト外からNBAへの道を切り開き、ロールプレーヤーからスターター、オールスターへと成長を遂げ、チャンピオンチームの主役にまで躍り出た苦労人だからだ。もしウォーレスが正式に殿堂入りとなれば、ドラフト外から殿堂入りというバスケットボール界で史上初の快挙となる。

 ボッシュやクーパー、ハーダウェイといったレジェンドたちが今年選ばれるかは現時点でわからないものの、ウォーレスが殿堂入りに十分値するキャリアを送ってきたことは、誰もが認めるところだろう。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)