「時が来た」レブロン&デイビス擁するレイカーズが連覇に向けて始動!ウォリアーズ戦へ闘志「最重要人物は分かってる」<DUNKSHOOT>

「時が来た」レブロン&デイビス擁するレイカーズが連覇に向けて始動!ウォリアーズ戦へ闘志「最重要人物は分かってる」<DUNKSHOOT>

レブロン&デイビスの名コンビ擁するレイカーズは、8位のウォリアーズに勝利して第7シードの座を守れるか。(C)Getty Images

「俺たちは誰が相手の最重要人物なのか分かっている。ステフだ。俺たちはベストを尽くして彼を抑え込まなきゃならない。これはガード陣によるプレッシャーだけじゃなく、チームとしてやるべきことなんだ。彼には常に目を光らせて、毎回集中して抑え込むようにしなきゃいけない」

 ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、5月18日(日本時間19日、日付は以下同)に行なわれたチーム練習後にそう語り、翌19日に開催されるゴールデンステイト・ウォリアーズとのプレーイントーナメントに向けて気合いを入れた。

 ステフとはもちろん、ステフィン・カリーを指す。今季のレイカーズはリーグトップの平均32.0点を残したカリーを平均23.0点にフィールドゴール42.3%、3ポイント34.6%に抑えており、チームもウォリアーズとの直接対決で2勝1敗と勝ち越している。

 ガードのデニス・シュルーダーも「彼は史上最高のシューター」とカリーを警戒したうえで、「どんなショットでも、たとえハーフコートからであろうと、彼にとってはいいショットになってしまう。だから俺たちはできるだけハードに守って打たせるようにして、スリーを制限していく」と話した。
  レブロン・ジェームズとデイビスというリーグ最強タッグがケガで長期離脱した影響を受け、昨季のウエスタン・カンファレンス1位(52勝19敗/勝率73.2%)から7位(42勝30敗/58.3%)まで転落した今季のレイカーズ。予想外の順位でシーズンを終えたものの、ディフェンシブ・レーティングではリーグトップの106.8を記録した。

 カリーと最もマッチアップしたケンテイビアス・コールドウェル・ポープは、フィールドゴール25.0%(1/4)の計6得点にシャットアウトしており、3ポイントしか打たせていない。続くシュルーダーもフィールドゴール0.0%(0/3)でフリースローの3得点しか許しておらず、彼らを駆使して抑え込むことが勝利へのポイントとなる。

 もちろん、ウエスト8位のウォリアーズ(39勝33敗/54.2%)を指揮するスティーブ・カー・ヘッドコーチ(HC)も、そのことは想定内だ。

「我々は、相手がステフを抑えるためにあらゆることを講じてくると予想している。我々はこれまでさまざまな対策を目にしてきたし、それはステフも同じ。おそらくドレイモンド(グリーン)が鍵になってくるだろうね。彼のスクリーンとドリブルのハンドオフといった動きが(カリーを活かす)答えになると思う。きっと面白いことになるさ」
  シーズン最終戦で再び右足首を痛めたレブロンのコンディションは気になるところだが、フランク・ヴォーゲルHCは「彼は出場できる。今日はフルメニューの練習に参加していたから大丈夫だと思う」と話しており、レイカーズはベストメンバーでポストシーズン初戦に臨める見込み。

 レブロンとデイビス欠場時にステップアップしたカイル・クーズマが「俺たちは(昨季とは)異なるチーム。このチームにいる選手たちは皆、昨年から役割が変わっているからね」と語ったように、今季はシュルーダーやモントレズ・ハレル、アンドレ・ドラモンド、ウェスリー・マシューズ、マルク・ガソルといった新戦力がおり、昨季とは一味違ったロースターで2連覇へ挑むのである。
  レイカーズとしてはウォリアーズを下してウエスト7位の座を確定させ、2位のフェニックス・サンズ(51勝21敗/70.8%)とのファーストラウンドへ向けて準備を進めていきたいところ。

 2連覇へ向けて、レブロンは「時が来た。今がその時だ。準備はできている」と頼もしい言葉を発しており、デイビスもウォリアーズ戦を「すごく重要な試合だと思う。俺たちは(シリーズの)第7戦として見ている。このチームにとってマストウィンゲームだ」と、ポストシーズンモードに入っている。

 はたして、レイカーズは連覇を果たすことができるのか。まずはカリー率いるウォリアーズ戦の展開を楽しみに待ちたいところだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】36歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?