【名馬列伝】ナリタブライアンはどれだけ”強かった”のか?「シャドーロールの怪物」が歩んだ”かなり異質”な三冠への道のり

【名馬列伝】ナリタブライアンはどれだけ”強かった”のか?「シャドーロールの怪物」が歩んだ”かなり異質”な三冠への道のり

デビュー戦で敗れたナリタブライアンは、シャドーロールの装着後に見違えるような快進撃を見せていく。写真:産経新聞社

これまでクラシック三冠馬は8頭いるが、筆者が直に観たことがないセントライト(1941年)とシンザン(1964年)を除いた6頭のなかで一番強い勝ち方をしたのは、無敗で制覇したシンボリルドルフでもディープインパクトでもコントレイルでもなく、間違いなくナリタブライアンだったと今も確信している。

 たとえば、ディープインパクトとの比較で見てみよう。

 ディープインパクトが三冠レースで2着に付けた着差は、皐月賞が2馬身半、日本ダービーが5馬身、菊花賞が2馬身だった。

 比してナリタブライアンというと、皐月賞が3馬身、日本ダービーが5馬身、菊花賞が7馬身。ひとレースごとに着差を広げながら、ぶっちぎりで三冠制覇を達成したのは”驚異的”のひと言だ。

 なかでも日本ダービーでは、他馬に進路を妨害されることのみが心配材料だとして、道中はあえて馬群の外を回り、直線も馬群から離れて馬場の真ん中まで持ち出されて5馬身差の圧勝を遂げた恐ろしいまでの強さがいまも脳裏にこびりついて離れない。

 また皐月賞を圧勝したあとは、競馬マスコミのみならず、トレーニングセンターでの取材のルールやマナーを知らない一般マスコミまでが殺到して混乱をきたしたため、厩舎の周りに規制線が設けられ、ピリピリと張り詰めたムードが漂ったほどだった。
  そして三冠制覇後に出走した有馬記念でも、ディープインパクトが疲労の影響もあって先行したハーツクライを捉え切れず国内で唯一の敗戦を喫した一方、ナリタブライアンは2着のヒシアマゾンを3馬身突き放して楽勝したのだから、まさに手が付けられない強さだった。

 異色の名馬だった。

 デビューは2歳の8月。デビューの新馬戦に敗れ、2週間後の新馬戦(※)を勝ち上がったものの、函館3歳ステークス(GV、現・函館2歳ステークス)は6着に大敗。続くきんもくせい特別(500万下、現・1勝クラス)を快勝するも、続くデイリー杯3歳ステークス(GU、現・デイリー杯2歳ステークス)は離れた3着に終わる。

 しかし、ここからナリタブライアンは別馬になったかのような快進撃を始める。
  その要因の一つは、のちに「シャドーロールの怪物」という異名で呼ばれるようにもなったある矯正馬具の装着によると言われる。当時、自分の影にさえ驚くような臆病な性格だった彼の気性を考慮し、スタッフは下方(足もと)の視界をさえぎるため、鼻の上に付ける馬具、『シャドーロール』を付けさせることにしたのだ。

 その甲斐あってか、京都3歳ステークス(現・京都2歳ステークス)を3馬身差で快勝すると、朝日杯3歳ステークス(現・朝日杯フューチュリティステークス)も2着に3馬身半差をつけて圧勝。JRA賞最優秀3歳牡馬(現・最優秀2歳牡馬)に選出された。

 翌年、3歳になったナリタブライアンは共同通信杯4歳ステークス(現・共同通信杯)、から日本ダービーまでいずれも圧倒的な力で制していく。ちなみに、エリートコースに乗った馬はレース数を絞って大事に走らせるのが当たり前になっている今から見ると、10戦ものキャリアを積み、しかも3敗も喫していたダービー馬(二冠馬)というのはかなり異質な存在だった。
  三冠制覇を目指す秋、ナリタブライアンは思わぬ躓きを見せる。

 ステップレースに選んだ京都新聞杯では単勝元返し(1.0倍!)で出走した二冠馬は、直線へ向いていったん先頭に立ったものの、インから強襲したスターマンにクビ差競り負けて、連勝は6でストップしてしまったのだ。

 のちに管理調教師の大久保正陽(当時)が明かしたことによると、ナリタブライアンはひどく”夏負け”(人でいう”夏バテ”)してしまい、一時は京都新聞杯はおろか、菊花賞への出走さえ危ぶまれる状況にあったのだという。

 それでも、一度の敗戦を喫したところで、それを意に介さないような上昇を見せるのが並みの名馬ではないところ。菊花賞でラクラクと三冠制覇を成し遂げ(半兄のビワハヤヒデとの兄弟連覇でもあった)、古馬との初対戦となった有馬記念もぶっちぎってしまうのだから、凄まじい強さの前にすべてのホースマンがただただ首を垂れるしかなかった。

 それまで”日本競馬史上最強馬”と言われたシンボリルドルフを育て、愛馬に強固なプライドを持ち続けていた野平祐二(調教師、当時)をして、「現時点ではルドルフより上かもしれない」と言わしめるほどだった。
  4歳になった1995年、始動戦の阪神大賞典をほとんど”追ったところナシ”で7馬身差を付ける圧勝を遂げて、まさに無人の野を行くような異次元の走りを見せたナリタブライアンだったが、右股関節炎という思わぬ故障に見舞われ、目標の天皇賞(春)への出走を断念して休養に入った。その怪我を機に急激に輝きを失っていく。

 それでもただ一度だけ、ナリタブライアンはファンに最後の輝きを見せることになる。

 96年の阪神大賞典は、前年の菊花賞と有馬記念を連勝したマヤノトップガンとの一騎打ちとの前評判だったが、文字どおり、まるで2頭だけで勝敗を争うマッチレースであるかのような壮絶なバトルが展開された。
  怪我で戦列を離れていた名パートナーの南井克巳にかわって武豊が手綱をとったナリタブライアンと、鬼才・田原成貴を背にしたマヤノトップガンは2周目の第3コーナーすぎから馬体を併せると、後続を引き離しながら約400mにもわたって、お互いに一歩も譲らぬ激闘を繰り広げ、並んだままでゴール。ファンが固唾を飲んで待った写真判定の結果がナリタブライアンのアタマ差での勝利と出た瞬間、スタンドからは歓声とともに、GU戦としては異例の”ユタカ・コール”が沸き上がるほどの熱気が渦巻いた。

 このレースは25年が経ったいまも語り草となり、1977年の有馬記念でテンポイントとトウショウボーイが展開した”マッチレース”とともに、JRA史上に残る名勝負と謳われている。

 種牡馬入りしてわずか2年後の1998年の6月に急死し、目立った産駒を残せなかったナリタブライアンだが、3歳時の1994年に発した眩いばかりの輝きとその鮮烈すぎる強さはショッキングとさえ言えるものだった。

 そして彼の記録と記憶に残る走りの数々は”レジェンド”の名に相応しいものだった。

文●三好達彦

【関連動画】大外から豪快に差し切り!ナリタブライアンが強さを見せつけた1994年ダービーのJRA公式動画はこちら

関連記事(外部サイト)