浅倉カンナが語る格闘家としての体重コントロール。水抜きでは「歯を磨いても唾液が出てこない」という体験も

浅倉カンナが語る格闘家としての体重コントロール。水抜きでは「歯を磨いても唾液が出てこない」という体験も

強さの中に優しさも合わせ持つ浅倉が、食生活や減量、そして格闘技について語った。写真:田中研治

プロとして活躍する方々のインタビューを通し、明日への一歩を応援する「Do My Best, Go!」。第7回は、 “純情可憐タックル女子”の愛称で親しまれる総合格闘家・浅倉カンナ選手のインタビューをお届け。女子格闘家界の若きリーダーとしてRIZINで活躍する浅倉選手だが、温厚で努力家という内面を持つ。彼女のしなやかで強い身体を支えている食事や、格闘家ならではの減量の大変さ、そして3月に行なわれた浜崎朱加戦のこと、今後目指す舞台について話を聞いた。

   ◆   ◆   ◆

――レスリングを始めたきっかけを教えてください。

「格闘技好きの父が、レスリング教室に見学に連れていってくれたのが、きっかけです。幼稚園の年長の時でした。その時に兄も一緒に体験へ行きました。兄は小学生だったのでちょっとしんどいメニューだったようなのですが、私たちの世代は教室側も楽しいことしかやらなかったんです。それで自分からやりたいって言い始めました」

――レスリングが楽しいと思えるようになったのはどういうところですか?

「一番は勝てるようになったことが楽しいと思ったきっかけなんですが、『東京ゴールドキッズ』というところに所属チーム変えたあたりです。そのチームが日本一で、同級生の同世代の女の子も男の子もたくさんいて、みんな意識が高くて、そこからレスリングすごく好きになりました」

――かなりハードに身体を動かしていた毎日だったようですが、子どもの頃はどのような食生活を送っていましたか?

「元々は好き嫌いはそこまで多くなかったのですが、量は全然食べられませんでした。レスリングを始めた頃は同世代の女子が大きくて、体重差で負けたりしたので増量のためにすごい食べさせられました。父が厳しかったので、たくさん食べろ食べろと言われました」

――「食べろ」って言われて食べられました?

「いえ、食べられないし、食べるのがすごく遅かったんですよ。しかも動いて疲れているから、ご飯食べながら途中で寝てる時もありました(笑)。練習の中で正直ご飯が一番きつかったですね。父に『玄関の外で食べろ』って言われて出されたことがあるんです。暗闇が怖くて“ガ〜〜っ”て1分くらいで食べて家へ戻りました(笑)」

――小、中、高校時代で食事の面で変わっていったことは?

「好き嫌いはそれほどなかったので、その点は問題なかったです。高校生の時はたくさん食べました。普通の女の子の倍以上は食べていましたね。たくさん動いていたので、部活をやってた時も、総合格闘技に転向した時もめちゃめちゃ食べました」

――例えばどれくらいですか?

「カレー3杯とか…。動く量が半端なかったのですごく食べていました」――毎日のハードな練習のためにはそのくらい必要なのですね。良いパフォーマンスのために日頃から食生活で気をつけていることはありますか? 

「あまりストイックな方じゃないと思いますが、小学生くらいから大会に合わせて減量していたので、減量の時だけちゃんと制限して、普段の食生活ではあまりストレスをかけないように好きなものを食べています」

――特に好きなものは何ですか?

「お肉が好きです。焼肉は結構行きます。家族で減量に入る前、焼肉へ行ったりしました。友達と行ったりとか…、減量前は焼肉が一番多いかもしれませんね」

――減量はどのような感じでやっているのですか?

「最近ちょっとやり方を変えていて、結構時間をかけて体重を落としています。前回の試合の時は3週間くらいかけてちょっとずつ落としました。食事を減らして、でもお米も食べないとエネルギーが出てこないのでご飯を摂りつつやっています。食べない減量はしないですね。食べてないと代謝も下がり、体重も落ちづらくなってしまうので」

――食べるのを減らせば、すぐ体重って落ちるわけではないですよね?

「そうですね。2週間前から計量の前日までで水抜きというのをするのですが、その準備でさらに2週間前くらいから水を1日4リットル飲むんです。身体の循環を良くして、最後に身体中の水分を一気に2キロぶんぐらい抜くっていう減量法です。それを考えると、食事をちょっと減らしたくらいではあまり体重は落ちないかもしれませんね。水をたくさん飲んで、練習中も思い切り動いて、それでちょっとずつ落ちていきます。前までは1週間くらいで一気に落としていたのですけど、身体が弱くなるように感じて……。今は徐々にやることで体脂肪もちゃんと減らして、筋肉量が落ちないようにしています」
 ――水抜きはとても大変そうですね。

「そうですね、汗で抜くんですけど、最後の最後はきついです。あと700グラムぐらいから全然落ちなくなっちゃって、汗も出なくなるんです。それでも我慢して我慢してふり絞る。そこはちょっとしんどいです」

――自分の身体の中には水が1滴もないっていう実感はありますか?

「もう唾液も出てこないです。歯を磨いても唾液が出てこなかったりとか。喋ってても喉渇いて声も出なくなっちゃう。最後は水分ないって実感があります。計量を終えた後、お水を飲むのが、生きてる中で一番幸せな瞬間です! 水がどこを通って、身体に染み渡ってる感じがわかります」

――しっかり動けて勝てる身体を作るために、時間をかけて、食事も意識しながら身体を調整しているんですね。きのこは低カロリーで、様々な栄養が摂れるので、減量にも最適かと思いますが、よく食べますか?

「はい、食べますね。本当にたくさん食べます。食物繊維やビタミンなど色んな成分が入ってるし、ヘルシーで食べ応えもあるので、体重を意識する減量中にはすごくいい。もちろん減量中だけでなく、普段からきのこ料理が大好きです」

――きのこの種類で好きなものは?

「お鍋に入ってるきのこが好きなので、しめじとか椎茸やエリンギも食べますね。舞茸もめっちゃ食べます。減量中に食べるものって普段は好んで食べなくなったりするんですけど、きのこは全然ならないです」

――きのこ料理の中でも特に好きなものはありますか?

「スープは一番食べるかもしれません。減量中は塩分をあまり摂っちゃいけないので、薄味にして食べます、料理というか、本当にシンプルなスープみたいな感じです。あとは鍋も好きです。トマトときのこのパスタは、栄養のバランスもいいですし、組み合わせも好きなので、外で食べたりする時は結構頼みます」

――6人家族とのことですが、食事の量もすごかったのでは?

「1つのお皿にドーンと出てくるんで、急いでみんな食べますね。4人きょうだい (※注 兄と妹と弟)なので、食べなきゃなくなっちゃうから、スピードも速いかもしれないですね。もう取り合いです。最後の1つとか、だいたい日本人は残すじゃないですか、うちは絶対残らない。すかさず誰かが最後食べます(笑)」――総合格闘技というのは名前のとおり、寝技、立ち技、キックやパンチなど細かい技術が必要だと思うのですが、自分の中で一番得意なものや一番習得に時間かかったのはどういうところですか?

「自分自身がレスリングをやっていたので倒すところまでは得意なのですが、打撃はやっぱり慣れるまで時間がかかりました。今も怖いです。思い切り打つし打たれるし……。最初は自分から打つのも怖かったです。タックルに行ったときにヒザを合わせられる怖さもありますが、やっぱり打撃の方がありますね」

――精神面のコンディションはどう整えていますか?

「毎試合、自分のメンタルは変わってくるので、その時その時で自分に対して向き合っています」

――いざリング目の前にして試合に入る心境はどんな感じですか?

「当日はそんなに緊張はしないです。リングを上がる時は今まで準備はやってきた、という気持ちです。その日に急に強くなることはないんで。もうあとはやるだけだという気持ちのほうが大きいです」

――3月21日に行なわれたRIZIN.27のスーパーアトム級タイトルマッチでの浜崎朱加選手との試合では、最初にすごい猛攻がありましたね。あの時、顔を打たれて一気に腫れあがりました。レフェリーストップがかかるとか考えました?

「あの時、自分的には全く痛くなくて、そんなに腫れてると思っていませんでした。むしろここから自分の時間だと思っていたし、焦りもしていなくて、止められた時は『えーっ全然痛くないよ』と思っていました。でもスクリーン見たらめちゃめちゃ腫れていて、ちょっとやばいかなと思いました。でも試合に影響が出るとは思ってはいなかったです。見づらいとかもなかったですし。案外大丈夫でした」

――ドクターのチェックで中断が入った時はどういう心境でしたか?

「止められた時は医師の判断になっちゃうので、どうなるかなって。自分は全然できるし、やらせてくださいって言ったんですけど、もし折れてたりしたら止められちゃう。内心は本当に頼むから止めないでくれと思っていました」

――第2ラウンドではグラウンドパンチで結構優位に立っていたと思うんですけれども、あの時は作戦通りの展開でしたか?

「そうですね、作戦通りでした。1ラウンド目で攻撃がどれくらい来るか、それを凌げばどんどん自分のペースになるっていう作戦があったので、そこは作戦がはまったなっていう感覚でした」

――浜崎さんは得意の腕ひしぎ十字固めをとりに来ていたと思うのですが、あの時は大変だったとかあります?

「そこも練習通りで、やっていたことがそのままきたと思いました。腕をとられちゃうかもしれないという焦りよりも、これやったやったという自信もありました」

――最後の3ラウンド目はどんな心境で戦っていたのですか?また、体力面は?

「今思えば、ああしとけば、こうしとけば良かったって思います。体力的には自分はいけたし、相手は疲れてる思ったので、そこをちょっと攻めておけば良かったと」

――試合を終えて、浜崎さんとお話しましたか?

「直後にリングの上でまず『煽ってごめんね』って言われました。いやいやとんでもない…と思って。控室でありがとうございましたって言ったら『あと10年はやってね』って。10年か〜って正直思いました(笑)」

――女子のメインイベントということで、プレッシャーや今までと違う意気込みはありましたか?

「メインでタイトルマッチ、しかも浜崎さんと対戦できるって中々あるチャンスじゃないので、そこはメインとしても、ちゃんといいゲームになっていなきゃいけない。いいプレッシャーだったかもしれません。ただ本当は最後に自分が勝ちたかったので、結果は残念でしたが、浜崎さん相手だったからこそ自分も全部をぶちこんでああいう試合ができたので、そこは感謝しています。大会側がメインに組んでくれたことも感謝です」――自分の中で頑張って続けていったらタイトル取れるという思いはあります?

「そうですね、取れると思います。そして取ってからが重要だと思います。取れないままで終わることは絶対ないです」

――そのためにこれから磨いていきたいところは?

「全体的にもっと1個、2個上のランクに上がっていきたい。まだまだ完成もされていないし、知らないこともたくさんあります。今はコロナもあって海外の選手とかと戦えていないので、そういう経験の部分でも段階をちゃんと踏んでやっていきたいと思っています」

――格闘技の魅力を改めて教えてください。

「格闘技って普通の人じゃ触れられないみたいな感覚がある方も多いと思いますが、全然そんなことはありません。自分はただ格闘技しかやってこなかったから今やっているだけで、逆に他のことは全然できないくらいです。でも格闘技だけではなく、全てのスポーツがそうだと思うのですけど、その選手をちゃんと一人ひとり知って見ていただけたら、より面白いと思います。みんな色々なものをかけて戦っていて、本当リングが全てなんです。全てを出すために頑張って、そこですごい試合が生まれてくるのが魅力かと。試合までの期間、どれだけ何をかけてきたかを感じてもらえたらいいな、と思います」

――今後、海外進出を考えることはありますか?

「今はまだベルトも取れていないんで、まずはベルトです。でも本当の一番になるには海外の選手にも勝っていくこと。そういう部分では興味あります」

――何かを頑張っている子どもたちにメッセージをお願いします

「自分も(レスリングを)始めて1年半ぐらいはずっと勝てないがあって、センスもないのになぜやっているんだろうって思う時もありました。でもある日、それをボーンって越える時があるんです。勝てずにモヤモヤしてる子たちは、頑張っていれば絶対にいいことがある。“実ったな”って思うことが絶対あるんです。ずっと頑張り続けることが一番難しいと思うんで、大切なのはそこかな。継続することって簡単じゃない。今やってる競技を好きになって、とにかく頑張って続けてほしいなって思います」

――そういう経験は貴重ですね。

「自分も元々センスがすごいあるわけじゃないんで、センスがあって、すぐに活躍している人に対していいなぁと思う時あります。でも自分が、“わ、結果出た”って思った経験があったので、ダメかもしれないって思っている人たちに、『それ、私もそれ同じだったよ』って伝えたいです!」

【プロフィール】
浅倉カンナ(あさくら・かんな)
1997年10月12日生まれ。158cm。49kgパラエストラ松戸所属。千葉県出身。
幼稚園年少からレスリングを始め、小学校高学年で『東京ゴールドキッズ』へ移籍。全国大会優勝や、国際大会出場等の活躍を収める。高校1年の時、レスリングと高校を同時に辞め、目標を見失っていた時に総合格闘技と出会う。2014年、デビュー戦で初勝利。パンクラスやDEEPを経て16年RIZIN初参戦を果たす。17年の女子グランプリで決勝進出し、憧れだったRENAを倒し優勝した。21年3月、RIZIN.27スーパーアトム級タイトルマッチで女王・浜崎朱加に挑戦。1−2の判定で敗れたものの、中盤からの巻き返しに観客は沸いた。現在P&G『パンテーン PRO-V ミセラシリーズ』のCMに出演中。

文●保坂明美(THE DIGEST編集部)

関連記事(外部サイト)