「彼はプレーオフで失敗した」シュルーダーとの再契約にマジックが難色…「勝者のメンタリティを持ち込めるのか?」<DUNKSHOOT>

「彼はプレーオフで失敗した」シュルーダーとの再契約にマジックが難色…「勝者のメンタリティを持ち込めるのか?」<DUNKSHOOT>

レイカーズのレジェンドOBマジック(右)は、サンズとのシリーズで不発だったシュルーダー(左)との再契約に否定的だ。(C)Getty Images

6月3日(日本時間4日、日付は以下同)に行なわれた試合で、ロサンゼルス・レイカーズはフェニックス・サンズの前に100-113と完敗を喫し、2勝4敗でプレーオフ・ファーストラウンド敗退を喫した。

 ポストシーズン開幕前の下馬評では、連覇を目指すレイカーズが優勢という様相だったものの、アンソニー・デイビスがシリーズ中に鼠径部を痛めたことで戦力ダウン。レブロン・ジェームズもベストコンディションとは呼べないパフォーマンスとなり、サンズの前に連覇の夢を打ち砕かれることとなった。

 そして今季からレイカーズへ加入し、先発ガードを務めたデニス・シュルーダーは、プレーオフで平均14.3点、3.0リバウンド、2.8アシスト、フィールドゴール成功率40.0%、3ポイント成功率30.8%と不完全燃焼な結果に。今季終了後に完全FA(フリーエージェント)となるスコアリングガードは、今年3月に4年約8400万ドル(約91億5600万円)の延長契約締結を拒否し、FA市場に参戦する意向を示していただけに、今プレーオフでの不振は契約に影響を及ぼしそうだ。
 「僕はこれからも長い期間、レイカーでありたい」と3月に話していたことから、シュルーダーがレイカーズとの再契約に前向きと見ることはできる。電光石火のドライブから得点を量産するだけでなく、身体を投げ出し攻守両面で見せるハッスルプレーも魅力な27歳のポイントガードが、好選手であることは間違いない。

 しかしそんな矢先、レイカーズで5度の優勝を誇るレジェンドOBのマジック・ジョンソンが持論を展開。6月4日、『AM 570 in Los Angeles』のインタビューでマジックは「私は彼がレイカーだとは思わない」と切り出し、こう続けた。

「もちろん、これはあくまで私の意見だ。(今オフに)彼ら(レイカーズ)が再契約して彼(シュルーダー)が戻ってくるのかはわからない。それに彼があのチームが必要とする勝者のメンタリティと姿勢を持ち込んでくれるか、私にはわからないね」
  レイカーズには数多くの名だたるOBがおり、元オールスターや優勝メンバーの数を挙げればキリがない。だが、マジックはレイカーズ史上トップ5、それどころかNBA史上においても10本の指に入るほどのスーパースター。かつて球団社長も務めていただけに、その影響力は絶大だ。

 そのマジックは「彼にはあのシリーズで活躍するチャンスがあった。だが私からすれば、彼はあのシリーズで失敗してしまったんだ」と厳しい評価を与えていた。
  今夏、レイカーズはシュルーダーのほか、アレックス・カルーソ、アンドレ・ドラモンド、ウェスリー・マシューズ、マーキーフ・モリス、タレン・ホルトン・タッカーが完全FA、モントレズ・ハレルの来季契約がプレーヤーオプションとなるため、昨オフに続いてロースター変更を余儀なくされている。

 そうしたなか、レイカーズはシュルーダーへ高額契約を提示し、再び先発ガードの座を託すのだろうか。レブロンとデイビスという超強力タッグの周囲に、チームが誰を配置するのか注目だ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?