「最後のラップが悔しい」角田裕毅、自己最高7位も満足感なし。同僚ガスリーは「本当に良いレースをした」と賛辞

「最後のラップが悔しい」角田裕毅、自己最高7位も満足感なし。同僚ガスリーは「本当に良いレースをした」と賛辞

アゼルバイジャンGPは7位でポイントを獲得した角田。同僚のガスリーは3位と、チームとして大きな成果を残した。(C)Getty Images

F1第6戦アゼルバイジャン・グランプリの決勝が6月17日、同国の首都バクーの市街地コースで開催され、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は7位でフィニッシュ。開幕戦バーレーンGP以来のポイント獲得を果たした。

【PHOTO】歴代の名車がすらり!!F1世界選手権で成功を収めたマシンを一挙に紹介!!

 予選でF1での最高順位となる7番手につけ、決勝への期待が高まっていたルーキーは、スタートで順位をひとつ落とすも、序盤のうちに回復し、さらに終盤は前を行くシャルル・ルクレールに迫りつつあったが、マックス・フェルスタッペンのクラッシュでレースは赤旗中断。スタンディングスタートによる再開後、ランド・ノリス、フェルナンド・アロンソの追い越しを許し、7位でチェッカーを受けた。

 グリッドの順位を守り、6ポイントを獲得(通算8ポイント)した角田だったが、やはりリスタート後に順位を落とした悔しさの方が大きく、F1公式のインタビューではレース全体をポジティブなものだったと認めながらも、「本当に怒っている」と正直な気持ちを表わし、チームの公式サイトでも、予選同様に複雑な心の内を明かした。
 「今週末はマシンのペースが良かっただけに、今日の最終結果には少し不満を感じています。レースのスタートは問題なかったし、赤旗が出るまでは、僕のパフォーマンスはとても良かったと思います。残念ながら、最後に2つ順位を落としてしまいました。何か違うことができたのかは分かりませんが、今夜全てを分析し、現状をより良く理解できるようにします。ただ、7位 はチームにとって重要なポイントを意味します」

 さらに自身のSNSでも「赤旗の後、良いポジションにマシンを持っていくことができませんでした。レース全体を見ればポジティブに思えるのですが、最後のラップが悔しいです」と綴るなど、満足とは程遠いことを窺わせたが、「表彰台(3位)を獲得したピエール(・ガスリー)におめでとうと言いたい。チームはそれに値するし、素晴らしい結果でした」とチームメイトを祝福し、アルファタウリの働きを称えることも忘れなかった。
  そんな21歳の日本人ドライバーについて、予選ではクラッシュを喫したことに対して「リスクを考えずに突っ込み過ぎるところがあり、限界点を知る必要がある」(『F1MAXIMAAL.NL』より)と苦言を呈していたチーム代表のフランツ・トストも、「素晴らしい7位フィニッシュ。(ガスリーとともに)ピットストップから戦略に至るまで、本当に良い仕事をした」と称賛している。

 盤石だったフェルスタッペンのリタイヤというショックを、セルジオ・ペレスの今季初優勝によって癒されたホンダの田辺豊治テクニカルディレクター(TD)は、アルファタウリの躍進にも満足感を示し、角田については「見事7位に返り咲いた」と喜びのコメント。本橋正充・副TDも「今週末、ユウキは良い仕事をした。初めてのバクーで、セッションごとに進歩を遂げた。これまで厳しい週末を過ごしてきたが、改善するために懸命に働いた」と賛辞を贈った(ホンダ・レーシング公式サイトより)。
  エンジントラブルを抱えながらも、リスタート後はルクレールとの凄まじいバトルを制して、初優勝を飾った昨季イタリアGP以来となる表彰台を達成したガスリーは、「信じられないほどの週末」と喜びを語るとともに、「チームとして多くのポイントを獲得できたことは、とても良かった。ユウキはとても良いレースをしてくれた。今回はチームの全員がファンタスティックな仕事を果たした。今夜、みんなで祝えたらいいね」とチームメイトを称えた(『planetf1』より)。

 予選でのクラッシュ、2度とも順位を落としたスタートと、課題は残したものの、それ以上に多くの収穫を得られたレースだったと言えよう。今GP前に話題となった「イタリア移住」の効果が早くも表われる形となったが(アルファタウリもSNSでそれを指摘)、2週間の休息・準備の後、フランスGP(ポール・リカールは走行経験あり)ではさらなる進化を見せてくれるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連動画】アゼルバイジャンGPで2強がまさかの…フェルスタッペンのクラッシュ、ハミルトンのコースアウトの様子

関連記事(外部サイト)