殿堂入り選手ボッシュ、天才児アンダーソン&マーブリーを輩出したジョージア工科大の最強布陣は?<DUNKSHOOT>

殿堂入り選手ボッシュ、天才児アンダーソン&マーブリーを輩出したジョージア工科大の最強布陣は?<DUNKSHOOT>

ジョージア工科大は、同大初の殿堂入り選手ボッシュ(右)、スターガードのマーブリー、実力派ロールプレーヤーのヤング(左下)を輩出した。(C)Getty Images

1910年に創設され、NBA(1946年)より古い歴史を持つNCAA(全米大学体育協会)は、プロを目指す若手選手たちにとってNBA入りの“王道ルート”であり、時代を問わず何人ものスーパースターを送り出してきた。

 では、カレッジとNBAで実績を残した選手を対象に、大学別に最強メンバーを選出した場合、どんな顔ぶれになるのか。『THE DIGEST』では、双方に精通する識者に依頼し、各大学のベストメンバーを選んでもらった。

 今回はNCAA優勝こそないが、90年代はケニー・アンダーソンやステフォン・マーブリーといったスコアリングガード、2000年以降ではクリス・ボッシュ、サディアス・ヤングら走れるビッグマンまで、ポジションを問わず確かな能力を備えた実力者をNBAに送り込んでいるジョージア工科大編をお届けする。
 【ポイントガード】
マーク・プライス
1964年2月15日生。183センチ・77キロ
カレッジ成績:126試合、平均17.4点、2.6リバウンド、4.0アシスト
NBA成績:722試合、平均15.2点、2.6リバウンド、6.7アシスト

 ジョージア工科大ОBで、最初にNBAのスターとなったのがプライスだった。大学では1年生でカンファレンス得点王となり、オールカンファレンスチームにも4年連続で選ばれた実力者だった。ところが180センチしかない低身長が敬遠されたか、1986年のドラフトでは同級生のジョン・サリーが11位だったのに対し、2巡目の25位に甘んじた。

 それでもクリーブランド・キャバリアーズに入団すると、正確なロングシュートと優れたパスセンスですぐ頭角を現す。特にフリースローの確率が高く、92-93シーズンの94.8%を最高として3度リーグ1位。通算90.4%も、引退した選手ではスティーブ・ナッシュに0.04%差で2位だった。アシストもトップ10に5度食い込んでいる。

 オールスターは本戦に4回出場、3ポイントコンテストでは2度優勝。94年の世界選手権「ドリームチームⅡ」のメンバーでもあったが、ケガの多さが玉にキズだった。引退後はアシスタントコーチとして母校に戻っている。
 【シューティングガード】
ステフォン・マーブリー
1977年2月20日生。188センチ・82キロ
カレッジ成績:36試合、平均18.9点、3.1リバウンド、4.5アシスト
NBA成績:846試合、平均19.3点、3.0リバウンド、7.6アシスト

 キャリア平均のアシスト数はプライスより多いが、選手としてのタイプは明らかにスコアラー寄り。平均19.3点もクリス・ボッシュを0.1点上回り、ジョージア工科大出身者で1位とあってSGで選出した。

 ニューヨークのプレーグラウンドでテクニックを磨き、大学でもカンファレンスの新人王に輝くと、1年在学しただけで96年のドラフトにエントリー。ミルウォーキー・バックスに4位指名され、レイ・アレンとの交換トレードでミネソタ・ティンバーウルブズに加わった。

 すぐにスター選手の仲間入りを果たすも、ケビン・ガーネットの陰に隠れるのを良しとせず、3年目の途中にニュージャージー(現ブルックリン)・ネッツへ移籍。以後7年連続平均20点以上と自慢の得点力を発揮した。しかしながらチームプレーが不得手でどの球団でも長続きせず、NBAでプレーしたのは31歳が最後。その後は中国のCBAでスーパースターとして活躍し、絶大な人気を得て永住権まで取得した。
 【スモールフォワード】
デニス・スコット
1968年9月5日生。203センチ・103キロ
カレッジ成績:99試合、平均21.4点、5.3リバウンド、2.9アシスト
NBA成績:629試合、平均12.9点、2.8リバウンド、2.1アシスト

 ジョージア工科大が初めてNCAAトーナメントのファイナル4に進出した90年、エースとして年間平均27.7点、今も学校記録として残る年間970点を荒稼ぎ。そのシュート力はNBAでも十分に通用した。90年にドラフト4位でオーランド・マジックに入団し、平均15.7点でオール・ルーキー1stチーム入り。

 コーナーからの3ポイントを得意とし、95-96シーズンには267本を命中させる。前年から3ポイントラインが短くなっていたこともあったが、それまでの記録を50本も更新する破格の数字で、10年後にレイ・アレンが塗り替えるまで1位の座にあった。同年4月18日の1試合11本成功も、03年にコビー・ブライアントに破られるまでの最多記録だった。

 マジックではシャキール・オニール、アンファニー“ペニー”ハーダウェイに次ぐ第3の得点源として活躍を続けていたが、守備は「死体すらガードできない」と評されたレベル。97年にマジックからダラス・マーベリックスへトレードされて以降は急速に成績が下降した。
 【パワーフォワード】
サディアス・ヤング
1988年6月21日生。203センチ・107キロ
カレッジ成績:31試合、平均14.4点、4.9リバウンド、2.0アシスト
NBA成績:1033試合、平均13.1点、5.9リバウンド、1.8アシスト

 スター選手扱いされたことはなくとも、これほど毎年安定した成績を残している選手も珍しい。それは所属するチームの方針や戦術に、プレースタイルを自在に順応させられる特異な資質の持ち主であるからだ。07年にドラフト12位でフィラデルフィア・セブンティシクサーズに入団、2年目には平均15.3点をマーク。

 もっとも、その後この点数を超えたのは13-14シーズン(17.9点)の一度きりだった。その代わりシカゴ・ブルズに在籍した今季も12.1点で、13年間も2桁を継続している。守備でもネッツでプレーした15-16シーズンは9.0リバウンド、またスティールが得意で13-14シーズンはリーグ3位の平均2.1本。通算1481本は史上50位にランクされている。

 こうした数字には残らないヘルプディフェンスの能力も評価されていて、今季はジョージア工科大出身者で初めてとなる1000試合出場を達成した。その汎用性の高さから、40代になってもプレーできるだろうと見る向きもある。
 【センター】
クリス・ボッシュ
1984年3月24日生。211センチ・107キロ
カレッジ成績:31試合、平均15.6点、9.0リバウンド、1.2アシスト
NBA成績:893試合、平均19.2点、8.5リバウンド、2.0アシスト

 ジョージア工科大のOBで、唯一殿堂入りしているNBA選手がボッシュだ。レブロン・ジェームズやドゥエイン・ウェイドが指名された大豊作の03年ドラフトで、トロント・ラプターズから4位で指名され入団。

 3年目の05-06シーズンに平均22.5点でオールスターに選ばれると、以後11年連続で出場。09-10シーズンに自己ベストの24.0点、10.8リバウンドを記録したが、同年オフにFAになると同期生で仲良しのレブロン、ウェイドとスーパーチームを結成するためマイアミ・ヒートへ移籍した。

 新天地での序列は3番手とあって、ラプターズ時代に比べて個人成績は低下したものの、12、13年に2年連続で優勝を経験した。08年の北京五輪でもレブロン、ウェイドとともに金メダルに輝いているが、個人タイトルの獲得経験はなく、オールNBA選出も07年セカンドチームの一度だけだった。肺血栓のため、トップクラスの実力を維持していながらNBAでプレーしたのは31歳が最後だった。
 【シックスマン】
ケニー・アンダーソン
1970年10月9日生。183センチ・77キロ
カレッジ成績:65試合、平均23.0点、5.6リバウンド、7.0アシスト
NBA成績:858試合、平均12.6点、3.1リバウンド、6.1アシスト

 現役のデリック・フェイバーズ(ユタ・ジャズ)やマット・ハープリングも候補だが、通算アシストとスティールでジョージア工科大OBの2位に入っているアンダーソンを選ぶのが妥当だろう。
  マーブリーと同様にニューヨークのプレーグラウンドで名を馳せ、高校でもカリーム・アブドゥル・ジャバー以来となる4度のオールアメリカンに選ばれた天才児。大学でも攻撃型PGとして2年生時に平均25.9点を記録、91年のドラフトでは同大出身者の最高位となる2位でネッツに加入した。3年目には平均18.8点、切れ味鋭いドリブルと華麗なパスワークで9.6アシスト(4位)を繰り出し、オールスターに出場。翌年も2位の9.4アシストと、リーグを代表する若手PGとして成長を続けていた。

 だが「もっと真剣に取り組んでいたら偉大な選手になっていたかも」と自ら認める慢心もあって、その後は頭打ちとなる。ネッツを離れてからは10年間で8チームを渡り歩くジャーニーマンと化した。

文●出野哲也

【PHOTO】レブロン級の逸材!スロベニアが生んだ若き天才、ルカ・ドンチッチの厳選フォト集!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?