東京五輪のアメリカ代表メンバーはどうなる?カリーの出場は五分五分、レブロン&デイビスは……<DUNKSHOOT>

東京五輪のアメリカ代表メンバーはどうなる?カリーの出場は五分五分、レブロン&デイビスは……<DUNKSHOOT>

今季リーグ得点王のカリーの出場は五分五分、リラードは関心を示す一方で、レイカーズのレブロン&デイビスは出場辞退が予想されている。(C)Getty Images

6月6日(日本時間7日、日付は以下同)。プレーオフ・ファーストラウンドでロサンゼルス・クリッパーズがダラス・マーベリックスを下し、シリーズ4勝目(3敗)をあげたことで、今季の優勝チームは8に絞られた。

 今後プレーオフは各カンファレンスの準決勝、決勝が行なわれ、NBAファイナルを経て今季のチャンピオンが決定する。もしファイナルが第7戦までもつれた場合、7月22日まで試合が行なわれることとなる。

 その一方、クリッパーズに敗れたマブズのルカ・ドンチッチは、オフシーズンを返上して今月末から幕を開けるオリンピック最終予選(OQT)に、スロベニア代表として参戦することを明言。

 東京オリンピックの男子バスケットボールは、7月25日から8月7日(いずれも日本時間)に開催されるが、現時点で出場が決まっているのは開催国の日本をはじめ、アメリカ大陸のアメリカとアルゼンチン、ヨーロッパのスペインとフランス、アフリカのナイジェリア、アジアのイラン、オセアニアのオーストラリアの計8か国。

 残り4枠の出場権をかけて、スロベニアをはじめ、セルビアやギリシャ、カナダ、チェコ共和国、トルコといった強豪国がOQTで激突することとなる。
  とはいえ、オリンピックの優勝候補最右翼はもちろんアメリカだ。19年のFIBAワールドカップこそ7位に終わったものの、ベストメンバーには程遠い布陣だった。オリンピックではNBAのスター軍団を送り込んでおり、現在3連覇中である。

 ただ、ロサンゼルス・レイカーズが誇るレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスというスーパースターデュオは今季ケガのため不本意なシーズンを送ったことで出場辞退が濃厚と「The Athletic」が報道している。

 特にレブロンという世界的なスーパースターが出場しないことは残念だが、同メディアはによれば、リーグ最高級のスコアリングガードとして知られるステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)が五分五分、デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)は出場に向けて強い関心を示しているという。

 世界最高のリーグで平均30点を残すほどの得点力を誇る両者がもしオリンピックでプレーすることとなれば、いずれもキャリア初となるだけに、大きな注目を集めることになるだろう。
  といっても、現段階で出場をコミットしている選手は皆無に等しい。新型コロナウイルスの感染拡大防止策としてワクチン接種が進んでいるものの、世界の国と地域が集結するだけに、新たな変異株が猛威を振るってしまう恐れもあり、日本では開催の有無について相変わらずグレーのままで、延期論まで出ている。

 もし開催となった場合も、オフシーズンの休暇と家族との時間を犠牲にしてスター選手が出場するかは微妙。それにNBAファイナルまで進出した場合、そのチームに所属する選手たちは約1週間後に国際大会へ臨むだけに、出場辞退する可能性があることは否定できない。

 そのため、プレーオフに出場できずにレギュラーシーズンで今季を終えた選手、あるいはプレーオフ1回戦あるいはカンファレンス・セミファイナルで敗退するチームの選手たちで構成するというのが現実的なシナリオか。
  もっとも、今年3月にUSAバスケットボールが発表した計57名のロースター最終候補のうち、今季プレーオフ1回戦終了時点で今季を終えた選手たちも豪華そのもの。

 ガードではカリーとリラード以外にもブラッドリー・ビールとラッセル・ウエストブルック(ワシントン・ウィザーズ)、ザック・ラビーン(シカゴ・ブルズ)、フォワードにはジミー・バトラー(マイアミ・ヒート)、ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)、ジュリアス・ランドル(ニューヨーク・ニックス)、ザイオン・ウィリアムソン(ニューオリンズ・ペリカンズ)、センターにもバム・アデバヨ(ヒート)やモントレズ・ハレル、アンドレ・ドラモンド(レイカーズ)がいるからだ。

 はたして、バスケ王国は来月から幕を開ける東京オリンピックにどのような選手たちを送り込んでくるのか。プレーオフの行方とともに、注目していきたい。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】プレーでもルックスでもファンを魅了!NBA史上最高のシューター、ステフィン・カリーの厳選ショット!
 

関連記事(外部サイト)