「彼は今でも世界最高の選手」アデトクンボがデュラントを称賛!名物ジャーナリストは「NYで最も偉大」<DUNKSHOOT>

「彼は今でも世界最高の選手」アデトクンボがデュラントを称賛!名物ジャーナリストは「NYで最も偉大」<DUNKSHOOT>

チームは惜敗したものの、デュラントはバックスとのシリーズで平均35.4点、10.6リバウンド、5.4アシストと超人的なパフォーマンスを見せた。(C)Getty Images

ブルックリン・ネッツは、6月19日(日本時間20日)に行なわれたミルウォーキー・バックスとのカンファレンス準決勝第7戦でオーバータイムの末に111−115で敗れ、今シーズンの戦いを終了した。

 右足首負傷のカイリー・アービングを欠くなか、ケビン・デュラントは53分間フル出場し、プレーオフ第7戦の記録としては史上最多となる48得点をマーク。改めて、歴代トップクラスの選手だと称賛が寄せられている。

 2007年のドラフト1巡目2位指名でNBA入りしたデュラントは、ルーキーイヤーからシアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)の中心選手として活躍。09−10シーズンに史上最年少で得点王(平均30.1点)に輝くと、史上7人目となる3年連続得点王の快挙も成し遂げた。

 16年に移籍したゴールデンステイト・ウォリアーズではステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンとともに強力カルテットを形成し、2連覇&2年連続ファイナルMVP受賞と、自身に唯一欠けていたリーグタイトルを手にした。

 押しも押されもせぬスーパースターを悲劇が襲ったのは、19年のNBAファイナル第5戦。右足アキレス腱断裂の重傷を負い、全盛期に1年以上も実戦から離れることを余儀なくされてしまう。そのなかで、ネッツ移籍2年目の今季は「デュラントここにあり」を再び示したシーズンだった。
  左ハムストリングを痛めてオールスター前後に約2か月戦列を離れたが、35試合に出場して平均26.9点、7.1リバウンド、5.6アシスト、フィールドゴール成功率53.7%、3ポイント成功率45.0%を記録。フィラデルフィア・セブンティシクサーズに続く、イースタン・カンファレンス第2シード獲得の原動力となった。

 そして、プレーオフ1回戦でボストン・セルティックスを破り、強豪バックスと激突したカンファレンス準決勝は圧巻だった。2勝2敗で迎えた第5戦で49得点、17リバウンド、10アシストと、NBAのポストシーズン史上初めて45得点、15リバウンド、10アシスト以上を奪取。

 さらに、運命の第7戦ではジェームズ・ハーデンとともにオーバータイムも含めて1分も休むことなくコートに立ち続け、プレーオフ第7戦で史上最多となる48得点(1963年のサム・ジョーンズ、1988年のドミニク・ウィルキンスが記録した47得点を更新)を叩き出した。最終的に敗退を喫したとはいえ、第4クォーター残り1.6秒で決めた同点ショットが、ラインを踏まずに3ポイントになっていれば、激闘を制するヒーローとなっていた。
  バックス不動のエースであるヤニス・アデトクンボは、試合直後のコート上インタビューで「数日前、僕は彼が世界でベストプレーヤーだと言った。彼は今でも世界最高の選手だ」と、シリーズ第5戦時に続き、デュラントを“世界最高”と称した。

 また、名物スポーツジャーナリストのスティーブン・A・スミス氏は『ESPN』の番組"First Take"で、デュラントがニューヨーク界隈のチームに所属する選手で“歴代ベスト”だと持論を展開している。
 「ケビン・デュラントはニューヨークの歴史で最も偉大なプレーヤーだ。1971年のウォルト・フレイジャーでも、パトリック・ユーイングでも、カーメロ・アンソニーでもない。ケビン・デュラントがバスケットボールの街ニューヨークを象徴するベストプレーヤーだ。疑いの余地は一切ない。何よりヤニスがKDをベストプレーヤーと称している」

 第7戦のオーバータイム残り0.3秒、デュラントがドリュー・ホリデーの厳しいマークを受けながら狙った同点ジャンパーはエアボールとなり、ネッツは敗れた。それでも、アキレス腱断裂から復活したシーズンで、ヒザに手を当てるほど疲弊しながら、エースとして最後までコートで戦う姿は間違いなく、“神様”マイケル・ジョーダンや英雄コビー・ブライアント、“キング”レブロン・ジェームズに匹敵するものだったと言っても過言ではないはずだ。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】”天才スコアラー”ケビン・デュラントの厳選ショット!
 

関連記事(外部サイト)