シュルーダーらNBA組参加のドイツより、母国開催のクロアチアが優勢?【五輪最終予選プレビュー|PART. 2】<DUNKSHOOT>

シュルーダーらNBA組参加のドイツより、母国開催のクロアチアが優勢?【五輪最終予選プレビュー|PART. 2】<DUNKSHOOT>

このグループは、ボグダノビッチ(左)とシュルーダー(右)というNBA選手が中心のクロアチアとドイツの争いが予想されている。(C)Getty Images

6月29日から7月4日にかけて、カナダのビクトリア、クロアチアのスプリト、リトアニアのカウナス、そしてセルビアのベオグラードの4都市で、東京オリンピックの男子バスケットボール最終予選が行なわれる。

 オリンピックの出場枠は全部で12。ホスト国の日本と、2019年のFIBAワールドカップ(W杯)から7か国がすでに自動的に出場権を得ていて、今回の最終予選で、ラスト4枠を決める。

 この最終予選に参加できるのは、ワールドカップで出場権を得た7か国(スペイン、アルゼンチン、フランス、オーストラリア、アメリカ、ナイジェリア、イラン)を除いた上位16か国と、アメリカ、アフリカ、ヨーロッパ、アジア&オセアニアの各大陸からワイルドカード枠をゲットした2か国ずつの、計24か国。ただしワールドカップを19位で終えてこの最終予選に出場資格のあったニュージーランドは、連盟の方針で辞退したため、代わって次回のワールドカップ主催国でもあるフィリピンが選ばれた。

 それぞれの会場では、6チームが、グループAとBの2つに分かれて総当たり戦を行ない、各グループの上位2チームがセミファイナルに進出。勝者が東京行きを賭けた決勝戦に挑む。

 つまり、オリンピック出場権を得るのは、各会場から1チームのみだ。

 欧州でも特にバスケ熱が盛んなリトアニアとセルビアが自国で戦うという大きなアドバンテージはあるが、どのグループも「勝ち抜けは間違いなくここ」という一頭レースにはなりそうにない、混戦が予想される。

 ここでは、グループごとに最終予選の見どころをチェックする。今回はクロアチア会場。同グループには現役バリバリのNBA選手が参戦する母国開催のクロアチアやドイツが名を連ねている。
 ■グループA 会場:スプリト(クロアチア)
ドイツ(18位)
ロシア(12位)
メキシコ(アメリカ大陸 ワイルドカード枠)
※カッコ内は19年W杯での順位

 グループAは、勝ち星を分け合いそうな気配。ロシアは、アンドレイ・キリレンコら傑出したリーダーに率いられて欧州の頂点に立った時代を経て、現在は平均的に力のある選手が揃う全員バスケットのチームだ。国内リーグでプレーしている選手が中心で調和は取れている一方で、チームナンバー1シューターのアレクセイ・シュベドが不参加なのが残念だ。

 ドイツは、直近の国際試合だった22年のユーロ予選では、ホスト国で出場権があったことも影響してか、6戦で1勝5敗、グループ最下位という成績で終えている。しかしロサンゼルス・レイカーズの司令塔デニス・シュルーダーと、オーランド・マジックのセンター、モリッツ・ヴァグナーのNBA組が加入する今予選では、まったく別の顔を出してきそうだ。

 この両者が初戦で対決する相手、中米の雄メキシコは、13年のアメリカップに優勝した元NBA選手のグスタボ・アヨンらの黄金世代が終焉の時期を迎えている。ロシアとドイツがともにメキシコに勝利を収めた場合は、3試合目の直接対決は、セミファイナルの組み合わせがかかった順位決定戦となる。
 ■グループB
チュニジア(20位)
クロアチア(ヨーロッパ大陸 ワイルドカード枠)
ブラジル(13位)
※カッコ内は19年W杯での順位

 NBA組参加で戦力アップしているドイツだが、同グループは前回のリオ大会も最終予選を経て出場し、8強入りしている地元のクロアチアが優勢な気配だ。彼らは19年のW杯出場を逃すという屈辱を味わっているだけに、今回の五輪出場に賭ける意気込みは相当強い。

 リオ五輪で大会得点王(平均25.3点)に輝いたボーヤン・ボグダノビッチ(ユタ・ジャズ)が、今回の最終予選でもチームのエース格だ。さらにダリオ・シャリッチ(フェニックス・サンズ)や、デビュー2年目の21歳のパワーフォワード、ルカ・サマニッチ(サンアントニオ・スパーズ)らもロースター入りしているが、シャリッチはNBAでプレーオフを戦っているため、出場は難しいだろう。

 彼らにとって最大のライバルは、同じグループBのブラジルだ。今季クリーブランド・キャバリアーズに復帰したビッグマンのアンダーソン・ヴァレジャオは依然としてチームの大黒柱。国内リーグで活躍している22歳のガード、ヤゴ・ドス・サントスといった次世代のスター候補生もいる。
  そして何の因果か、チームを率いるのは、5年前の五輪最終予選でクロアチアをリオに導いたアレクサンダー・ペトロビッチだ。クロアチア代表のキャラクターを知り尽くし、さらに予選の勝ち方を知っている指揮官の存在は、ブラジルにとって追い風となるだろう。

 両者と対戦するチュニジアは、ここ数年でアフリカ大陸の強豪へと躍進。平均25歳と若いチームで挑むこの大会は、経験値を積む機会と捉えているようだ。

 この会場の勝者は、五輪でオーストラリアとナイジェリアが同居するグループBに加わる。(PART.3に続く)

文●小川由紀子

【PHOTO】レブロン級の逸材!スロベニアが生んだ若き天才、ルカ・ドンチッチの厳選フォト特集!

関連記事(外部サイト)