ヨキッチ不在も必勝モードのセルビア。イタリアは番狂わせを起こせるか?【五輪最終予選プレビュー|PART. 4】<DUNKSHOOT>

ヨキッチ不在も必勝モードのセルビア。イタリアは番狂わせを起こせるか?【五輪最終予選プレビュー|PART. 4】<DUNKSHOOT>

大黒柱のヨキッチは不参加も、戦力は充実しているセルビア。司令塔のテオドシッチを中心に2大会連続の五輪出場を狙う。(C)Getty Images

6月29日から7月4日にかけて、カナダのビクトリア、クロアチアのスプリト、リトアニアのカウナス、そしてセルビアのベオグラードの4都市で、東京オリンピックの男子バスケットボール最終予選が行なわれる。

 オリンピックの出場枠は全部で12。ホスト国の日本と、2019年のFIBAワールドカップ(W杯)から7か国がすでに自動的に出場権を得ていて、今回の最終予選で、ラスト4枠を決める。

 この最終予選に参加できるのは、ワールドカップで出場権を得た7か国(スペイン、アルゼンチン、フランス、オーストラリア、アメリカ、ナイジェリア、イラン)を除いた上位16か国と、アメリカ、アフリカ、ヨーロッパ、アジア&オセアニアの各大陸からワイルドカード枠をゲットした2か国ずつの、計24か国。ただしワールドカップを19位で終えてこの最終予選に出場資格のあったニュージーランドは、連盟の方針で辞退したため、代わって次回のワールドカップ主催国でもあるフィリピンが選ばれた。

 それぞれの会場では、6チームが、グループAとBの2つに分かれて総当たり戦を行ない、各グループの上位2チームがセミファイナルに進出。勝者が東京行きを賭けた決勝戦に挑む。

 つまり、オリンピック出場権を得るのは、各会場から1チームのみだ。

 欧州でも特にバスケ熱が盛んなリトアニアとセルビアが自国で戦うという大きなアドバンテージはあるが、どのグループも「勝ち抜けは間違いなくここ」という一頭レースにはなりそうにない、混戦が予想される。

 ここでは、グループごとに最終予選の見どころをチェックする。最後はセルビア会場。地元開催のセルビアは大黒柱のニコラ・ヨキッチは不参加だが、ネマニャ・ビエリツァやミロシュ・テオドシッチなど、依然として戦力は充実している。
 ■グループA 会場:ベオグラード(セルビア)
ドミニカ共和国(16位)
フィリピン(アジア大陸 ワイルドカード枠)
セルビア(5位)
※カッコ内は19年W杯での順位

 セルビア会場では、地元セルビアがすでに必勝モードだ。今季NBAでMVPに輝いたデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチは、プレーオフ敗退後「非常に残念だが自分の身体にはしばらく休養が必要」と、予選通過した場合でもオリンピックには出場しない意思を発表した。
  ロースター入りしている代表のエース、ボグダン・ボグダノビッチは、所属するアトランタ・ホークスがカンファレンス・ファイナルに勝ち進んでいるから、出場は厳しいかもしれないが、アナドール・エフェスでユーロリーグに優勝し、ファイナル4のMVPにも選ばれたコンボガードのヴァシリエ・ミチッチや、ネマニャ・ビエリツァ(マイアミ・ヒート)、そしてイタリアのボローニャでMVPの活躍を見せたミロシュ・テオドシッチなど、役者は揃っている。

 そして今大会で注目を集めそうなのは、今年のNBAドラフト指名候補にも挙がっている21歳のセンター、フィリップ・ペトルセフだ。ゴンザガ大を2年で中退し、今季ヨキッチの古巣であるメガ・バスケットに入団すると、アドリア海リーグでいきなりシーズン得点王(平均23.7点)に輝き、MVPも手にするなどセンセーショナルなプロデビューを飾った。
 ■グループB
プエルトリコ(15位)
イタリア(10位)
セネガル(アフリカ大陸 ワイルドカード枠)
※カッコ内は19年W杯での順位

 セルビアがドミニカ共和国とフィリピンに敗れることはまずないとして、決勝戦の相手はイタリアが濃厚か。今大会の代表は、今季国内チャンピオンでユーロカップではセミファイナルまで19連勝をマークしたボローニャと、ユーロリーグファイナル4に進出したオリンピア・ミラノのメンバーが中心。

 ただ、元NBA選手のマルコ・ベリネッリは、今大会は休息を取りたいことを理由に代表メンバーには加わっていない。また、彼らが初戦で対戦するセネガルには、今季のユーロリーグのスティール王(平均1.74)でもあるアメリカ人のピエリア・アンリが加わった。28歳のコンボガードは、数日前にようやくパスポートが完成し、今予選が新たな代表国での初陣となる。

 この会場とクロアチア会場の勝者は、五輪でオーストラリア、ナイジェリアとともにグループBへ参戦する。

 3者間の総当たり戦では、初戦の勝敗が大きく影響するため、トーナメントの入り方も非常に重要だ。6日間の短期決戦で、東京行きの最後のチケットを手にするのはどのチームだろうか。

文●小川由紀子

【名場面PHOTO】ジョーダン最後のオールスター、コビー81得点、カーターの豪快ダンク……1999-2019 NBA名場面集

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?