もうひとつの“ドリームチーム”ローマ五輪アメリカ代表。1992年組に並び“最強”と称される男たち【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>

もうひとつの“ドリームチーム”ローマ五輪アメリカ代表。1992年組に並び“最強”と称される男たち【五輪史探訪】<DUNKSHOOT>

ロバートソン(右)、ウエスト(左)らを擁した1960年のアメリカ代表は、初代ドリームチームと並び称されるほどの最強軍団だった。(C)Getty Images

“ドリームチーム”といえば、マイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソンらが名を連ねた初代を連想する方が大半だろう。しかし彼らより以前に、その名を冠するにふさわしい豪華メンバーが集結した代表チームがあったのをご存じだろうか。今回は1960年のローマ五輪、オスカー・ロバートソンやジェリー・ウエストらが描いた金メダルへの軌跡を紹介しよう。

■豪華絢爛な1960年アメリカ代表。補欠にもビッグネームが揃う

 アメリカバスケットボール史におけるオリンピックのベストチームが、1992年のバルセロナ五輪を戦った初代ドリームチームであることに異論はないだろう。マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)、マジック・ジョンソン(元ロサンゼルス・レイカーズ)、ラリー・バード(元ボストン・セルティックス)の3選手を中心に、選ばれた12人中11人が殿堂入りを果たしているだけでなく、チーム単位でも殿堂に迎えられた、まさに最強と呼ぶにふさわしい存在だ。
  だが、チームとして殿堂入りしているのは彼ら以外にもうひとつある。1960年のローマ五輪で金メダルを獲得した代表メンバーで、ドリームチームと同じ2010年に殿堂入り。それはつまり、こういうことを意味している。さしものドリームチームであっても、長い間史上最強と謳われていた1960年のメンバーを差し置いて、先に殿堂入りするわけにはいかなかったのだ。

 1960年のアメリカ代表は、言うまでもなく全員がアマチュア選手。同じ条件で構成されたチームとしては、現在でも最強と言われている。

 12人中9人がのちにNBAへと進み、うち5人は個人としても殿堂入り。共同で代表キャプテンに任命されたオスカー・ロバートソン(シンシナティ大)とジェリー・ウエスト(ウエストバージニア大)、同年の春にNCAAトーナメントで優勝したオハイオ州大のジェリー・ルーカス(元シンシナティ・ロイヤルズ/現サクラメント・キングスほか)、そしてウォルト・ベラミー(インディアナ大→元シカゴ・ゼファーズ/現ワシントン・ウィザーズほか)とボブ・ブーザー(元ブルズほか)がその5人だ。加えてロバートソン、ウエスト、ルーカスは、1996年にNBA史上最高の50人にも選出されている。
  12人の内訳は7人が大学生で、ブーザーを含む4人は大学卒業後に実業団チームでプレー、残るエイドリアン・スミス(元ロイヤルズほか)は陸軍に在籍。ブーザーとアレン・ケリーがピオリア・キャタピラーズ(キャタピラー社所有のチーム)に所属していた以外、みな異なるチームから選抜されていて、代表メンバーがこのような構成になったのは初めてだった。

 それまでは即席チームで息が合わないことがないように、特定の大学や実業団から4~5人を選出していた。大学生が7人抜擢されたのも1948、52年に並び過去最多。しかも補欠にはジョン・ハブリチェック(オハイオ州大→元セルティックス)やレニー・ウィルケンズ(プロビデンス大→元アトランタ・ホークスほか)らが控えており、さらなる豪華戦力となっていた可能性もあったのだ。

 アメリカ選手団の団長には、初めて黒人であるレイファー・ジョンソン(陸上)が選出。カシアス・クレイ(のちのモハメド・アリ/ボクシング)も代表の一員に名を連ねていた。

 選手たちは種目別に飛行機をチャーターしてヨーロッパへ旅立ったが、ロバートソンの回想によると、バスケットボール代表は小さなプロペラ機に全員押し込められ、窮屈な思いをしたらしい。彼はこんな疑問も持っていた。「どうして各種目の選手たちを少しずつ別の便に分けないで、みんな一緒に飛ばしたのだろう。事故に遭ったらどうするつもりだったのかな」と。
  そんな心配も杞憂に終わり、全員が無事に開催地ローマに到着。大会自体は8月25日に開幕し、翌26日からバスケットボール競技がスタートした。

 初日にホスト国イタリアと激突したアメリカは、88-54と34点差をつけて快勝を収めると、翌日の試合では日本を相手に125-66と圧倒。早々に予選ラウンド勝ち抜けを決めた。

 4年後の自国開催に向けて意気の上がっていた日本だったが、イタリアには8点差、スペインにも2点差での惜敗と善戦したものの、結果的には0勝7敗。ブルガリアが大会途中で棄権したため最下位は免れたが、参加16か国中15位に終わった。
  準決勝ラウンドに進出しても、アメリカの快進撃は続く。大会初出場となったユーゴスラビアとの試合では、ゲーム序盤から32-1と一方的に蹂躙し、62点差をつけて大勝。1952、56年大会と連続で銅メダルに輝いている強敵ウルグアイも、108-50とダブルスコアで片付けた。

 同ラウンド最後の相手は、身長218cmの巨人ヤン・クルミンシュを擁するソビエト連邦(ソ連)。この最大の難敵に対して前半終了時こそ7点のリードにとどまったが、後半はフルコートプレスでソ連の攻撃を封じ込み、最初の5分で20点をあげ事実上の決勝戦を制した。

 この大会は最終成績に2次ラウンドの結果と得失点差が持ち越される変則的なシステムだったため、その後行なわれた決勝ラウンドでの米ソ対決はなし。再び相見えたイタリアを112-81で下し、7戦無敗となったアメリカの最終戦の相手は、前年の世界選手権でアメリカを破り優勝していたブラジル(6勝1敗)だった。
  アメリカに28点差以上をつけて勝った場合、ブラジルにも金メダルの可能性があった。しかし迎えた大一番でルーカスが両軍最多の21得点を奪う活躍を見せ、アメリカが27点差で快勝。全8戦の平均得点は101.9点、42.4点差をつける文句なしの優勝だった。

 大会平均17.3点をあげたロバートソンを筆頭に、5選手が2桁得点をマーク。「教科書のようなバスケットボールだった。ボックスアウトにスクリーン、オフボールの動きと的確なパス……。全員が自分の役割をしっかりとこなしていた。大学でプレーするように、1人で33点も取らなくてよかったんだ」と誇らしげに述べたロバートソンが、ウエストともども代表して表彰台に上り金メダルを受け取った。

 そのロバートソンは1960年にロイヤルズに入団し、同シーズンの新人王を受賞。1962年にはベラミー、さらに1963年はテリー・ディッシンガー(元ゼファーズほか)、1964年もルーカスと、ローマ五輪の金メダリストが4年続けて同賞に選出された。
  レイカーズ入りしたウエストは、ロバートソンと長きにわたりライバル関係を構築。ロバートソンが1964年にシーズンMVPを受賞した一方で、ウエストも1969年に制定されたファイナルMVPに史上唯一となる敗戦チームから選出され、のちにNBAロゴのモデルにもなった。

 32年後のドリームチームと自分たちを比べ、ロバートソンは次のように語っている。

「私たちには殿堂入り選手が何人もいたし、彼らもそう。多くの得点をあげたのも同じだし、全員が自身の仕事を果たしていたのも同様だ。成績を見ても両チームは互角だよ」
  世界中に与えた衝撃度という点では、1992年のチームが1960年をはるかに上回っている。けれどもロバートソンやウエスト、ルーカスらが1960~70年代のNBAを盛り上げたからこそ、1980年代以降の隆盛の基礎が築かれたという部分も見落とせない。

 最後に、両者が対戦したらどうなるか?との質問に、ロバートソンはこう返答している。

「勝つのは私たちさ。1992年の連中も同じように思っているだろうけどね」

文●出野哲也(フリーライター)

※『ダンクシュート』2020年1月号原稿に加筆、修正。

【PHOTO】ロッドマン、ジョーダン、アイバーソン、シャック…NBA史に残る偉大なレジェンドたち!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?