「僕らは正しい方向に向かっている」5人が2桁得点のアメリカ代表がアルゼンチン代表を下して待望の初勝利!<DUNKSHOOT>

「僕らは正しい方向に向かっている」5人が2桁得点のアメリカ代表がアルゼンチン代表を下して待望の初勝利!<DUNKSHOOT>

アメリカはデュラント(写真)とビールの17得点を筆頭に、5人が2桁得点をあげ、守備でもアルゼンチンを圧倒。エキシビジョンマッチ初勝利を収めた。(C)Getty Images

7月13日(日本時間14日、日付は以下同)、アメリカ代表は12日のオーストラリア代表戦に続いて、アルゼンチン代表とのエキシビジョンゲームに臨んだ。

 2連戦となったこの日、アメリカはジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)が右ヒザの痛みのため欠場。スターターにはデイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)、ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)、ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)という不動の3人に加え、ザック・ラビーン(シカゴ・ブルズ)とバム・アデバヨ(マイアミ・ヒート)が入った。

 エキシビジョンマッチで2連敗を喫していたアメリカは、この試合ではアデバヨのアリウープダンクを皮切りにデュラントやビール、リラードも順調にショットを成功。開始約5分で2桁リードを手にすると、その後も点差を広げていく。

 アルゼンチンはルイス・スコラやファクンド・カンパッソ(デンバー・ナゲッツ)といったベテランがショットを決めたが、アメリカはディフェンスでも冴えを見せ、108-80でエキシビジョンゲーム初勝利を飾った。
  この試合ではデュラントとビールがそれぞれ17得点、6リバウンド、ラビーンが15得点、5リバウンド、リラードが13得点、4アシスト、アデバヨが12得点、5アシストを記録。さらにはベンチスタートのジェレミー・グラント(デトロイト・ピストンズ)やドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)がディフェンス面でインパクトを残して快勝劇を演出した。

 また、ここまでの2戦で平均7.0点、フィールドゴール38%の平均7.0点と精彩を欠いていたビールが復調したのは良い兆候と言えるだろう。この試合では最初に放ったフィールドゴール4本をすべて決めて波に乗った。

「僕らは危機感が足りないんだと感じた。今日はいいプレーができたと思う。このチームにはまだまだ改善点は多いけど、僕らは正しい方向に向かっているよ」と語ったビールは、3試合を終えてこうも話していた。

「(国際大会は)NBAとは違うことを認識しないといけない。コーチ・ポップ(グレッグ・ポポビッチ)はそのことを毎日、僕らへ改めて強調し続けてくれている。(NBAよりも)すごくフィジカルだし、相手はより賢いんだ。それに5年、いや10年以上も一緒にプレーしてきたチームなんだ。だから相手には経験とケミストリーがあるということ。僕らはそれを短期間で構築しようとしている」
  チームを指揮するポポビッチHCは「我々は(スタミナを)とてもよく持続していたと思う。オーストラリア戦は後半戦に失速してしまったが、いいペースでプレーができ、ディフェンスもよくやっていた。今夜はそれを、試合を通じて続けることができた。この勝利が、チームを上昇させるサインになればいいね」と総括。

 今後アメリカ代表は、16日にオーストラリア代表とのリマッチ、18日にスペイン代表と戦い、東京オリンピックを迎えることとなる。
 「オーバーワークによってケガをしてしまうことを危惧する者もいるが、肝心なのは選手たちがしっかりとしたシェイプでコートへ戻ること。これからも必要なだけハードワークしていくつもりだ」(ポポビッチHC)

 待望の1勝を手にしたアメリカ。それでも彼らが掲げるゴールは予選突破ではなく、大会4連覇と高い位置にある。オリンピック初戦(vsフランス)まで約10日と迫るなか、ポポビッチHCがどこまでチームをまとめ上げることができるか見ものだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】アメリカ代表でもエースを務めるケビン・デュラントの厳選ショット!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?