【NBA秘話】リーグに隆盛をもたらしたデイビッド・スターン――“最後の晴れ舞台”で起きたサプライズ<DUNKSHOOT>

【NBA秘話】リーグに隆盛をもたらしたデイビッド・スターン――“最後の晴れ舞台”で起きたサプライズ<DUNKSHOOT>

最後の晴れ舞台となった2013年のドラフトでは、自ら観客を煽るなど、まるでブーイングされることを楽しんでいるかのようであった。(C) Getty Images

2020年1月1日、前NBAコミッショナーのデイビッド・スターンが不帰の人となった。

 好き嫌いはあるにせよ、彼なくして現在のNBAの隆盛はなかった、それだけは確かな事実である。今回は追悼企画として、この名物コミッショナーの秘話をお届けする。スターンはドラフトで毎年激しいブーイングを浴びせられていたが、それにまつわるストーリーだ。

■NBAを惨状から救い出し現在の隆盛をもたらした

 2015年から18年まで、本誌で『NBAドラフト史』という連載を担当させていただいた。その最終回の結びに、こんな文章を書いている。

“85年から導入されたドラフトロッタリーの起案者であり、80年代以降のドラフトを一大イベントへと成長させた前NBAコミッショナー、デイビッド・スターンの天才的手腕と、なぜ彼がドラフト会場でかくも強烈なブーイングを食らうのか(スターンの登壇最終年となった13年には、自ら観客を煽り、ブーイングを楽しんでいた)など、他にも書きたかったことは山ほどあるが、また何かの機会に紹介できればと思う。”

 そのスターンが、2019年12月12日午後2時前、マンハッタンのミッドタウンにあるフレンチレストランで脳内出血を発症し、搬送先の病院で緊急手術を受けた。そして3週間後の2020年1月1日、不帰の客となる。享年77。
  鬼籍に入るにはまだ早すぎる年齢だが、WHO(世界保健機関)の最新データを調べてみると、アメリカ人男性の平均寿命は76歳。スターンの突然の逝去はもちろん、アメリカ人男性の平均寿命の短さにも驚かされた次第だ。

 スターンがNBAで重ねた功績の数々は、それこそ枚挙に暇がない。彼が成し遂げた改革の詳細については、他のページで紹介されていると思うので割愛させていただくが、一言で言えば“スターンがいなかったら、現在のNBAの隆盛はなかった”、それに尽きるだろう。

 では、彼がコミッショナーに就任した1980年代前半のNBAは、いったいどんな惨状だったのか。また、当時と今では、どれだけ様変わりしたのか。抽象的な表現ではなく、具体的な数字を読み取ることで、NBAの発展ぶりをより実感することができると思う。『ニューヨーク・タイムズ』に掲載された数本の記事から、データをいくつか拾い出してみよう。
 ・1980年代のアメリカでは、まだ白人が黒人主体のスポーツを観ることに抵抗を感じており、平均の観客数は1万人をかろうじて超える程度だった。

・1980年の『ロサンゼルス・タイムズ』のレポートによると、NBA選手の40%~75%がコカインを常用していた。

・1980-81シーズン、全23チームのうち16チームが赤字経営だった。

・1979~81年のNBAファイナルは17試合中7試合が深夜11時30分(東部時間)からの録画放送だった。(『INSIDE HOOPS』によると、CBSが当時払った放映権料は4年で7400万ドル(1年1850万ドル)。

・スターンがコミッショナーを退いた1か月後に、ESPNおよびTNTと新たに結んだ放映権の契約額は、9年240億ドル。スターンは次の契約についても検討を進めていた。

・チャールズ・バークレーが自身の出演するテレビ番組『Inside the NBA』で次のように語った。「俺がNBAに入った当時、選手の平均年俸は20万ドルだった。それが今じゃ、770万ドル。そうなった大きな要因は、彼(スターン)にある」。

・マイケル・ジョーダン1年目の1985年に、ジェリー・ラインズドーフがブルズを買収した時の価格は1600万ドル。2014年、スターンが退いた直後にスティーブ・バルマーがクリッパーズを買い取った際の価格は20億ドル(1985年のブルズの約125倍)。
  いかがだろうか。時代の変化や物価の上昇を考慮しても、この変貌ぶりは驚き以外の何物でもない。すべてがスターンの手腕によるものではないにしろ、もし彼ではなく他の人物がコミッショナーの座に就いていたら、きっと今とは相当違ったNBAが存在していたはずだ。

 NBAにとって、まさしく救世主のような存在であるスターン。その彼が、毎年開催されるNBAドラフトやファイナルのトロフィープレゼンテーションにおいて、観客から鬼のようなブーイングを受けていたことをご存知だろうか。それらはいつしか風物詩と化し、さらには様式美さえ漂うようになり、見ていて微笑ましくさえあった。

 スターンが最後に登壇した2013年のドラフトは、“スターン・ブー・フェスタ”のグランドフィナーレとして、これまでで最も激しいブーイングが乱れ飛んだ。そして最後の最後に、誰も予想していなかった意外な出来事が起こったのである。
 ■なぜ、NBAファンはスターンにブーイングを浴びせ続けたのか

 スターンがコミッショナーに就任したのが1984年。それから引退前年の2013年まで、計30回のドラフトで壇上に立っている。ドラフトにおけるコミッショナーの、テレビに映る役割はこんな感じだ。

 放送開始時間に合わせてバックステージからポーディアム(演壇)に姿を現わすと、お決まりの挨拶に続きドラフトの開始を宣言する。各チームの選択持ち時間は5分。その間に選手名を告げなければ指名権を失い、権利は次順のチームに移行してしまう。

 約5分後、コミッショナーは再びポーディアムに姿を現わし、チームから告げられた1位指名選手の名前を発表する。台詞は決まっていて、「2019年NBAドラフト1位指名、ニューオリンズ・ペリカンズ選択、ザイオン・ウィリアムソン、デューク大学!」といった具合。

 壇上で指名選手と握手をしているツーショット写真を撮り、バックステージに引っ込む。また5分後、2位指名選手を発表するため再び登場し、それを1巡目30チーム分繰り返す。2巡目は副コミッショナーが担当。ブーイングを浴びるのは、最初の挨拶を合わせて計31回ということになる。

 スターンがドラフトでブーイングを浴びていたのは、どのぐらいの期間だったのか。過去の映像をチェックしてみたところ、初めて明確なブーイングを確認できたのが03年、ニューヨークで開催されたドラフトだった。その後は強弱、多少の波があるものの脈々と続き、ラス前の12年と最終13年に最大の盛り上がりを見せている。程度の差こそあれ、足掛け10年に渡ってブーイングを食らい続けたわけだ。
  ここで根本的な質問に立ち返る。なぜスターンはブーイングを浴びたのか。いくつかの理由が考えられるが、一言で言えば、スターンはNBAファンから嫌われていた、ということになるのだろう。ただし、単に“憎まれていた”、“蔑まれていた”のとは違い、愛憎入り交じったうえで“嫌い”の比率が高かっただけで、だからこそブーイングなどで面白おかしくいじっていたのだと思う。何より、いじりがいのありそうなキャラだった。

 スターンがコミッショナー時代に重ねた数々の失策や疑惑を、いまだに許していなかったり、疑っているファンは殊のほか多い。度重なるロックアウト、クリス・ポールのレイカーズ移籍阻止、ソニックス(現サンダー)のシアトルからのフランチャイズ移転容認、ドレスコード導入と黒人差別、2002年のウエスタン・カンファレンス決勝、キングス対レイカーズの疑惑のレフェリング、ルールの行き過ぎた厳格化等々。

 紙幅の都合上、いくつかの例に留めて詳細も省かせていただくが、それらの多くはスターンの主導によって行なわれ、彼が落とし所を間違わなかったら、もっと上手く軟着陸できていたはず、そうファンは考えている。スターンのワンマンぶりが、悪い方に転がってしまった例と言えよう。

 もちろん、スターンが残した偉大な功績は誰もが認めているし、愛嬌のある人物であることも知っている。他方、尊大で独善的な一面を持ち、すぐムキになり(ラジオでインタビュアーに暴言を吐いて問題になったことも)、メディアにも「怒りっぽい人物であり、部下やチームオーナーまでをも怒鳴ったりする」などといった裏話が書いてあったりする。そういった我の強い権力者に一泡吹かせたい、いじって溜飲を下げたい、そんな気持ちからのブーイングだったような気がする。
  そして、ドラフト会場がニューヨークだったことも災いした。彼の地のファンは、辛辣かつ口が悪いことでつとに有名だ。良く言えば自由奔放、悪く言えばアホ丸出し。2003 年のドラフトでも、ニックスの不甲斐なさに怒りを煮えたぎらせていたファンが、「ファイヤー、レイデン!(GMのスコット・レイデンを首にしろ!)」という突拍子のないチャントを始め、それが大合唱になっている。スターンがオープニングの挨拶をしている最中に、声をかき消すほどの大音量で、である。

 スターンは引きつり笑いを見せながら、「熱狂的で興味津々なファンが集っています」などと言ってその場を取り繕おうとしたが、内心は呆れ果て、腸が煮えくり返っていたことだろう。この年の1位指名選手、レブロン・ジェームズも、ニックスファンの斜め上すぎるチャントに、大笑いしている姿がテレビカメラに捉えられている。

 元々、わざわざドラフト会場に足を運ぶようなレベルのファンは、ウルトラダイハードな猛者たちだ。そんな連中にとって、NBAファンの敵であるスターンを、空気を読まずこき下ろすことなど朝飯前。ただ、そんなクレイジーなニックスファンとて、誰彼構わずブーイングするわけではない。

 例えばアダム・シルバー現コミッショナー。真面目な人間性と誠実な人柄で知られる彼は、クリッパーズの元オーナー、ドナルド・スターリングの人種差別発言への迅速かつ毅然とした対応により、すべてのNBAファンの信頼を勝ち取った。それゆえ、ドラフトやファイナルのセレモニーでブーイングされることはほとんどない。ただ一度の例外を除いて……。
 ■最後の指名選手を告げた後サプライズゲストが登場

 前年2012年のドラフトで、前哨戦とも言える強烈なブーイングがあり、2013年6月27日、ついにその日がやってくる。翌2014年2月の退任が決まっているスターンにとって、人生最後のドラフトである。

 スターンがポーディアムに姿を現わすと、観客は過去最高レベルの盛大なブーイングで出迎えた。それを受け、スターンは最初の挨拶の中で「熱狂的なブルックリン」「情熱的なファン」と軽く皮肉で応戦。この日のスターンは足取りが重く体調は悪そうだったが、気力は漲っているようで、イベントを通して彼特有の嫌味を披露していた。

 迎えた1位指名選手の発表前、間をたっぷり取り、片手を上下に振ってブーイングを煽るスターン。大方の予想を裏切り、アンソニー・ベネットという、後に“史上最低のドラ1”となる超大物が1位に選ばれたというのも、何かを暗示していたのかもしれない。

 3位指名、マイクの前で十数秒間何も喋らず、じらしにじらしてから一言、「聞こえませんよ」。より一層気合を入れてブーイングする観客に対し、笑顔で親指を立てる余裕のスターン。

 6、7、9、10、14位の発表時にも、手でブーイングを煽って挑発を続け、とうとうこの日のハイライトがやってくる。
  21位の発表時、マイクの前でまたもや20秒ほど沈黙した後、スターンは一気に勝負に出た。

「我々は海外の視聴者に説明しなければなりません。ブーイングはリスペクトを表わすアメリカのサインです」。

 23位。「あなたたちの熱狂は徐々に弱まっていますよ」。26、27位、ラストスパートよろしく、再び手でブーイングを煽る。ここまでくると余裕綽々だ。観客の数も徐々に減り、ボリュームもだいぶ落ちてきたが、それでも負けじと必死のブーイングで応戦している。

 そして迎えた30位。第4代NBAコミッショナー最後の指名選手発表である。84年の1位指名から、数えて839人目。スターンがバックステージから姿を現わす。

 その時、我々は思いがけない光景を目にすることになる。ポーディアムに歩みを進めるスターンに対し、会場にいた観客の多くが立ち上がり、スタンディングオベーションと大歓声で迎えたのだった。

 手で静止しながら、「やめてくれ、楽しみが台無しになってしまう」とまったく素直じゃない、いつも通りのスターン。

「これで30年間の1巡目指名発表は終わりです。新しいコミッショナー、そして今から2巡目の指名選手を発表するアダム・シルバーを紹介しましょう」。
  するとなんということだろう、奥から姿を現わしたシルバーに、観客はブーイングを浴びせたのである。ブーイングとは最も縁遠かった人物に対して、である。NBAファンからスターンへの、最後の粋な餞だ。これには『ESPN』の中継番組で司会を務めていたリス・デイビスも大ウケだった。

 そして、スターンがポーディアムから去ろうとした際、シルバーがとっておきのサプライズを演出する。

「ちょっと待ってください。デイビッド、今夜ここにスペシャルゲストが来ています。あなたがNBAコミッショナーとなって初めて指名を発表した選手、2度のNBAチャンピオン、リーグMVP、ホール・オブ・フェイマー、そして史上最も偉大な選手の1人、アキーム・オラジュワンです!」。

 背後から、黒のタキシードに赤の蝶ネクタイでめかしこんだ、30年前とまったく同じいで立ちながら、30年分齢を重ねたオラジュワンが、笑顔で姿を現わしたのだった。

 その時、テレビの音声では聞こえなかったが、現地にいた人のブログによると、観客席では新たな、そして最後のチャントが叫ばれていたという。

“We want David! We want David!”

 ミスターNBA、デイビッド・スターン氏よ、安らかに―。

文●大井成義

※『ダンクシュート』2020年3月号掲載原稿に加筆・修正。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?