「女性スケーターの扉を開いた」わずか13歳、西矢椛の金メダル獲得を米メディアが大絶賛【東京五輪】

「女性スケーターの扉を開いた」わずか13歳、西矢椛の金メダル獲得を米メディアが大絶賛【東京五輪】

13歳の溌溂とした演技に、各国メディアが感銘を受けたようだ。(C)Getty Images

東京五輪から新種目として採用されたスケートボードの女子ストリート決勝が7月26日に行われ、西矢椛が金メダルを獲得。この種目の初代女王に輝いた。米国の各メディアは、わずか13歳での快挙達成を一斉に報じている。

 米国の『BBC』は、「モミジ・ニシヤがこの種目の初代金メダリストに輝き、歴史を築いた。銀メダルに輝いたのは、ニシヤと同じ13歳のレイサ・リール(ブラジル)。銅メダルを獲得した日本のカエデ・ナカヤマも16歳。3人のメダリストの平均年齢は、14歳191日で、オリンピック史上で最も若々しさに溢れる個人表彰台だった」と言及。

「これまでの史上最年少記録は、1936年に行われたベルリン・オリンピックで金メダルを獲得した米国のマージョリー・ゲストル。ニシヤよりもわずか63日若い、13歳267日で表彰台に登った」と過去の記録に触れながらも、若きメダリストが誕生した驚きを伝えている。

 一方、同じ米国の『CBS』も「ニシヤは、最後の3つのトリックを成功させてスコアを伸ばし、レイサ・リールを引き離した」と勝因について分析。ほぼ誰もいないスポーツパークで、「幸せを超えて、涙を流した」と、優勝に歓喜する西矢の様子を伝えている。
  さらに米国の各メディアは、五輪での若手選手の活躍がきっかけで、今後女子スケーターが増えていくことを予測している。

「女性スケーターは、男性スケーターの日影で何十年も過ごしてきた。だが、これからスケートを始めようとしている女性が両親を説得する時には、大阪出身の13歳の“女の子”を例に挙げれば良い。今回の快挙は、多くの女性スケーターに扉を開いた。試合を終えた後に、500人ほどの女の子がボードを手に入れていても驚かない」(Sports Illustrated)

 今大会から五輪の新種目となったスケートボード。西矢椛、中山楓をはじめとする10代の選手たちが見せたパフォーマンスが、世界に与えた衝撃は、計り知れないようだ。

文●白鳥純一

関連記事(外部サイト)