「かなり厳しかった」石川佳純を下した対戦相手が激闘の舞台裏を語る!「最終的に私が決めた」【東京五輪】

「かなり厳しかった」石川佳純を下した対戦相手が激闘の舞台裏を語る!「最終的に私が決めた」【東京五輪】

悲願の個人メダルを逃した石川佳純。対戦相手は石川に苦戦したと話す。(C)Getty Images

7月28日に行なわれた東京五輪の卓球女子シングルス準々決勝に出場した石川佳純(世界ランク10位)は、シンガポールのモンユ・ユ(同47位)にゲームカウント1−4で敗退し、ベスト8で姿を消した。

 これまでロンドン大会で団体銀メダル、リオ大会で団体銅メダルに貢献してきた石川。自身初のシングルスでのメダルを狙っていた28歳は、第1ゲームを11−8で先取するも、相手に徹底したミドル攻めにあい5−11で第2ゲームを落とした。続く第3ゲームでは2−4から5連続ポイントを奪うもデュースに持ち込まれ、結局12−14で2ゲーム失うと、その後も流れを変えられず敗れた。

「勝てて本当に嬉しい」と試合後に喜びを口にしたモンユ・ユは、「初めの4セットはポイントの奪い合いで、実際にはタフな試合だった」と本音を吐露している。
  試合の決め手となったのは第3ゲーム。8−10からデュースに持ち込んだシンガポールのベテランは、「イシカワは絶妙なスタイルで、対処するのはかなり厳しかった。何度もマッチポイントを握られたが、最終的にプレッシャーを与えて私が決めた」と、苦戦したことを明かしている。

 ベスト4に進むことが出来なかった石川だが、3大会連続メダルの期待がかかる女子団体戦にも出場する。日本の初戦は8月2日だ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】悲願の金メダル獲得へ!卓球日本代表6名を紹介!

関連記事(外部サイト)