バスケ日本代表の予選突破の条件は?ラウンド最終戦を前に各グループの状況をチェック!【東京五輪】

バスケ日本代表の予選突破の条件は?ラウンド最終戦を前に各グループの状況をチェック!【東京五輪】

日本は8月1日にアルゼンチンとのグループ最終戦に挑む。彼らの予選ラウンド突破の条件とは。(C)Getty Images

7月31日と8月1日に東京オリンピック男子バスケットボールのグループリーグ3戦目が開催される。ここでは最終戦を前に、次ラウンドへの勝ち抜け状況を確認しておこう。

 準々決勝に進出できるのは、各グループの上位2チームと、各グループの3位の中から成績順に上位2チームの計8チーム。すでに勝ち抜けが決定しているチームにとっても、グループ内での順位が決まる最終戦は非常に重要になる。

 なお、決勝トーナメントの組み合わせ抽選で、グループ首位チームと、2位の中で成績がトップのチームがシード権を得る。

 現時点でグループ首位で準々決勝進出が確定しているのはグループAのフランスのみ。勝ち抜けを決めているグループBのオーストラリア、グループCスロベニア、スペインにとっては、シード権獲得のための、重要な一戦となる。
 
 さらに、2位の三者のうちどこがトップになるか、そして、グループ3位の中からどの2チームが勝ち抜けるかという2点も、最終戦の大きなポイントだ。

 グループ内で勝ち点が並んだ場合は、二者の場合は、直接対決で勝った方だが、三者が並んだ場合は、得失点差で順位が決まり、それでも並んだ場合は、総得点が高い方が上になる。
  まずは、グループAから見て行こう。

【グループA】カッコ内は勝ち点、得失点差
1:フランス    2勝0敗(4P、+27)〇勝ち抜け&グループ首位決定
2:アメリカ    1勝1敗(3P、+47)
3:チェコ     1勝1敗(3P、−14)
4:イラン     0勝2敗(2P、−60)×敗退決定

【最終戦】
フランス対イラン、アメリカ対チェコ

 初戦でアメリカを撃破したフランスは、最終戦を待たずに準々決勝進出が決定。それだけでなく、グループ首位も確定している。フランスの最終戦の相手はイランだが、万が一敗れて、アメリカ対チェコ戦の勝者と勝ち点で並んでも、そのいずれのチームにも勝っているからだ。

 同様に、フランスに勝ったとしても、アメリカとチェコに負けているイランの敗退もすでに確定している。

 アメリカは、チェコに敗れて1勝2敗で3位に落ちても、同じく1勝2敗となる可能性がある他グループのチームに比べて、現時点での得失点差が+47と格段に大きいため、3位勢の上位2チームの一角となれる可能性は極めて高い。バスケ大国のグループリーグ敗退という衝撃のシナリオは、まずなさそうだ。
  続いてグループBだ。

【グループB】カッコ内は勝ち点、得失点差
1:オーストラリア   2勝0敗(4P、+20)〇勝ち抜け決定
2:イタリア          1勝1敗(3P、+7)
3:ドイツ           1勝1敗(3P、−3)
4:ナイジェリア      0勝2敗(2P、−24)

【最終戦】
オーストラリア対ドイツ、イタリア対ナイジェリア
  オーストラリアの勝ち抜けはすでに決定しているが、順位がもっとも混沌としているのがこのグループだ。

 最終戦でイタリアとドイツが勝ち、三者が2勝1敗で並び、オーストラリアが3位に転落しても、その他の2グループの3位チームは1勝2敗で、オーストラリアがワーストになることはない。もちろんドイツに勝てば、オーストラリアのグループ首位が確定する。

 もしイタリアとドイツが勝利し、三者が2勝1敗で並んだ場合は、微妙なスコアの差で順位が変わってくる。

※ドイツがオーストラリアに18点差以上で勝利した場合
1位 ドイツ、2位 イタリア、3位 オーストラリア

※ドイツがオーストラリアに17点差以下で勝利した場合
1位 イタリア

 イタリアが1位の場合、ドイツが7点以上の差をつければドイツが2位。6点差以下なら、オーストラリアが2位となるため、オーストラリアは、ドイツに負けたとしても、僅差であれば2位通過が可能になる。

 ここまで全敗のナイジェリアにもチャンスがあり、2位通過の可能性も残されている。最終戦でイタリアに勝ち、なおかつドイツがオーストラリアに勝てば、ナイジェリアがイタリアを上回って3位に浮上。もしドイツが負けた場合は、オーストラリア以外の三者が1勝2敗で並び、ナイジェリアが9点差以上でイタリアに勝った場合は、三者間の得失点差でナイジェリアが首位に立って2位に急浮上する。
  最後にグループCだ。

【グループC】カッコ内は勝ち点、得失点差
1:スロベニア  2勝0敗(4P、+53)〇勝ち抜け決定
2:スペイン   2勝0敗(4P、+21)〇勝ち抜け決定
3:アルゼンチン 0勝2敗(2P、−28)
4:日本     0勝2敗(2P、−46)

【最終戦】
スロベニア対スペイン、アルゼンチン対日本
  すでに勝ち抜けを決めているスロベニアとスペインによるグループ首位争い。負けた方も2位は確定しているが、2位勢のアメリカがチェコに大差で負けることは考えにくいため、2位のシード権はアメリカが優勢か。

 スロベニアとスペインとの一戦は、熱い戦いになりそうだ。2017年のユーロバスケットで両者は準決勝で対戦し、スロベニアが92-72と大勝している。当時のスペインはパウとマルクのガソル兄弟が主軸で、スロベニアのルカ・ドンチッチは11得点、12リバウンドを記録したが、当時チームのエースはゾラン・ドラギッチの兄ゴラン(現チームには不在)だった。

 その後スペインは、リッキー・ルビオがリーダーとして大きく成長、スロベニアも、ドンチッチが、さらにモンスター級の選手へと大きく飛躍している。よって、4年前の対戦は、参考程度といった感じだ。

 そして日本がベスト8入りするには、アルゼンチンに勝ち、1勝2敗で並んだ他のグループの3位チームとの間で、得失点差が最小にならないことが必要となる。もし得失点差が同数だった場合は、総得点が多い方が上になるため、貪欲に、1点でも多く取りにいきたいところだ。

 日本はアルゼンチンに出来るだけ点差をつけて勝ち、チェコがアメリカに20点差以上で大敗すれば、チャンスが生まれる。アルゼンチンは、初戦のスロベニア戦では、気持ちの面でもフィジカル面でもベストな力が出せていなかった。最終戦でどれだけ持てる力を出してくるかが気になるが、日本は気合い満点のプレーで圧倒してほしいところだ。

 また日本のフリオ・ラマス・ヘッドコーチ(HC)とアルゼンチンのセルヒオ・ヘルナンデスHCは、北京五輪では、ヘルナンデスがHCでラマスがアシスタント、ロンドン五輪ではラマスがHCでヘルナンデスがアシスタントを務めた間柄だ。お互いの手の内を熟知し合った2人の師弟対決は、力のこもった熱戦になることだろう。

文●小川由紀子
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?