“水谷隼の言葉”で調子を上げた丹羽孝希。「どんなにミスしても『強気で攻めてけ』と言ってくれた」【東京五輪】

“水谷隼の言葉”で調子を上げた丹羽孝希。「どんなにミスしても『強気で攻めてけ』と言ってくれた」【東京五輪】

ダブルスでいい流れを作った丹羽。好調の要因には“水谷の言葉”があったという。(C)Getty Images

8月6日、東京五輪卓球競技の最終日に行なわれた3位決定戦に臨んだ日本男子チーム(水谷隼、張本智和、丹羽孝希)は、韓国(鄭栄植、李尚洙、張禹珍)を3-1で破り、2大会連続のメダルとなる銅メダルに輝いた。

 水谷とのサウスポーコンビで第1試合のダブルスに勝利した丹羽は、試合について「僕がどんなにミスしても、水谷さんが『強気で攻めてけ』って言ってくれたので、それでどんどん調子が出てきたと思います」と、先輩からの言葉が力になったことを明かした。
  そして「韓国のペアはダブルスの世界ランキングで1位で、非常に強いペアだったんですけど、僕らの思い切った攻めが入って、勝つことができて、いい流れが作れてよかったです」とコメント。

 最後に今回の日本チームについて「水谷さんと張本がいて凄く心強かった」と話し「メダルが獲れるか不安だったんですけど、獲れてよかったです」と胸を撫で下ろした。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】韓国を破り銅メダルを獲得!卓球日本男子団体の激闘を激選ショットで振り返る!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?