大型補強のレイカーズとネッツ、どちらのビッグ3が格上か? NBA御意見番たちの意見は<DUNKSHOOT>

大型補強のレイカーズとネッツ、どちらのビッグ3が格上か? NBA御意見番たちの意見は<DUNKSHOOT>

ともに超強力ビッグ3を擁するレイカーズとネッツ。はたしてどちらのトリオが上なのか?(C)Getty Images

今夏の移籍市場において主役を演じているのは、間違いなくロサンゼルス・レイカーズだ。“Mr.トリプルダブル”ラッセル・ウエストブルックのトレードを合意に至らせ、カーメロ・アンソニーとドワイト・ハワードの完全FA(フリーエージェント)組も契約合意。昨季に連覇を逃した“元王者”は、早くも優勝候補筆頭とも呼ぶべき補強を行なっている。

 そんななか、米放送局『ESPN』の番組「The Jump」では、「ネッツとレイカーズ、どちらが優れたビッグ3か?」というテーマで議論が行なわれた。

 ブルックリン・ネッツには昨季、ケビン・デュラント(32歳)、カイリー・アービング(29歳)、ジェームズ・ハーデン(31歳)の超攻撃的ビッグ3が誕生。プレーオフではカンファレンス準決勝でミルウォーキー・バックスに敗れたが、3人が揃った時の破壊力は実証されている。そして一方のレイカーズには、レブロン・ジェームズ(36歳)、デイビス(28歳)、ウエストブルック(32歳)のトリオが完成。この2組が比較対象となった。
  2008年、ボストン・セルティックスでケビン・ガーネット、ポール・ピアース、レイ・アレンのビッグ3とともにリーグ優勝を経験し、現在は『ESPN』のアナリストを務めるケンドリック・パーキンスは「俺はレイカーズに軍配を上げる」と主張する。

「なぜなら、彼らにはアンソニー・デイビスがいる。彼が明確な差をつけるファクターだ。健康体であれば、攻守両面でゲームを支配できる。ネッツはデュラント、ハーデン、アービングと全員がオフェンシブな選手だ。でも、レイカーズはレブロン、ウエストブルックを攻撃的だと判断しても、デイビスは違う。彼は1試合40得点、18リバウンド、5~6ブロック、4スティールが可能な男だ。ディフェンスにおけるインパクトは、レイカーズ優勢を決定づけるものだ」

 これに対し、2016-17シーズンにゴールデンステイト・ウォリアーズでステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーン、デュラントとともにチャンピオンリングを手にしたマット・バーンズは、“ネッツ有利”の立場に回った。

「ラス(ウエストブルック)はハート&ソウルだし、レブロンは信じられないプレーを今も見せている。ただ、私は心底レイカーズファンだが、その意見には同意できない。ネッツの3人は年齢、シュート力で優位だと思う。あの精度は驚異だ。ジェームズ・ハーデンは非常にタフで、今年の(ハムストリングの)ケガはむしろ不測の事態。カイリーは爆発力があり、ケビン・デュラントは自分のやるべき時間になれば、さらにギアを上げてくる」 さらにバーンズは「レイカーズは収縮した守備を広げるシューターが必要だ」と指摘した。実際、レイカーズは昨季の3ポイント成功率がリーグ27位の35.4%と低迷したうえ、チーム内では上位だったケンテイビアス・コールドウェル・ポープ(成功率41.0%)、カイル・クーズマ(同36.1%)の2人をウエストブルックのトレード要員としてウィザーズに放出。シューター不足の状況は否めない。
  ただ、その点では新たに加入する37歳のカーメロが鍵を握るかもしれない。パーキンスは、年齢以上に勝利への思いがチームの結束力を高めると予想する。

「若いグループなら懸念はあるが、彼らは“約束の地”に集ったベテランだ。レブロン、デイビスは優勝経験もある。ウエストブルックとカーメロはチャンピオンシップに飢えている。彼らのレガシーで唯一足りない要素。だから、レイカーズに来ても犠牲は厭わないはずだ」

 今オフは移籍市場も活発な動きを見せており、新たなビッグ3誕生も含めて、今後も各チームの動向から目が離せない。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】日米識者10人が厳選!ジョーダン、コビーらNBA最強スコアラーTOP10をお届け!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?