レブロンが来季の優勝を逃したら…「37歳という年齢が“言い訳”になる」とNBAアナリストが主張<DUNKSHOOT>

レブロンが来季の優勝を逃したら…「37歳という年齢が“言い訳”になる」とNBAアナリストが主張<DUNKSHOOT>

36歳となった昨季もハイレベルなプレーを見せたレブロン。しかしその年齢が「優勝を逃した時の言い訳になる」とブルザードは主張する。(C)Getty Images

今オフの大型補強により、来季のロサンゼルス・レイカーズのロースターは、オールスターチームと見間違えるほどの豪華な顔ぶれが揃っている。レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、マルク・ガソル……。“銀河系軍団”と呼んでも差し支えないパワーハウスが完成したわけだが、このスーパーチームを先頭に立って率いるのは、やはり“キング”ことレブロンだろう。

 36歳となった昨季も、レブロンは依然としてハイレベルなプレーを披露していた。そしてキャリア19年目、37歳を迎える来季も、自身5度目のリーグ制覇を目指し、質の高いパフォーマンスを見せてくれるに違いない。

 ただ、頂点への道中には昨季王者のミルウォーキー・バックスや、ケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン、カイリー・アービングのビッグ3を擁するブルックリン・ネッツなど、強力なライバルたちが立ちはだかっている。加えて、“これだけの豪華メンバーを揃えたのだから、優勝して当然”というプレッシャーも選手たちにはかかるだろう。
  はたしてレブロンとレイカーズは、これらの障壁を乗り越えチャンピオンとなることができるのか。識者やファンが活発に議論を交わすなか、NBAアナリストのクリス・ブルザード氏は、先日放送された『FOX Sports』の『First Things First』のなかで、レブロンは優勝できなくても“年齢の言い訳”が可能だと述べた。

「レブロンの年齢を考えると、彼はトム・ブレイディ(NFLの現役スーパースターで、現在44歳)のようなものだ。“年齢的に優勝できなくても仕方ない”という事実を抱えながら彼はプレーしている。もし彼がまた優勝できなければ……確かに、アンソニー・デイビスやラッセル・ウエストブルックのようなスターがいる以上、多少の批判は避けられない。だが彼はもう37歳で、(キャリア)19年目だ。彼はその現実を前に、まだまだプレーできると思っているが、それが当てはまる(37歳でもハイパフォーマンスができる)のはレブロンくらいだろう。
  もし彼が優勝できなければ、観ている私たちは『レブロンは37歳で、19シーズン目にあれほどハイレベルなプレーを続けたのは彼ぐらいだろう』と思うしかない。もしトム・ブレイディが今シーズンにプレーし、苦労したら、どれだけ彼を批判できるだろうか。彼は44歳だ.
こうした年齢による言い訳が可能な事実が、プレッシャーを軽減することもあるだろう」
  つまりブルザードの主張では、レブロンが仮に来季のリーグ制覇を逃しても、37歳という年齢がV逸の理由になるとのこと。しかし、もしレイカーズが負けても、レブロンはそのことを言い訳にはしないだろう。こうした“予防線”のような周囲の意見を跳ね除け、“キング”が来季のチャンピオンシップを勝ち取ることができるか注目だ。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】36歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!

関連記事(外部サイト)