ウエストブルックの電撃トレードはなぜ成立したか?「彼の手助けがしたかった」とウィザーズGMが背景を明かす<DUNKSHOOT>

ウエストブルックの電撃トレードはなぜ成立したか?「彼の手助けがしたかった」とウィザーズGMが背景を明かす<DUNKSHOOT>

リーグを驚かせたウエストブルックの電撃移籍。その背景をウィザーズのGMが明かした。(C)Getty Images

今オフ最大の移籍劇は、ワシントン・ウィザーズからロサンゼルス・レイカーズへ移ったラッセル・ウエストブルックの電撃トレードだろう。ウエストブルックがレブロン・ジェームズ&アンソニー・デイビスの二枚看板と噛み合うかは、開幕するまで議論され続けるだろうが、“Mr.トリプルダブル”が加わったことで、来季のレイカーズが危険なチームとなったのは間違いない。

 では、どのようにしてこのトレードが実現したのか。レイカーズヘの入団会見でウエストブルックが「2週間くらいですべての物事が凄い早さで進み、あっという間に実現に至った」と話したように、ウィザーズはオフシーズンに入る前からこのトレードを計画していたわけではない。ウエストブルックに故郷ロサンゼルスでプレーするチャンスが巡ってきたからこそ、放出に踏み切ったのだ。

 そして8月13日(日本時間14日、日付は以下同)に行なわれた会見で、ウィザーズのトミー・シェパードGM(ゼネラルマネージャー)は「ドラフト前日になって、いくつかのアイデアを出して意見を聞いていたというのは、非常に珍しい状況だった」と切り出し、移籍に至るまでの背景をこう明かした。
 「私とラッセルは心を通わせていたので“(ウエストブルックが)自分がどこでプレーしたいと思っているのか”を我々に知ってもらうことは、彼にとって重要なことだったんだ。殿堂入りを果たすであろうラッセルのキャリアと、彼が我々のためにしてくれたことを考えれば、私としては(ウエストブルックのキャリアの)手助けをしたいと思っていた。それがウィザーズのためにもなるのであればね。

 今回のケースでは、私たちの取引は合意となり、それはウィザーズのためになった。もしその取引が成立しなかったとしても、ラスはまだウィザーズのためにプレーしていただろうし、その場合もまた私たち皆が幸せだったはずだ。この機会が訪れたことは、双方にとって素晴らしい取引であり、お互いにとって非常に意味のあることだった。彼の幸せを願っているよ」

 つまり今回の移籍劇は、ウエストブルックはウィザーズを、そしてウィザーズもウエストブルックを、互いに尊重し合った上で成立に至ったということだろう。しっかりと話し合い、一切の遺恨やわだかまりもなく、どちらも納得した上で双方に意味のある取引となった今回のトレード。ウィザーズとウエストブルック、両者の来季の活躍を願いたい。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】シンプルなデザインからキャラクターモデルまで!お洒落なNBAプレーヤーたちのシューズ特集!

関連記事(外部サイト)