米メディアがNBAパワーランキングを発表!1位はネッツ、大型補強のレイカーズは3位。八村塁所属のウィザーズは?<DUNKSHOOT>

米メディアがNBAパワーランキングを発表!1位はネッツ、大型補強のレイカーズは3位。八村塁所属のウィザーズは?<DUNKSHOOT>

昨季王者バックス、大型補強のレイカーズを抑え、強力ビッグ3を擁するネッツがパワーランキングのトップに立った。(C)Getty Images

フリーエージェントやトレードによる戦力補強を概ね終え、来たる2021−22シーズンに向けて着々と準備を整えつつあるNBA全30チーム。そんななか、8月22日(日本時間23日、日付は以下同)に『ESPN』が最新のパワーランキングを発表した。

 トップに立ったのは、ケビン・デュラント、ジェームズ・ハーデン、カイリー・アービングの超強力ビッグ3を擁するブルックリン・ネッツ。今夏は目玉選手の獲得こそなかったものの、パティ・ミルズを加えるなどロースターをマイナーチェンジ。ロイス・ヤング記者は「昨季のメンバーが健康体を保つだけでも優勝候補だったが、優秀な脇役の獲得やブレイク・グリフィンとの再契約、デュラントのモチベーションなど、最高のオフを過ごした」と評した。
  ネッツに次ぐのが、昨季王者のミルウォーキー・バックス。そして3位にはロサンゼルス・レイカーズがつけた。一昨季のチャンピオンは、今夏にラッセル・ウエストブルックやカーメロ・アンソニーといったビッグネームを獲得。レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスと合わせたパワーハウスが上手く噛み合うかはわからないが、どのチームにとっても危険な存在であることは間違いない。デイブ・マクメナミン記者も「“殿堂入りが濃厚な6人のタレントを擁するエリート集団”という見方もあれば、平均年齢の高さから“賞味期限が迫ったチーム”との見方もある」として、両極端の結果となる可能性があると評した。

 以下、フェニックス・サンズ、ユタ・ジャズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズと続くなかで、気になるのは八村塁が所属するワシントン・ウィザーズ。今夏にウエストブルックを放出し、スペンサー・ディンウィディー、カイル・クーズマ、モントレズ・ハレルをはじめとした多くの新顔を加え大幅にラインナップを変更したチームは、21位にランク。ケビン・ペルトン記者は、「イースタン・カンファレンスの第3集団として、プレーイン・トーナメントを争う」と予想している。
 ■『ESPN』が発表した2021−22シーズンのパワーランキング

1.ブルックリン・ネッツ
2.ミルウォーキー・バックス
3.ロサンゼルス・レイカーズ
4.フェニックス・サンズ
5.ユタ・ジャズ
6.フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
7.デンバー・ナゲッツ
8.マイアミ・ヒート
9.アトランタ・ホークス
10.ロサンゼルス・クリッパーズ
11.ダラス・マーベリックス
12.ゴールデンステイト・ウォリアーズ
13.ボストン・セルティックス
14.ニューヨーク・ニックス
15.ポートランド・トレイルブレイザーズ
 16.メンフィス・グリズリーズ
17.シャーロット・ホーネッツ
18.インディアナ・ペイサーズ
19.シカゴ・ブルズ
20.トロント・ラプターズ
21.ワシントン・ウィザーズ
22.ニューオリンズ・ペリカンズ
23.サンアントニオ・スパーズ
24.サクラメント・キングス
25.ミネソタ・ティンバーウルブズ
26.デトロイト・ピストンズ
27.クリーブランド・キャバリアーズ
28.オーランド・マジック
29.ヒューストン・ロケッツ
30.オクラホマシティ・サンダー

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)