ウエストブルックとカーメロを加えたレイカーズは何位?米メディアがオールスター出場累計ランキングTOP30を発表!<DUNKSHOOT>

ウエストブルックとカーメロを加えたレイカーズは何位?米メディアがオールスター出場累計ランキングTOP30を発表!<DUNKSHOOT>

レブロン&デイビスの2枚看板に、ウエストブルック(右)やカーメロらを加えたデビュー前のレイカーズがいきなりトップとなった。(C)Getty Images

1950〜60年代に前人未到の8連覇を成し遂げたボストン・セルティックス、90年代にマイケル・ジョーダン&スコッティ・ピッペンを中心に2度の3連覇を達成したシカゴ・ブルズ、シャキール・オニール(シャック)&コビー・ブライアントのコンビで2000年から3連覇を果たしたロサンゼルス・レイカーズなど、NBAの歴史では数々の最強チームが誕生してきた。

 2010年以降ではレブロン・ジェームズ、ドゥエイン・ウェイド、クリス・ボッシュのビッグ3擁するマイアミ・ヒートや、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンのゴールデンステイト・ウォリアーズが時代を席巻した。

 上記のチームにはいずれも複数のオールスター選手が所属していたが、NBAの歴史上、オールスター出場の合計数が多かったのは、どの球団のどのシーズンだったのか?

 ここでは、米専門メディア『Hoops Hype』が発表したオールスター出場歴の合計数が多かったチームTOP30を紹介する。今回は1位まで一気にお届けする。

■『HoopsHype』によるオールスター出場の合計数が多かったチームTOP30(チーム名は略号)
10位タイ:38回(2015-16ヒート、1971-72レイカーズ、2017-18キャバリアーズ)
8位タイ:39回(2012-13ヒート、2006-07ヒート)
5位タイ:41回(2020-21ネッツ、2013-14ヒート、2003-04レイカーズ)
4位:42回(1977-78セルティックス)   
3位:43回(2011-12セルティックス)
2位:56回(2010-11セルティックス)
1位:59回(2021-22レイカーズ)
  15-16ヒートは、この1年前にレブロンが退団したが、ウェイド(12回)、ボッシュ(11回)のほか、他球団でエースとして活躍したジョー・ジョンソン(7回)とアマレ・スタッダマイアー(6回)の加入で10位タイに入った。

 71-72レイカーズはNBA最長となる33連勝をマークした伝説のチーム。ウィルト・チェンバレン(12回)、ジェリー・ウエスト(12回)、エルジン・ベイラー(11回/※シーズン中に引退)の3人だけで35回を数えた。17-18キャバリアーズはレブロンとウェイドが再びタッグを組むも、ウェイドはシーズン中に古巣ヒートへ。そのほか新加入のアイザイア・トーマスやデリック・ローズも退団と、1年持たずに“解散”を迎えた。

 8位タイの2チームはヒートだ。12-13はレブロン(9回)、ウェイド(9回)、ボッシュ(8回)のビッグ3に加え、球宴出場10回を誇るレイ・アレンの加入が上位入りの要因に。06-07はシャック(14回)やゲイリー・ペイトン(9回)、アロンゾ・モーニング(7回)、そしてシーズン中にエディ・ジョーンズ(3回)と契約したのも大きな要素となった。
  5位タイには昨季のネッツがランクイン。ビッグ3(ケビン・デュラント、カイリー・アービング、ジェームズ・ハーデン)で27回を数えたほか、シーズン終盤にブレイク・グリフィン(6回)とラマーカス・オルドリッジ(7回/※シーズン中に引退)とのサインがポイントに。03-04レイカーズは開幕前にベテランのカール・マローン(14回)とペイトン(9回)と契約して数字を伸ばした。

 4〜2位はセルティックスが独占。77-78はジョン・ハブリチェック(14回)を筆頭に7人のオールスター経験者を擁したが、チームは32勝50敗と低迷した。11-12はケビン・ガーネット(14回)、ポール・ピアース(10回)、レイ・アレン(10回)のビッグ3とジャーメイン・オニール(6回)、ラジョン・ロンド(3回)の豪華布陣で挑むも、カンファレンス決勝でヒートに3勝4敗で惜敗している。
  2位の10-11はジャーメインに加え、もう1人のオニール(シャック/15回)が所属していた影響で50の大台を突破。ただしロンドを除く球宴経験者はいずれも30歳以上で2人のオニールも全盛期を過ぎていたため、プレーオフでは結成1年目のビッグ3率いるヒートの前に敗れた。

 1位に輝いたのは今夏に大型補強を敢行したレイカーズだ。レブロン(17回)とアンソニー・デイビス(8回)の2枚看板をキープしつつ、ラッセル・ウエストブルック(9回)、カーメロ・アンソニー(10回)を獲得したほか、20年の優勝メンバーであるドワイト・ハワード(8回)とロンド(4回)を呼び戻しに成功(残る3回はマルク・ガソル)。オールスター出場59回と圧倒的な実績を誇るスター軍団は、来る21-22シーズンにどんなプレーを見せるのか楽しみだ。

構成●ダンクシュート編集部
 

関連記事(外部サイト)