大補強のレイカーズが上位を席巻!主要スタッツ3部門の現役通算ランキングTOP10<DUNKSHOOT>

大補強のレイカーズが上位を席巻!主要スタッツ3部門の現役通算ランキングTOP10<DUNKSHOOT>

レブロン(左上)、カーメロ(右上)、ハワード(左下)、ウエストブルック(右下)ら、豊富な実績を持つベテランがレイカーズに集結した。(C)Getty Images

今年のオフシーズンも選手の移籍が相次いだNBAだが、話題の中心は実績あるベテランを次々と獲得したロサンゼルス・レイカーズにほかならない。

 もともとレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスを擁した布陣に、ラッセル・ウエストブルック、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドらを補強。9月10日にはディアンドレ・ジョーダンの獲得も発表し、これでオールスター経験者は計8人(上記7人+マルク・ガソル)となった。

 今季のチームの豪華ぶりは、記録面にも表われている。現役の通算得点ランキングでは、1位のレブロンを筆頭に、2位にカーメロ、5位にウエストブルック、7位にハワードとトップ10に4人がランクイン。同様に、通算リバウンドでもハワード、ジョーダン、レブロンでトップ3を占めており、カーメロとウエストブルックも含めて5人が10傑入り。通算アシストもレブロン、ウエストブルック、ロンドが2〜4位と軒並み上位に名を連ねている。
  このランキングに登場する全員が30代を超えているうえ、そのほとんどがキャリアのピークを過ぎているのは懸念されているところだが、これだけビッグネームを揃えたチームは過去を遡ってみても珍しい。豊富な経験を武器に、新生レイカーズがどんなハーモニーを奏でるのか注目だ。

 現役選手における通算得点、リバウンド、アシストのランキングは以下の通り。

■現役通算得点ランキング
1位:レブロン・ジェームズ(レイカーズ)/3万5367点
2位:カーメロ・アンソニー(レイカーズ)/2万7370点
3位:ケビン・デュラント(ネッツ)/2万3883点
4位:ジェームズ・ハーデン(ネッツ)/2万2045点
5位:ラッセル・ウエストブルック(レイカーズ)/2万1857点
6位:クリス・ポール(サンズ)/1万9978点
7位:ラマーカス・オルドリッジ(ネッツ)/1万9951点
8位:ドワイト・ハワード(レイカーズ)/1万9113点
9位:ステフィン・カリー(ウォリアーズ)/1万8434点
10位:デマー・デローザン(ブルズ)/1万7751点
 ■現役通算リバウンドランキング
1位:ドワイト・ハワード(レイカーズ)/1万4271本
2位:ディアンドレ・ジョーダン(レイカーズ)/9878本
3位:レブロン・ジェームズ(レイカーズ)/9751本
4位:アンドレ・ドラモンド(シクサーズ)/8839本
5位:ラマーカス・オルドリッジ(ネッツ)/8478本
6位:ケビン・ラブ(キャバリアーズ)/8130本
7位:ポール・ミルサップ(ネッツ)/7559本
8位:カーメロ・アンソニー(レイカーズ)/7520本
9位:アル・ホーフォード(セルティックス)/7241本
10位:ラッセル・ウエストブルック(レイカーズ)/6961本
 ■現役通算アシストランキング
1位:クリス・ポール(サンズ)/1万275本
2位:レブロン・ジェームズ(レイカーズ)/9696本
3位:ラッセル・ウエストブルック(レイカーズ)/8061本
4位:ラジョン・ロンド(レイカーズ)/7414本
5位:カイル・ラウリー(ヒート)/5995本
6位:ジェームズ・ハーデン(ネッツ)/5730本
7位:ジョン・ウォール(ロケッツ)/5557本
8位:マイク・コンリー(ジャズ)/5022本
9位:アンドレ・イグダーラ(ウォリアーズ)/5014本
10位:ステフィン・カリー(ウォリアーズ)/4984本

構成●ダンクシュート編集部

関連記事(外部サイト)