元ドラ1のマーティンが現役時代を回想!「守るのがタフな選手」と「止められなかった相手」を明かす<DUNKSHOOT>

元ドラ1のマーティンが現役時代を回想!「守るのがタフな選手」と「止められなかった相手」を明かす<DUNKSHOOT>

マーティンは守るのがタフな選手にコビー(左)、止められなかった相手にシャック(右)の名前を挙げた。(C)Getty Images

2000年にニュージャージー・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)へ入団し、NBAで15年間プレーしたケニョン・マーティンが現役時代を振り返り、「守るのがタフだった選手」、そして「止められなかった選手」を明かしている。

 00年のドラフト1位指名でNBA入りしたマーティンは、類まれな身体能力を武器にアスレティック系パワーフォワードとして活躍。ネッツ時代はジェイソン・キッドのロブパスから豪快なアリウープを何度も決めて話題を呼んだが、04年のデンバー・ナゲッツ移籍以降は、粘り強いディフェンスでも存在感を示した。

 そんなマーティンは、元NBA選手のギルバート・アリナスがホストを務めるポッドキャスト『No Chill Podcast』に出演した際、「守るのがタフだった選手」を問われ、「2人いる」と回答。真っ先に挙げたのがコビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)だった。

「俺たちが(2008−09シーズンに)ウエストのカンファレンス決勝で彼と対戦した時、誰かが動画をアップした。ドライブ→ストップ→独特なステップに翻弄され、俺は完全にやられていた。俺が躍起になって止めようとすれば、彼はフェイダウェイで得点を奪う。

 別の場面では彼のポンプフェイクが炸裂した。彼との対戦はチェスのゲームのようだった。ほとんどの選手に対しては、俺はAかBの方法で止められていたけど、彼はCやDに行こうとする。時には左手でシュートを打って、『おい、何をしてるんだ』って感じさ(笑)。とても激しい戦いだったけど、楽しかった。彼のオフェンス能力と俺のディフェンス能力、お互いを尊重し合っていた」
  マーティンはキャリア2年目の02年にシャキール・オニール(シャック)&コビー擁するレイカーズとNBAファイナルで対戦しているが、当時よりも、コビーが単独エースとなって以降の方が脅威を感じたようだ。

 そして、もう1人が“史上最高のパワーフォワード”の呼び声も高いティム・ダンカン(元サンアントニオ・スパーズ)だ。バンクショットなど、基本に忠実なプレーから“ビッグ・ファンダメンタル”の異名を取った男と対峙することで、自分は選手としてステップアップできたとマーティンは回想する。

「スピード勝負で来てくれるなら俺も対抗できるが、彼はどんな時も自分のペースを崩さない。バンクショットは打たれたくなかった。おかげで、俺は良いディフェンダーになったよ。フリースローラインより高い位置で行く手を阻めば、彼が得意のペイント内でボールを持てないからね」
  また話の中で、マーティンが「止められなかった」と語ったのが、怪物センターのシャックだ。ネッツ時代にファイナルで対戦した当時、シャックに平均36.3点、12.3リバウンド、FG成功率59.5%と完膚なきまでにやられ、スウィープ負け(4連敗)を喫している。タフなマーティンの中でも、少なからず諦めの境地があったようだ。
 「シャックを守ることができたのは時の神だけだ。(選手で)シャックを守れる者はいなかった。あの男は止められない。唯一無二の男は、ペイントエリア外からシュートは打たなかったのに支配してしまう。考えても見てくれ、彼の存在が理由でゾーンのルール(ディフェンス3秒バイオレーション)を定めたんだからね」

 こうした実力者たちと切磋琢磨したことが、マーティンを成長させ、NBAでの15年間のプレーを支えたと言ってもいいだろう。

構成●ダンクシュート編集部
 

関連記事(外部サイト)