「離婚条件に5000万円を要求してきた」“悪質いじめ騒動”に揺れる韓国双子妹が夫のDV暴露に猛反撃!「脅しに近い行為」

「離婚条件に5000万円を要求してきた」“悪質いじめ騒動”に揺れる韓国双子妹が夫のDV暴露に猛反撃!「脅しに近い行為」

代理人を通じて声明を発表したイ・ダヨン。夫の暴露話に「独善的だ」と怒りを滲ませた。(C)AFLO

どうやらこちらもドロ沼化の様相を呈している。

 韓国スポーツ界を揺るがしてきた女子バレーボールの一大スキャンダル。今年2月、元韓国女子バレーボール代表であるイ・ジェヨン&ダヨンの双子姉妹が、中学時代に犯した悪質ないじめ行為を暴露されると、8か月近くが経過したいまもなお、韓国中にバッシングの嵐が吹き荒れている。
【PHOTO】アイドル級の可愛いさ! 韓国チア界が誇る美女、アン・ジヒョンの“悩殺ショット”集を一挙チェック!

 姉妹は現在、ようやく掴んだギリシャ移籍で活路を見出そうとしているが、そんななかで降りかかってきたのが新たな疑惑だ。10月8日、韓国テレビ局『朝鮮放送』が妹であるダヨンの隠されていたプライベートを公開。渦中のひととして登場したのは、なんとダヨンの夫と名乗るAさんだった。もちろん結婚していた事実は公にされていない。韓国中がいきなりのスクープ報道に驚愕した。

 ふたりは2018年4月にこっそり入籍。付き合い始めてからわずか3か月でのスピード婚だった。だがAさんによれば、結婚してしばらく経つと妻であるダヨンの暴言や暴力が酷くなり、その怒りの矛先はAさんの両親にも及んだという。やがてAさんは精神的に追い詰められ、うつ病、パニック障害、不眠症などを併発してしまう。離婚調停中だったが、一連のいじめ騒動によってダヨン側からの返答を得られなくなり、「誠実な謝罪」を求めてテレビ出演に応じたようだ。

 ダヨン側のリアクションに注目が集まるなか、翌9日に代理人が抗議の声明文を発表した。これがなかなか辛辣な内容だったのだ。

 まずダヨン側は、今回の告発はAさんの一方的な主張だと断言。そのうえで「すでに両社間で離婚の合意はなされているが、〇〇氏(Aさん)が要求する条件が事態を難しくしている」とし、「ダヨン氏が所有する財産の分与、あるいは5億ウォン(約5000万円)を支払うように求めてきたのだ」と具体的な内容を明かした。

 さらに踏み込み、「(ダヨンが)有名人であるという弱みに付け込み、継続的に脅しに近い行為を続けてきた」とも指摘。「そもそもこうした問題は夫婦間のきわめてプライベートなもので、同意なしに公共の電波を使って暴露してよいものではないはずだ。いかなる理由があろうとも正当化できない、独善的な振る舞いである」と怒りを露にした。
  そして声明文は放送したテレビ局の姿勢をも問題視し、「報道の自由は認めるが、ある一方の主張ばかりを報じてプライバシーを侵害することは許されない」と書き添え、「〇〇氏は誠実な謝罪を求めているが、彼こそが、どんな行為に及んできたかを悔い改めるべきだろう」と突っぱねた。

 いじめ騒動が海外移籍によって新たな局面を迎えようとするなか、突如として沸き起こったショッキングなDV疑惑とドロドロの愛憎劇。もはや韓国ドラマよろしく、まるで先の読めないストーリー展開となってきた。【韓国双子姉妹が引き起こした“悪質いじめ騒動”のこれまで】

 騒動の発端となったのは、今年2月に韓国の人気コミュニティサイトに投稿された告発文だ。 双子姉妹の中学時代の同級生たちが、当時にふたりから受けた暴行、暴言、脅迫行為などを具体的なエピソードを交えて赤裸々に告白。国民的アイドル級の人気を博していた姉妹だけあって、突然沸き上がったスキャンダルに世間は騒然となり、あっという間にバッシングの嵐が吹き荒れた。

 すぐさま所属する興国生命を通して謝罪文を発表するが、ヒートアップする世論の前にかき消され、やがて「国内リーグの無期限出場停止」と「代表チームからの追放」処分を言い渡される。主軸として臨むはずだった東京五輪への出場が、露と消えた瞬間だった。

 その後に謝罪文の掲載を取り下げると、テレビ番組で被害者たちの告発内容に正しくない箇所があると、姉妹はまさかの法的手段に打って出た。被害者たちが警察の事情聴取を受ける事態に世論は再び怒りを爆発させ、姉妹への反感は増すばかりとなる。

 そして6月末に興国生命は姉妹との契約延長を断念し、ふたりは移籍金ゼロで新天地を求められるフリーの身となった。国内クラブに総スカンを受けるなか、獲得に名乗りを上げたのが、ギリシャのPAOKだった。興国生命は姉妹に合わせて1億円近くを支払っていたが、およそその10分の1である約1000万円での契約に漕ぎつけたのである。戦力補強の点で考えれば、願ってもない費用対効果だ。

 だが、ギリシャ当局から就労ビザが下りないため、移籍交渉は頓挫する。韓国から海外のクラブへ移籍する際は、韓国協会が発効する国際移籍同意書(ITC)が必要となるからだ。これを同協会が「国内で校内暴力問題のトラブルを抱え、被害者への正式な謝罪もなく、和解に至っていない両選手の海外移籍は容認できない」と断固拒否。ふたりはキャリア継続の危機に立たされた。
  追い詰められた姉妹とPAOKは奥の手を打つ。トルコのスポーツ専門エージェンシーと結託して国際バレーボール連盟に直談判すると、「韓国協会による懲罰は韓国国内にのみ有効」との解釈を引き出すことに成功。同連盟は韓国協会にITCの発行を要請し、期限を韓国時間の9月29日午後7時に設定した。しかしタイムリミットを迎えても応答はなく、特例として国際連盟がITCを発行する決着を見たのだ。

 現在は就労ビザの発行待ちだが、ギリシャ・メディアによるとその目途が立ち、姉妹は10月16日の航空券チケットを予約済みだという。妹ダヨンに新たなDV疑惑が浮上するなか、出国前に姉妹はなにかしらの声明を発表するのか。ギリシャ・リーグの新シーズンは本日10月9日に開幕する。

構成●THE DIGEST編集部

【関連フォト】イ・ジェヨン&ダヨン姉妹の貴重画像! 17歳、プロ入り決定直後の2ショット写真はこちら!

【PHOTOギャラリー】肉感あふれる美女揃い! 韓国の人気チアリーダー“トップ8人”を厳選フォトで一挙紹介!

関連記事(外部サイト)