「メチャクチャにぶっ潰すのは私だけ!」時間切れドローでV4の中野たむが岩谷麻優との“完全決着”を誓う【スターダム】

「メチャクチャにぶっ潰すのは私だけ!」時間切れドローでV4の中野たむが岩谷麻優との“完全決着”を誓う【スターダム】

全力で岩谷に応戦したたむ。試合後は疲弊しながらも、ライバルとのリマッチを誓った。(C)FUZUKI

10月9日、ブシロード傘下の女子プロレス団体「スターダム」は、大阪城ホールでビッグマッチ『10th Anniversary GRAND FINAL OSAKA DREAM CINDERELLA 2021〜大阪めっちゃスターダム〜』を開催。セミファイナルでは、白いベルトことワンダー・オブ・スターダム選手権試合が行なわれ、チャンピオンの中野たむに、岩谷麻優が挑戦した。

 いまでこそコズミック・エンジェルスのリーダーを務めるたむだが、もともとは岩谷がリーダーを務めているSTARSに属していた。それだけに王者にとっては、思い入れの深いタイトルマッチとなった。

 試合は序盤から激しい攻防となった。岩谷がグラウンドからの打撃を仕掛けると、一方のたむはDDTからネックブリーカーで応戦。岩谷を場外にエスケープさせる。さらにキャメルクラッチで締め上げていった。

 やや押し込まれた岩谷だが、コーナートップロープから場外へのプランチャを放ったたむをキックで迎撃。これで一気にペースを掴み返して、エルボー合戦に持ち込んだ。
  どこまで意地を張り合う2人を見かねた村山大値レフェリーが強引に2人をリングに戻す。しかし、両雄ともに、その後もエルボー合戦を止めずに、会場のボルテージを上げていった。

 その後、ヘッドバット合戦も披露したたむと岩谷。互いに文字通りの死力を尽くした一戦だったが、無情にも30分時間切れ引き分けのゴングが打ち鳴らされ、ドロー決着となった。

 試合後、引き分けながら王座を防衛したたむは「岩谷麻優……。私はアンタを超えるためだけにここまでやって来た。引き分けなんて認めない。勝たなきゃ意味がない。絶対に決着をつける。岩谷麻優! あなたをメチャクチャにぶっ潰すのは私だけだ。そうでしょ?」と完全決着を宣言。

 一方の岩谷は「きょうは中野たむにも勝てなくて、白いベルトも巻けなかった。決着がつかなかったということは、もう一度、そのベルトに挑戦出来る権利があるんじゃないでしょうか。またそのベルト! 中野たむから奪ってみせるから、それまで大切にね」と言ってリングを去った。

◆スターダム◆
『10th Anniversary GRAND FINAL OSAKA DREAM CINDERELLA 2021〜大阪めっちゃスターダム〜』
2021年10月9日
大阪・大阪城ホール
▼ワンダー・オブ・スターダム選手権試合(30分1本勝負)
<王者>△中野たむ(時間切れ引き分け)岩谷麻優△<挑戦者>
※たむが4度目の防衛に成功。
【動画】レフェリーを突き飛ばしてどつきあい! たむと岩谷の激闘をチェック

取材・文●どら増田

関連記事(外部サイト)