漂う“エースの風格”! 林下詩美が彩羽匠を退けて赤いベルト防衛「いつだって誰の挑戦でも受ける」【スターダム】

漂う“エースの風格”! 林下詩美が彩羽匠を退けて赤いベルト防衛「いつだって誰の挑戦でも受ける」【スターダム】

タフな相手にも力負けしなかった林下。試合後には葉月の挑戦が決まったが、エースには動揺など一切見られない。(C)FUZKI

10月9日、ブシロード傘下の女子プロレス団体「スターダム」は、大阪城ホールでビッグマッチ『10th Anniversary GRAND FINAL OSAKA DREAM CINDERELLA 2021〜大阪めっちゃスターダム〜』を開催。大注目のメインイベントでは、赤いベルトことワールド・オブ・スターダム選手権試合として、チャンピオンの林下詩美に、彩羽匠が挑戦した。

 先日開催された『5 STAR GP 2021』公式戦でドローに終わっていた両雄。その結果を受け、今回は詩美からの要求で試合時間が30分から時間無制限に変更されて行なわれた。

 序盤こそじっくりとしたグラウンドの攻防の様相を呈した試合だが、詩美が彩羽の古傷である右膝狙いの攻撃を炸裂させると、一気に主導権を握っていった。

 劣勢となった彩羽だが、所属するマーベラスの“師匠”の技で応戦する。カウンター気味に長与千種直伝のニールキックを見舞うと、かつて千種が大阪城ホールでダンプ松本に決めたサソリ固めを披露。これには詩美もたまらずにロープエスケープで逃げるしかなかった。

 その後、一進一退の攻防となった試合は、あっという間に25分が経過すると、ついに雌雄が決する。怒涛の攻撃を展開した詩美は、彩羽をコーナーに向けてジャーマンを炸裂。そして最後は、必殺のハイジャックボムが決めてカウント3をもぎ取った。
  試合後、詩美は「匠さん! あなたホント、タフな人で、朱里さんと同じぐらいタフな試合でした。勝ててホッとしてます」と語ったうえで、「次はとどろきアリーナで挑戦者受け付けます」と次期挑戦者を募る。するとこの日、復帰を果たした葉月が「詩美、防衛おめでとう。あなたが持っている赤いベルト、私に挑戦させてください」と挑戦表明したのだ。

 ここに舞華も「私は5 STAR GPで詩美に勝ってんだよ」と不満顔で割って入るが、葉月は「私が勝ってあなたを初防衛戦の相手に指名します」と譲らず。結局、舞華が譲歩する形で、次期タイトルマッチの挑戦が決まった。

 葉月に対して「復帰したてで、獲れるほど甘いもんじゃないの分かってんだろ? 私はいつだって誰の挑戦でも受ける」と言い放った詩美は、「スターダムはいつだって時の流れが早い。だからこそ最先端の団体なんだと思います」と吐露。その姿からはエースとしての風格が漂っていた。

◆スターダム◆
『10th Anniversary GRAND FINAL OSAKA DREAM CINDERELLA 2021〜大阪めっちゃスターダム〜』
2021年10月9日
大阪・大阪城ホール
観衆 1441人(新型コロナ感染対策人数)
▼ワールド・オブ・スターダム選手権試合(時間無制限1本勝負)
<王者>○林下詩美(30分52秒 エビ固め)彩羽匠●<挑戦者>
※ハイジャックボム
※詩美が7度目の防衛に成功

取材・文●どら増田
 

関連記事(外部サイト)