「ワイルダーは想像以上だった」強すぎるフューリーの宿敵との“完全決着”に母国メディアも歓喜「恐怖の一撃で粉砕!」

「ワイルダーは想像以上だった」強すぎるフューリーの宿敵との“完全決着”に母国メディアも歓喜「恐怖の一撃で粉砕!」

渾身の一撃でトドメを刺したフューリー。ワイルダーからの完勝劇に母国は沸いている。(C)Getty Images

文字通りの激闘だった。

 現地時間10月9日、アメリカのラスベガスでボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦が行なわれ、王者タイソン・フューリー(英国)が前王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に11回KO勝ち。見事に初防衛を果たした。

 両雄が互いを打ち倒す熾烈な争いとなった。3回にフューリーが右フックと右アッパーでダウンを奪えば、続く4回にはワイルダーが最強の王者を2度の強烈な右でなぎ倒した。

 互いに一歩も譲らない攻防戦の決着がついたのは、挑戦者の疲労の色が濃くなっていた11回だ。すでにフラフラの状態となっていたワイルダーに、ワンツー、左ボディーなどで確実にポイントを重ねていたフューリーは、左から強烈な右フックを相手の頭部にお見舞い。崩れ落ちるように倒れ込んだワイルダーは立ち上がれずに雌雄は決した。

 過去2度の対戦で1勝1分けだった宿敵を見事にリングに沈め、「あいつも本物の試合を見せたが、世界最強は俺だ。あいつはどこまで頑張っても2番目にすぎないね」と語ったフューリー。そんな33歳の見せたハードファイトは、母国でも大きな話題となっている。
 英スポーツ専門ラジオ局『talkSPORT』は、「この三部作(3連戦)は、世界がこれまでに見たなかで、史上最高のヘビー級タイトルの戦いだった」とし、初防衛を果たしたマンチェスター生まれの英雄について、こう論じた。

「もちろん、ワイルダーが我々の想像以上に気骨を示したことはリスペクトに値する。彼はファイターとしての本能を存分に見せつけてくれた。だが、フューリーはそれ以上だった。とくに試合終盤の彼はワイルダーを虐殺したのだ。なんて戦いだろう……」

 また、英公共放送『BBC』は「フューリーは自分が絶対に打ちのめされない証明した」と絶賛。さらに英衛星放送『Sky Sports』は、「イギリスの絶対王者がワイルダーを恐怖の一撃で粉砕した」と評した。

「第4回にリングに倒れた時のフューリーは、敗北の危機に瀕していた。きっと誰もがそう感じたはずだ。しかし、彼はセンセーショナルな回復を遂げ、ワイルダーを完璧なノックアウトで撃破した」

 ベテランの域に達しながら、驚異的なタフさを見せつけたフューリー。その規格外の強さに抗える戦士は現れるのだろうか。

構成●THE DIGEST編集部
【動画】フューリーの渾身ショット! ワイルダーが撃沈した瞬間をチェック

関連記事(外部サイト)