ドラ1新人カニングハムの出遅れも影響なし!サディーク・ベイは強気発言「ピストンズが停滞することはない」<DUNKSHOOT>

ドラ1新人カニングハムの出遅れも影響なし!サディーク・ベイは強気発言「ピストンズが停滞することはない」<DUNKSHOOT>

故障により出遅れたカニングハム。ただ、昨季いい活躍を見せた2年目のベイは、ドラ1ルーキーが不在だからといって「停滞はしないと思う」と語る。(C)Getty Images

今年のドラフトロッタリー(抽選会)で51年ぶりに全体1位指名権を引き当てたデトロイト・ピストンズは、現地時間7月29日(日本時間30日、日付は以下同)に行なわれたドラフトでオクラホマ州大のケイド・カニングハムを指名。203cm・99kgの体格を誇る20歳は、サマーリーグ3試合で平均18.7点、5.7リバウンド、2.3アシスト、1.7スティール、1.3ブロックとオールラウンドな成績を残した。

 ところが、トレーニングキャンプで右足首を捻挫してしまい、練習でフルメニューをこなすことができず。プレシーズン初戦となった10月7日のサンアントニオ・スパーズ戦も、欠場を余儀なくされた。

 もっとも、このスパーズ戦でピストンズはカニングハムと2年目のキリアン・ヘイズ(左足首捻挫)を欠きながらも、115−105で勝利。バックコートのスターターにはセイベン・リーとロドニー・マグルーダーが入り、コリー・ジョセフやジョシュ・ジャクソン、ハミドゥ・ディアロがベンチから出場した。
  ドゥエイン・ケイシー・HC(ヘッドコーチ)の下、再建期真っ只中にあるピストンズ。ロースターには東京オリンピックでアメリカ代表として金メダルを獲得したジェレミー・グラントのほか、2年目のサディーク・ベイや、ベテランビッグマンのケリー・オリニクといった選手たちが在籍している。

 特に、ルーキーシーズンの昨季途中からスターターに定着したベイは、2月に新人ながら週間MVPを受賞するなど予想外の活躍を披露。チームにとって嬉しい誤算となり、平均12.2点、4.5リバウンド、1.4アシスト、3ポイント成功率38.0%(平均2.5本成功)をマークしてオールルーキー1stチーム入りも果たした。

 さらに今夏には、アメリカ代表の練習相手となるセレクトチームに選ばれ、エキシビジョンゲームでも本代表のロースターに名を連ねた。迎える2021−22シーズンも、先発スモールフォワードとして起用されることが濃厚な、22歳の若手注目株だ。

 そんなベイは、期待の新人カニングハムが故障で出遅れていることについて、特に問題視していないようだ。
 「僕はそれが大きな妨げになるとは思っていない。練習での彼(カニングハム)は本当に注意深い男で、僕らのセット(プレー)やコンセプト、何をしているのかを把握しているんだ。でも、このチームは(誰かが欠けたら)代わりの選手が穴を埋めてやるという気持ちを全員が持っている。僕らは自分たちがやっていることを理解しているし、互いのゲームを知っているからね。だから(彼がいないからといって)停滞することはないと見ているよ」
  2シーズン連続でプレーオフ進出を逃がしているピストンズだが、今季もプレーオフ進出、あるいはプレーイン・トーナメント出場争いへ参戦するには戦力不足であることは明白。将来に向けてチームを構築していく、我慢のシーズンになることが予想されている。

 プレシーズンはあと3試合予定されているため、レギュラーシーズン開幕までにカニングハムとヘイズがコートに立ち、チームメイトたちとプレーするチャンスは残されている。だが、ここで無理をして強行出場せず、ケガをじっくりと治してからゲームに戻ってほしいところだ。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

関連記事(外部サイト)