「20周は抑えたかった」角田裕毅、チーム代表も絶賛したハミルトンとのバトルに満足せず。専門メディアは「王者とのデュエルで主役に」

「20周は抑えたかった」角田裕毅、チーム代表も絶賛したハミルトンとのバトルに満足せず。専門メディアは「王者とのデュエルで主役に」

ハミルトンと好バトルを演じた角田だが、ポイント獲得のチャンスを逃して反省の言葉が口をついた。(C)Getty Images

F1第16戦トルコ・グランプリの決勝が10月10日に行なわれ、9番手からスタートしたスクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は、14位でレースを終えた。

 予選では7戦ぶりにQ3進出を果たすなど、進歩を感じさせ、決勝ではポイント獲得の期待も高まっていた角田。Q2で使用したソフトタイヤでのスタートということで不利なレース展開を予想されたが、雨天によりこれを免れることが可能に。そしてスタートを切ってから間もなく、予選首位ながらパワーユニット交換によって10グリッド降格となったルイス・ハミルトン(メルセデス)とバトルを展開する。

 8周にわたり、巧みなコース取りでフェアに絶対王者を抑え込んだルーキーは、今度はカルロス・サインツ(フェラーリ)に対しても上手く対応。その後は10番手をキープしたが、23周目にターン9で水溜りに乗ってスピン、13番手まで落ちると、その後はペースを上げることはできず、大きな動きもないまま14番手でチェッカーフラッグを受けることとなった。
  今季限りでF1を撤退するホンダへの思いをSNSでも投稿し、ポイント獲得を目標としていたものの、これを果たせなかった角田は、チームの公式サイトを通して「今日はトップ10以内でフィニッシュできる位置にいたので、本当に残念です」と失望を表わすとともに、以下のように続けている。

「序盤のハミルトン選手とのバトルでタイヤを使い過ぎたことにより、その後はペースを保つのが大変でした。不運にもスピンを喫してしまい、レースが台無しになってしまいました。今日はインターミディエイト・タイヤで周回を重ねたことで、学びを大きく深められましたが、チームのチャンピオンシップのために何としてもポイントを獲得したかったので、がっかりしています」

 また、『Sky Sports』へのインタビューでは、ハミルトンとのバトルに言及し、「ホンダのラストシーズンということもあり、マックス(・フェルスタッペン/レッドブル)にタイトルを獲得してほしい」という気持ちから、「できるだけ長く、ルイスを後ろに置いておこうと努めました」とコメント。インタビュアーの「バトルを楽しんだか?」との質問には「そんなことはどうでも良かったです。僕は彼を、20周は抑え込みたかった。8周では十分ではありませんでした」と、ここでも悔しさを表わした。
  また、「ミラーが汚れていて、何も見えませんでした。後ろに車がいると思っていたので、プッシュし続けてスピンし、レースを台無しにしてしまいました」と明かした彼は、また本来は日本GPが開催される予定だった週末のレースということで「日本のファンの前でスピンしなくて済んだと考えれば、ポジティブなことなのかもしれません」と語るとともに、「いずれにせよ、今後は絶対にこういったことは避けたいと思います」と誓っている。

 しかし、チームのフランツ・トスト代表は「ユウキは良いスタートを切り、8番手の位置でかなりの周回を過ごし、ハミルトンを長い間抑え込むなど、素晴らしいパフォーマンスを見せた。その後は残念ながら、スピンして14番手に下がってしまったが、彼はウェットでのドライブ経験が少なく、これも学習プロセスの大きな一部となった。インターミディエイトがどう機能するかについてもより理解し、これらの条件での車を知ることができた」と角田を高評価し、非常に実りのあるレースだったと強調した。

 ホンダも公式サイトで「角田は順調なスタートを見せると、背後に迫るハミルトンを数周にわたって抑え続け、最終的にオーバーテイクを許したものの、見事なバトルを展開した」と伝え、田辺豊治テクニカルディレクターも「小さなミスからポジションを落として入賞圏外に終わったことは残念でしたが、序盤にハミルトン選手を後ろに抑え続け、良い走りを見せてくれました」と称賛した。
  一方、海外の専門メディアは、『planetf1』が「角田は代償を支払いながら、ハミルトンとのバトルを楽しんだ」、『Motorsport-Total.com』はハミルトンの視点から「7度の世界王者はルーキーをなかなか攻略できず、ようやく追い越したのは8周目になってからだった」、『MOTORIONLINE』は「日本人は王者との見事なデュエルで主役となったが、これで車にダメージを負い、ポイント獲得のチャンスを失うこととなった」と、それぞれが王者とのバトルに注目した。

 最後に、『Motorsport NEXTGEN-AUTO.com』は、タイトルこそ「角田は素晴らしい週末をミスで台無しにした」と辛辣だが、本文中では「素晴らしい週末を過ごしたアルファタウリのドライバーは、予選ではQ3まで進み、決勝ではハミルトン相手に数周にわたって抵抗するという“贅沢”を味わった。これは、彼の前を走っていた他のドライバーには不可能なことだった」と、ルーキーのパフォーマンスに賛辞を贈っている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】歴代の名車がずらり!!F1世界選手権で成功を収めたマシンを一挙に紹介!!

関連記事(外部サイト)