トルコGPでの角田裕毅に対する海外メディアの評価は!? ハミルトンとの“バトル”には賛辞も「力強い瞬間は残念ながら無に」

トルコGPでの角田裕毅に対する海外メディアの評価は!? ハミルトンとの“バトル”には賛辞も「力強い瞬間は残念ながら無に」

ハミルトン(後ろ)との熾烈な攻防戦を演じた角田(前)。そのドライビングには、各国メディアからも賛辞が寄せられた。(C)Getty Images

F1第16戦トルコ・グランプリでスクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は14位に終わり、目標としていたポイント獲得は果たせなかった。しかし、各セッションでいくつもの見せ場は作った。
【動画】『無敵のチャンピオン』ハミルトンを抑えた角田の好レースぶりをチェック

 セッションごとに進歩を見せた角田、フリー走行3回目ではウェットコンディションの中で全体の8番手につけ、続く予選では7戦ぶりのQ3進出。そして9番手からスタートした決勝では、8周目まで王者ルイス・ハミルトン(メルセデス)をフェアに抑え込み、さらにカルロス・サインツ(フェラーリ)に対しても、見事なディフェンスを披露してみせた。

 残念ながら23周目にターン9でスピンを喫してポイント圏内から転落(10位→13位)し、以降はリカバーできずに終わった。そのため、レース後には「ガッカリしています」と失望を露にした角田だが、チームのフランツ・トスト代表からは「ハミルトンを長い間抑え込むなど、素晴らしいパフォーマンスを見せた」と称賛を受けた。

 良いところと悪いところの両方が見られたイスタンブールでのレースについて、各国のメディアはどのような評価を下したのか。まず、英衛星放送『Sky Sports』は10点満点中の「5」という採点。これは20人中18番目タイの低さで、寸評は以下のように厳しく論じられた。

「イスタンブールでの角田はペースが上がり、予選ではトップ10に入り、レースのスタート時も良いドライビングを見せた。しかし、もったいないスピンで13位へ転落。ガスリーのペースからは程遠かった日本人ドライバーにとっては、本当になくすべきミスだった」
 また、モータースポーツ専門メディアでは、『THE RACE』が「3」とさらに厳しく、下から2番目で、ニキータ・マゼピン(ハース)と同じ採点だった。そして寸評では、チームメイトとの比較も含めて、こちらもネガティブな論調となっている。

「金曜日はアンダーステアの車で自信を深め、逆に土曜日は予選Q3に進出したものの、満足度は低かった。ピエール・ガスリーと1秒強の差が開き、車の力を最大限に引き出せているように感じていなかったようだ。

 決勝ではルイス・ハミルトンとの理性的なバトルの後、カルロス・サインツに抜かれてもまだ10位につけていたが、スピンで13位に落ち、最後は14位でフィニッシュ。まだ速さは十分でなく、ポイントを獲り逃したが、苦しんだここ数レースに比べればまともな週末となった」 続いて『RN365』は、16番目タイの評価となる「6」をつけ、「オーストリアGP以来のQ3進出で、角田にとってはベストGPのひとつとなったが、それでもガスリーとは1秒以上の差があった」と指摘。そして、こう記した。

「決勝レースはコンディションの割に、全体的にミスが少なかったが、そのなかで彼は重要なミスを犯したドライバーのひとりだった。トルコGPは、角田が大きなチャンスを逃したレースと見なされるだろう」

 同じく「6」となったのは『planetf1』だ。寸評では、「良い面と悪い面が半々の週末だった。予選でQ3に進出し、レースの最初ではハミルトンを抑え続ける良い仕事を果たして、レッドブルのボスを大いに満足させた」としながらも、「これにより自身のタイヤを犠牲にすることとなった。その後、彼は多くのレースのようにスピンを喫して順位を落とし、リカバーするだけのペースもなし。結果的に、再びガスリーとの差は大きく開いた」と、ポジティブな評価をしつつ、結論は他メディアと同じだった。
 さらに『CRASH』も「6」で、「予選でQ3に進出したことで良い兆候が見られ、決勝でのハミルトンに対するディフェンスは印象的だった。しかし、ポイント圏内を走りながらスピンしたことで、それらは帳消しとなった」と、王者相手のバトルを評価するも、やはり結果を出せなかった点に対しては厳しい。

 下から4番目の評価となる「5.5」を与えたのは『F1i.com』で、「この週末、角田は力強い瞬間を見せたが、残念ながらそれらは無に帰した。予選ではトップ10入りを果たし、レースではハミルトンを8周にわたって抑え込んだ。このメルセデスのドライバーは、ガスリー、セバスティアン・ヴェッテル、ランス・ストロール、ランド・ノリスをあっさりパスしたというのに、だ。しかし、23周でスピンを喫し、ポイントを失った」と、こちらもネガティブななかにも、評価すべき点が明記されている。

 そして最後に『GRANDPRIX247』も「5.5」。同メディアは、「予選Q3進出は角田の能力を知らしめるものであり、日曜日にハミルトンを数周食い止めたことは、この日本人ドライバーの素晴らしさを示した」としつつも、「彼を満足させる良い兆候が幾つも見られたが、もったいないミスがレースを台無しにした」と、他メディアとほぼ同じ見方をした。

構成●THE DIGEST編集部

関連記事(外部サイト)