バレーボール女子代表監督に、ロンドン五輪銅メダルの真鍋政義が5年ぶりに復帰へ

眞鍋政義氏がバレーボール女子の日本代表監督に復帰へ ロンドン五輪で銅メダルに導く

記事まとめ

  • 日本バレーボール協会(JVA)は女子代表監督に眞鍋政義氏を起用することを決めた
  • 眞鍋氏は2016年以来の復帰となり、2012年のロンドン五輪では銅メダルに導いた
  • 眞鍋氏は「時間は極めて少ないが、正式な要請があれば引き受けたい」と話している

バレーボール女子代表監督に、ロンドン五輪銅メダルの真鍋政義が5年ぶりに復帰へ

バレーボール女子代表監督に、ロンドン五輪銅メダルの真鍋政義が5年ぶりに復帰へ

日本代表女子代表監督に復帰する真鍋政義氏。写真:北野正樹

日本バレーボール協会(JVA)は、女子代表監督に前女子代表監督でV1リーグ、ヴィクトリーナ姫路の球団オーナー・真鍋政義氏と、男子代表監督に現コーチのフィリップ・ブラン氏を起用することを決め、10月14日午後に開かれる第5回定例理事会に提案する。承認されれば、真鍋氏は2016年以来の復帰となる。

 真鍋氏、監督としてVリーグ男子の新日鉄(現堺)と女子の久光製薬(現久光)の男女チームでリーグ優勝。08年12月に女子代表監督に就任が決まり、10年の世界選手権で銅メダル、12年のロンドン五輪でも銅メダルに導いた。リオデジャネイロ五輪後の16年10月に退任し、中田久美氏に引き継いだ。
  真鍋氏は、「24年のパリ五輪まで時間は極めて少ないが、正式な要請があれば引き受けたい」と話している。真鍋氏は、球団オーナーなどは辞任し、代表監督に専念するとみられる。

文●北野正樹(フリーライター)
【プロフィール】きたの・まさき/1955年生まれ。2020年11月まで一般紙でプロ野球や高校野球、バレーボールなどを担当。南海が球団譲渡を決断する「譲渡3条件」や柳田将洋のサントリー復帰などを先行報道した。関西運動記者クラブ会友。
 

関連記事(外部サイト)