「腹筋が美しい!」「まるで芸術品」カナダ陸上女子が魅せた“最新アイアンボディ”をファン絶賛!

「腹筋が美しい!」「まるで芸術品」カナダ陸上女子が魅せた“最新アイアンボディ”をファン絶賛!

インスタのフォロワー数が約60万を誇るエレンウッド。東京五輪にも出場した“カナダの鉄女”だ。(C)Getty Images

カナダ陸上界が誇るアイドルで女子七種競技のスペシャリスト、ジョージア・エレンウッドが公式インスタグラムを更新。東京五輪後で初となる競技会での写真を投稿し、ファンに近況を報告している。

【PHOTOギャラリー】カナダ陸上界が誇る“鉄の美女”、ジョージア・エレンウッドの可憐な厳選ショットを一挙お届け!

 アップロードしたのは一枚の写真だ。得意とする走り幅跳びで、まさにジャンプを繰り出した瞬間のカット。オフ明けからハードな追い込みを続けた甲斐あって、東京五輪時に披露した全身バキバキの鋼鉄ボディを蘇らせた印象だ。「誰かが間違っていると証明するのもひとつだけど、自分が正しいと証明するほうが最高じゃない?」と、あいかわらず哲学的な内容の文章を添えている。

 投稿をチェックしたフォロワーからは競技再開へのエールが大多数を占め、ほかにも「芸術品のようなカラダだ」「腹筋が美しい」「こんな美女アスリートはいない」「我らが女神よ」「ゴージャスボディ!」などなど、数多の賛辞も寄せられている。
  自身初のオリンピック出場となった東京五輪は、残念ながら不本意な結果に終わった。ラスト種目の800メートル走ではレース前から嘔吐や倦怠感など熱中症らしき症状に悩まされ、なんとか完走はしたものの、最後は車いすでトラックを後にした。総合順位は24名中20位。途中棄権せずにやり抜いたが、溢れる涙を抑え切れなかった。

 それでも、底抜けの明るさと陽気な性格が代名詞の元気印。帰国後もバカンスを満喫する様子を随時SNS上で公開し、ファンを楽しませてきた。そして3年後のパリ五輪でのリベンジを期し、いよいよ本格的なトレーニングを再開させたのだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連フォト】カナダ陸上美女、エレンウッドが公開した“最新アイアンボディ”はこちら!

【PHOTOギャラリー】シュミット、ビロディド、リパコワに大和撫子たちも厳選! 東京五輪を彩った美女アスリートを一挙紹介!

関連記事(外部サイト)