「新しい情報はない」八村塁の状態にウィザーズ指揮官が言及。復帰の目途立たず「引き続き個人練習」<DUNKSHOOT>

「新しい情報はない」八村塁の状態にウィザーズ指揮官が言及。復帰の目途立たず「引き続き個人練習」<DUNKSHOOT>

個人練習を行なっているという八村だが、まだチームには合流しておらず、復帰の目途は立っていない。(C)Getty Images

現地時間10月24日(日本時間10月25日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズのウェス・アンセルドJr.・ヘッドコーチ(HC)が開幕から欠場している八村塁について言及した。
 
 今季からチームを率いるアンセルドJr.は24日の練習後に「(八村について)新しい情報はない。引き続き個人練習を行なって、状態を整えている。時間をかけて取り組んでもらっている。コンディションを仕上げつつ、状態をチェックして、(チーム練習に)合流してもらう」と語った。
 
 八村は9月下旬からスタートしたトレーニングキャンプを個人的な事情で欠場。10月12日にワシントン入りしたものの、NBAの安全衛生プロトコルによりプレシーズンは全休。17日にプロトコル期間を終え、個人練習をスタートしていた。

 今夏にスペンサー・ディンウィディー、カイル・クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレル、アーロン・ホリデーといった即戦力の獲得に成功したウィザーズは、開幕戦でトロント・ラプターズに勝利(98−83)。
  2戦目はエースのブラッドリー・ビールがケガで欠場したものの、ディンウィディーが34得点、クーズマが26得点、11リバウンドと新加入選手の活躍でインディアナ・ペイサーズをオーバータイムの末に135−134で撃破し、2017−18シーズン以来の開幕連勝スタートを切った。

 そういったなかで八村の復帰はいつになるのか。今季のウィザーズは選手の大半が入れ替わったことに加え、コーチ交代もあって八村がチームに馴染むにはある程度の時間が必要だろう。

 それでも過去2シーズン、先発パワーフォワードとして重要な役割を担ってきた23歳が心身ともに万全の状態で戻ってくれば、さらなる戦力アップが期待できる。

 開幕前にアンセルドJr.HCは八村について「チームのロースターに柔軟性をもたらしてくれる」と期待しており、ビールも「彼の復帰が待ち遠しい」とコメントしていた。復帰時期はいまだ未定だが、日本の若きエースが再びコートで躍動する日を楽しみに待ちたい。

構成●ダンクシュート編集部

関連記事(外部サイト)