渋野日向子が窮地から見せた「オモシロ劇場」。メンタルだけでなく技術面にも見えた“着実な成長”とは?

渋野日向子が窮地から見せた「オモシロ劇場」。メンタルだけでなく技術面にも見えた“着実な成長”とは?

渋野優勝 着実な成長指摘も

渋野日向子が窮地から見せた「オモシロ劇場」。メンタルだけでなく技術面にも見えた“着実な成長”とは?

笑顔でトロフィーを掲げる渋野。土壇場からの見事な逆転劇で今季2勝目を手にした。(C)Getty Images

国内女子ツアーの『樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント』最終日(10月31日)、ともに7アンダーでスタートした渋野日向子とペ・ソンウは序盤から追いつ追われつのシーソーゲームを演じた。

【画像】JLPGAが公開した渋野日向子の最終日“厳選ショット”をチェック!

 最終的に通算9アンダーでフィニッシュした両者の勝負はプレーオフへ。その1ホール目で渋野がイーグルを奪取。ペ・ソンウを下して、今季2勝目&国内ツアー通算6勝目を飾った。

 17番パー4でペ・ソンウがバーディを奪い、渋野に2打差をつけた際には、さすがに残り1ホールでの逆転は厳しいと思われた。最終18番ホールはパー5でペ・ソンウがバーディを奪えば、渋野がイーグルでも追いつけないからだ。

 しかし、渋野にネガティブな考えはひと欠片もなかった。むしろスイッチが入り、ギアを上げたという。そして彼女は「イーグルを獲るしかないと思い、ドライバーをマン振りしました」と、迷いなくドライバーを振り抜いた。

 そんな強い気持ちがボールを後押ししたのか、ピンまで残り199ヤード地点までボールが転がっていく。なんと2打目を7番ウッドで放ち、ピン上7メートルにつけたのだ。

 実は渋野は今年6月にある思いを抱いていた。

「『全米女子プロ選手権』2日目の上がり2ホールでバーディ、イーグルを奪い、予選通過したんです。そのときに『見ていて面白いゴルフをしてくれてありがとう』と日本人のギャラリーが言ってくださって、以来、面白いゴルファーになりたいなと」
  このホールではイーグルを奪えなかったものの、豪快なショットを続けて見せ、ギャラリーも十分面白いと思ったはずだ。ただ、渋野の“オモシロ劇場”はまだ終わらない。ペ・ソンウがパーでホールアウトし、勝負がプレーオフにもつれ込んだのだ。

 18番でイーグルを奪えず、一度は優勝をあきらめただけにもう失うものはない。同じ18番を舞台にしたプレーオフ1ホール目でも渋野はドライバーを振る。

 今度はピンまで220ヤード残った渋野は、3番ウッドでグリーンを狙う。グリーン左手前にバンカーが口を開けて待っていたが、ボールはそれを避けるかのようにバンカーとグリーンの間のゾーンに跳ねた後、グリーンをとらえてピン左3メートルにつけた。

 そして上りのラインを迷わずにストロークすると、ボールはカップのど真ん中から消えていった。今度こそ正真正銘のイーグル。これでペ・ソンウとの勝負に決着をつけたのだ。
 「18番のティショットもセカンドも正直めちゃくちゃ良くて、プレーオフのティショットもセカンドも良かった」と振り返った渋野。課題だったスイング改造は50%ほどの完成度だと言うが、確実に自分が目指す形に近づいているのは間違いない。

 残りの50%は毎回同じようにスイングができていないようだが、それも近い将来解決するのではないか。というのも、今回、渋野はバックスイングをゆっくり上げ、トップからの切り返しも急がないことをテーマに掲げていた。打ち急ぎが再現性の低さを生んでいると考えたからだ。

 前週の試合で予選落ちした後も、自宅の鳥カゴでそのポイントに注意しながら打ち込んだ。それによって徐々に感覚は研ぎ澄まされていったが、いまだその日の天候や体調によって、微妙にリズムが速くなる。
  そんな渋野にとって最終18番とプレーオフの18番のティショットでは、どちらもプレッシャーがかかる状況だっただけに、まさにスイングリズムが試される場面だった。

 そんな状況下でも「どちらもフィニッシュがとれないほどマン振りしましたが、それでも真っ直ぐ飛んでくれたのは、切り返しが速くならなかったからだと思います」と見事に課題をクリアして見せ、さらにセカンドショットでも左足下がりという難しいラインにもかかわらず、しっかりとボールをとらえたのだ。

「見ている側からするとハラハラドキドキするようなゴルフでしたが、自分なりに面白い勝ち方ができてよかったと思います」と満足げな表情を浮かべた渋野。メンタルだけでなく、技術的にも着実な成長を見せ、強敵に競り勝ったことで得た自信は大きい。

 国内女子ツアーの終盤戦だけでなく、米女子ツアーの予選会に向けても明るい兆しがしっかりと見えてきた。

文●山西英希

著者プロフィール/平成元年、出版社に入社し、ゴルフ雑誌編集部所属となる。主にレッスン、観戦記などのトーナメントの取材を担当。2000年に独立し、米PGAツアー、2007年から再び国内男子、女子ツアーを中心に取材する。現在はゴルフ雑誌、ネットを中心に寄稿する。

【PHOTO】“シブコスマイル”でギャラリーを魅了!渋野日向子の2020年を厳選ショットで振り返り!

関連記事(外部サイト)