フィギュアGPファイナル進出の男子シングル6名が決定!日本からは鍵山優真と宇野昌磨、米国からはネイサン・チェンら3選手

フィギュアGPファイナル進出の男子シングル6名が決定!日本からは鍵山優真と宇野昌磨、米国からはネイサン・チェンら3選手

男子シングルのGPファイナルに参加する選手たち。上段左から鍵山、宇野、ジョウ。下段左からチェン、コリャダ、ブラウン。(C)Getty Images、(C)International Skating Union (ISU)

現地時間11月27日、グランプリ(GP)シリーズ第6戦ロシア大会(ロステレコム杯)が終了。GPファイナル進出者が決まった。

 出場権は参加した2大会の順位に応じて獲得するポイントにより決定する。男子シングルでは、日本からは18歳の鍵山優真と23歳・宇野昌磨の進出が決定。鍵山はイタリア大会、フランス大会を制して獲得ポイント堂々の1位で進出。宇野はアメリカ大会2位、NHK杯優勝で鍵山に次ぐポイントでファイナルへの切符を手にした。

【PHOTO】更なる成長を見せる宇野昌磨!気迫溢れる2021年を厳選ショットで特集!
  また、イタリア大会2位、そして先日のロシア大会で2位に終わった26歳のミハエル・コリャダが男子シングルで唯一のロシア勢として参加する。

 最も多くの3枠を獲得したのは米国だ。アメリカ大会で優勝し、NHK杯2位のヴィンセント・ジョウ、アメリカ大会3位、カナダ大会優勝のネイサン・チェン。ともに21歳のふたりに加え、カナダ大会2位、フランス大会3位の26歳、ジェイソン・ブラウンが決まった。

 そのほか、日本勢では女子シングルの坂本花織、ペアでは日本人同士のコンビとしては初となる三浦璃来・木原龍一組の進出が決定。GPファイナルは12月9日から大阪で開幕する。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】進化し続ける22歳ネイサン・チェン、注目の“衣装ヒストリー”はこちら!

【PHOTO】GPイタリア大会で大逆転優勝!成長著しい18歳・鍵山優真を特集!

関連記事(外部サイト)