GPファイナル中止に鍵山優真が絵文字で嘆き。海外メディアは決定を驚きの報道「世界に冷水を浴びさせた」

GPファイナル中止に鍵山優真が絵文字で嘆き。海外メディアは決定を驚きの報道「世界に冷水を浴びさせた」

GPファイナルに出場予定だった選手たち。左から宇野、坂本、鍵山。(C)Getty Images

日本スケート連盟は、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の急拡大を受け、12月9日に大阪にて開幕する予定だったフィギュアスケート グランプリ(GP)ファイナルの中止を2日に発表した。

【PHOTO】高難度ジャンプもお手のもの! ワリエワ、トゥルソワら北京冬季五輪を席巻しそうなロシア女子フィギュアスケーターを特集!

 ISUも同様に中止のリリースを出し、「残念ながら、渡航制限、隔離要件、安全への懸念や運搬上の課題などを考慮すると、複雑な感染状況での大会開催は極めて困難なものだった」と説明。「12月に大阪で開催が出来ずISUとしても残念ですが、シーズン終了後に同大会の開催を延期できるか検討します。できるだけ早く決める予定です」と延期の可能性も示唆した。

 GPシリーズ全6戦の各上位6人(組)で争われる同大会には、男子シングルでGPシリーズ2大会を制した18歳の鍵山優真、2018年平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨の2人。女子はNHK杯を連覇した坂本花織、ペアは三浦璃来/木原龍一が出場予定だった。
  この悲報に、鍵山は自身のSNSに泣き顔の絵文字1つ打ち込んだ。それでも、その6分後には「全日本選手権に向けて頑張ります!」と12月23日から始める戦いに向けて気を引き締めなおした。

 各国メディアもこぞって中止の報道が流れた。直前の中止決定にイタリア・メディア『OA Sport』は「世界に冷水を浴びせた」と驚きをもって伝えている。

 未だ世界で猛威を振るう新型コロナウイルス。今後の大会に影響が出ないことを祈るのみだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】GPイタリア大会で逆転優勝!成長著しい18歳・鍵山優真を特集!

【PHOTO】更なる成長を見せる宇野昌磨!気迫溢れる2021年を厳選ショットで特集!
 

関連記事(外部サイト)