GPファイナル中止に親日家ブラウンがメッセージ! 終わらぬコロナとの闘いにも前向き「来週ではなくなっただけ」

GPファイナル中止に親日家ブラウンがメッセージ! 終わらぬコロナとの闘いにも前向き「来週ではなくなっただけ」

GPカナダ大会2位、フランス大会3位でファイナルを掴み取っていたブラウン。(C)Getty Images

12月9日に大阪で開幕予定だったフィギュアスケート グランプリ(GP)ファイナルの中止が決定した。

【動画】ポジティブなメッセージを発信した親日家ブラウン!練習に励む様子をチェック

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の急拡大を受け、1週間前にして急きょ大会を取り止めた日本スケート連盟。男子シングルは鍵山優真、宇野昌磨の2人の日本選手に加え、ロシアからはミハエル・コリャダ、そしてアメリカからはヴィンセント・ジョウ、ネイサン・チェンに加え、ジェイソン・ブラウンが出演予定だった。

 多くのスケーターやファンがこの悲報に打ちひしがれるなか、大の親日家でも知られるブラウンは、「僕たちは、またすぐに会います。ただ、来週ではなくなっただけ」と日本語でTwitterを更新し、大会を心待ちにしていたファンを勇気づけた。
 「今は健康と安全が一番大事です。近い将来、日本に行く事を今から楽しみにしています。それまで僕がとても好きな国のひとつである日本とファンの皆さんに心から愛を送り、健康をお祈りしています。みんな大好き」

 さらに現地時間3日には練習写真を添えて、「よい週末をお過ごしください!」とメッセージを綴っている。先行きの見えない新型コロナウイルスとの闘いが続くなか、選手自ら行なうポジティブな発信は、ファンの心の支えにもなっているようだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】ネイサン・チェン、ジェイソン・ブラウンら…フィギュア全米選手権メダリストの華麗なフォトセッションを厳選!
 

関連記事(外部サイト)