【NBA】渡邊雄太がウィザーズ戦で7得点!出場時の得失点差はチームトップで連勝に貢献…八村塁は遠征に帯同せず<DUNKSHOOT>

【NBA】渡邊雄太がウィザーズ戦で7得点!出場時の得失点差はチームトップで連勝に貢献…八村塁は遠征に帯同せず<DUNKSHOOT>

ウィザーズ戦で7得点を記録した渡邊。攻守に躍動し、チームの連勝に貢献した。(C)Getty Images

現地時間12月5日(日本時間12月6日、日付は以下同)、トロント・ラプターズはホームでワシントン・ウィザーズと対戦し、102−90で勝利した。渡邊雄太は17分22秒プレーして7得点(フィールドゴール3/6、3ポイント1/2)、2リバウンド、1アシストをマーク。開幕から欠場が続いているウィザーズの八村塁は遠征に帯同しておらず、日本人対決は実現しなかった。

 今季5戦目の出場となった渡邊は、第1クォーター残り3分16秒にコートイン。同2分25秒にドライブから最初の得点をあげると、第2クォーターの残り8分57秒にはリバウンドからのボールプッシュでダラーノ・バントンの速攻をアシスト。さらに同8分21秒には右コーナーから3ポイントを成功させ、リードを21点に広げた。

 後半も第3クォーターからコートに立った渡邊は、同クォーター終盤の3ポイントや第4クォーターのダンクは決められなかったものの、残り9分28秒には絶妙なカッティングから技ありのレイアップを成功。後半の得点はこの1本にとどまったが、献身的な守備でも貢献し、出場時の得失点差は両チーム最多の+16を記録した。
  試合は第1クォーターを23−12と制したラプターズが最大25点差を奪って快勝。パスカル・シアカムがゲーム最多の31得点で攻撃を牽引したほか4選手が2桁得点、組織的な守備でも相手を苦しめ2連勝を飾った。

 一方のウィザーズはケンテイビアス・コールドウェル・ポープが今季最多の26得点をあげたものの、ほかではブラッドリー・ビールの14得点が最多と攻撃が停滞。後半の追い上げも実らず2連敗となった。

 11勝13敗でイースタン・カンファレンス12位のラプターズは次戦8日、ホームでオクラホマシティ・サンダーと対戦。14勝10敗で同5位タイのウィザーズは明日6日、再び敵地でインディアナ・ペイサーズと対戦する。

構成●ダンクシュート編集部

関連記事(外部サイト)