井上尚弥、来春の統一戦に向けて文句なしの快勝! 驚異の粘りを見せた猛者にTKOで2021年を締めくくる

井上尚弥、来春の統一戦に向けて文句なしの快勝! 驚異の粘りを見せた猛者にTKOで2021年を締めくくる

注目された大一番で白星を飾った井上。ディパエンに反撃の余地を与えない快勝劇だった。(C)Getty Images

世界の熱視線を送られた一戦で“モンスター”が圧巻のKO劇を見せた。

 12月14日、ボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋ジム)は、両国国技館で、IBF同級5位アラン・ディパエン(タイ)と対戦。今年6月のマイケル・ダスマリナス戦以来となる防衛戦となったが、危なげなく8回途中TKOで勝利。下馬評通りの一方的な展開で挑戦者を退けた。

 前日会見で「期待、想像を超える試合にする」と語っていたチャンプは、言葉通りの凄まじい強さを見せつけた。序盤はガードを固めつつ、鋭いジャブで相手の隙を伺う落ち着いた試合運びを見せた井上は、華麗なステップワークも見せ始めた3ラウンド途中には、渾身のボディーを炸裂。これがクリーンヒットしたディパエンは守勢に回っていった。
 4回、5回、6回と粘るディパエンの反攻を受けた井上だったが、終盤に向けて勝負をかける。7回途中にボディーへの攻撃を受けながらもタフに耐えてきた相手に、右のフックを炸裂。これで相手をよろめかせると、8回には左のストレートで初ダウンを奪取。一度はディパエンは立ち上がるも、最後はレフリーがやむを得ずに試合を止めた。

 約2年ぶりとなった国内戦で、あらためて唯一無二っぷりを知らしめた“モンスター”。来春の実現が注目されるWBC同級王者ノニト・ドネア、WBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)のどちらかとの統一戦に向け、これ以上ない結果を残した。

構成●THE DIGEST編集部

【井上尚弥PHOTO】22勝19KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー

関連記事(外部サイト)