井上尚弥の圧勝劇を胃炎のカシメロは病室で観戦!「戯言を言っているだけだ」と悲惨な姿が話題に「私が求める挑発だ」

井上尚弥の圧勝劇を胃炎のカシメロは病室で観戦!「戯言を言っているだけだ」と悲惨な姿が話題に「私が求める挑発だ」

井上(左)が8回TKO勝ちした試合を病室のベッドで視聴したカシメロ(右)。(C)Getty Images

日本が世界に誇る怪物の圧勝劇とともに、ライバルの悲惨な姿が話題になっている。

 12月14日、ボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋ジム)は、BF同級5位アラン・ディパエン(タイ)に8回途中TKOで勝ちを収め、スーパー王座のWBAは6度目、IBFは4度目の防衛に成功。これで世界戦は17連勝で、自身の持つ日本最多記録を更新した。

 序盤はガードを固めつつ、ワンツー、フック、ボディーなど多彩な技を繰り出しながら相手の様子を伺った。それでも挑戦者がしぶとくモンスターに挑み続けた試合は8回に突入。ここでギアを上げた井上は左のストレートで初ダウンを奪取。そして、なんとか立ち上がったディパエンにトドメの左フックを浴びせ、勝負を決めた。

 試合後、英スポーツ専門ラジオ局『talk SPORT』のマイケル・ベンソン記者は、井上のライバルであるWBO世界同級王者ジョンリール・カシメロの行動に注目。「イノウエのライバルであるカシメロは、PPVを自身のYouTubeチャンネルでストリーム配信を行なった。こんな姿はこれまで見たことがない」と胃腸炎のため病室でベッドに横たわり観戦する悲惨な様子を伝えている。
  これを目の当たりにしたIBF世界フライ級王者のサニー・エドワーズは、「カシメロは、イノウエのことをタクシードライバーとしか戦っていないと戯言を言っているだけ。まさに私が求める挑発だ」とコメントした。

 来年に向けてはノニト・ドネア(フィリピン)との対戦が有力視されるモンスター。今後については「4団体統一を凄く重視してこだわってきた。こじれにこじれて、スムーズにいかなければ、スーパーバンタム級も考える。そこは陣営と相談したい。願いとしてはどちらかの王者とやりたい。どちらかとやれれば」と前を見据えているが、はたして――。

構成●THE DIGEST編集部

【井上尚弥PHOTO】22勝19KO無敗の最強王者!世界が恐れる"モンスター"の厳選ギャラリー
 

関連記事(外部サイト)