防衛戦をキャンセルしたカシメロの王座保持が決定! WBOは「まだ剥奪する可能性がある」とも示唆

防衛戦をキャンセルしたカシメロの王座保持が決定! WBOは「まだ剥奪する可能性がある」とも示唆

前日軽量で防衛戦をキャンセルしていたカシメロ。ベルト?奪の危機に瀕していたフィリピンのチャンプだが、このたび、彼らの正当性が証明された。(C)Getty Images

フィリピンの猛者が、世界戦線に生き残った。

 12月23日、ボクシングの世界ボクシング機構(WBO)は、タイトルマッチの前日計量をキャンセルした世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の王座を剥奪しないという決定を発表した。

 まさかのキャンセル劇だった。今月11日にWBOの同級1位であるポール・バトラー(英国)との防衛戦に臨む予定となっていたカシメロ。しかし、前日計量を直前になって減量苦が重なってのウイルス性胃腸炎を理由にキャンセル。現地の病院に緊急入院を余儀なくされ、年内最後の大一番が中止となっていた。

 その後、カシメロ陣営に正式な診断書と医療記録の提出を求めていたWBOは、このたび公式サイトで「提出された証拠は十分に正当である。カシメロはWBO王座を保持する」と最終的な決定を発表した。
 「カシメロのチームは我々の指示に従って行動をした。そして我々も慎重に検討した結果、提出された医療的な証拠が正当なものであると判断した。よって彼は今後も王座を保持する」

 さらに今回の騒動に関する大まかな経緯を説明したWBO。しかし、彼らは今後もチャンプからベルトを剥奪する可能性も示唆している。公式声明内でカシメロが所属するプロモート会社『Probellum』に対し、「今回の決定から15日間以内に、条件に従ったバトラー戦をリスケジュールするかどうか決定する必要がある。でなければ、カシメロはベルトを剥奪される」と、バトラー戦のリスケジュールに対する決断を迫った。

 WBA&IBF世界バンタム級統一王者である井上尚弥との対決も注目されるカシメロ。ここまで、“日本のモンスター”に対して幾度となく挑発行為を繰り返してきたが、はたして両雄の闘いは実現するだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

 

関連記事(外部サイト)